創作者のためのマーケティングエッセンス

【創作者のためのマーケティングエッセンス】続続・ネットビジネス大百科2が出ましたよ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2019年2月5日号 ━━━━
 ★☆★ 創作者のためのマーケティングエッセンス ★☆★ 
  ――2019年2月5日号 続続・ネットビジネス大百科2が出ましたよ――
 produced by <相羽裕司(あいばゆうじ)>
━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://aiba.livedoor.biz/ ━━


どうも、相羽です。


さらに
引き続きタイトル通り、
これは買っておきましょうよ、というメールです。


本日(5日:火)までの
購入特典ボーナスとかもあったりしますので。


何の話だったっけ? という方は
前回と前々回のメールを読み直してみてくださいね。


「大百科2」のセールスレターページを読んで、
何をお感じになったでしょうか?


僕は、



「競争原理」的な力学の現行の「世界」を、
より広い射程の「世界」で包摂(あるいはアップデート)していく。



ということを最初に考えました。


ビジネスは現行の世界だと
もろに「競争」の世界観なのですが、
僕の場合、
「競争」「だけ」ではダメだという立ち位置をとって
生きてきておりました。


それこそ、
今回の「大百科」の木坂さんのセミナーでいう、


MSP(ミー・セリング・プロポジション)、


「M」、「Me」、つまり「わたし」の部分ですが、


僕の場合、
一生介護が必要になった母親を見捨てられなかった人間だ
という前提でビジネスと付き合っていく必要がありました。


「競争」「だけ」では、
半身不随の僕の母親とかは切り捨てられてしまう側ですから、
「競争原理」を全肯定するわけにはいかない。


一方で、
母親のような立場の人間と共に生きていくなら、
現行の「競争原理」の世界の中で「競争」である程度は勝たないといけない。


この一見矛盾する二つを、やっていかないといけない、
これが、ちょっと
他のビジネス系の「競争」で勝つぞ!
がめっちゃ前に出てる方たちとは違っている部分でした。


母親の介護をはじめて
最初にブログの広告収入とかで小さくビジネスを始めた時は
まだ22歳でしたので、これは、かなり厳しかったです。
文字通り切り裂かれるような気持ちでやってましたw


ブレイクスルーしたポイントはいくつかあるのですが、


一つとりあげてみるなら、
論理学と仏教を学んでいくうちに、
(若干、抽象的な話になりますが)
「排中律」を取り除いて「両義」にいたるという、
「論理」、「世界」があり得るかもしれないということを感得し出した頃です。


めっちゃざっくりとは、
一見矛盾するような事柄を、同時に(両義に)成立させる……
みたいな考え方です。


この考え方で、
もしかして、
「競争原理」と「母親のような立場の人を守る」を同時に(両義に)
やっていくビジネスも可能かも? と思うようになってきました。


時期的には、
東日本大震災の後の頃です。


感覚が鋭い方は、
あの頃から僕の文章やメッセージが
だいぶ変わったのに気づいておられるかと思います。


僕の文章によく「両義」という言葉が出てくるように
なったのもこの頃です。


で、
これはまあまあ上手くいってました。


あからさまに「競争」に参戦しなくなったので、
ある程度余裕がある反面、それなりに収入もある、みたいな。


で、
今回の「ネットビジネス大百科2」は
次なるブレイクスルーポイントになる予感が現在しております。


ははあ、
「競争」に参戦しないで、むしろ「コミュニティ(共同体)」と
両義成立を目指すようなビジネスのカタチ? みたいな?


実際、
セールスレターを読んで、
なんか最近相羽さんがブログとかメルマガで書いてる話っぽい!


と思った方もおられたんじゃないでしょうか。


はたして、
「競争」にあからさまには参戦せずに、
障害があるといったうちの母親のような立場の人も大事にしながら、
なおかつ自分自身の本心からの(いくつかの意味での)成功のような
ものも求道する……というのは可能なのか?


僕は、
可能である、という前提で14年ほど生きてきましたし、


これからの2020年以降に向けても、
可能である、という前提で生きていくつもりでいるのです。


そんなこんなで「ネットビジネス大百科2」です。


全員買った方がいいくらいの勢いで引き続きおすすめです。


今のところ買って頂くのに緊急性はなく、
和佐さんも長く売っていくつもりのようで、
僕もこれがこれからの10年の(ビジネス関係の)土台だと思うので、
半年、1年、2年とかけて長く紹介していこうとは
もう思ってるのですが、


ただ和佐さんもいちおう初動は意識してるらしく、
あえていうなら本日2月5日(火)までに買うと、



・「僕の2020年計画」



という和佐さんのセミナービデオがボーナス特典でつくそうです。


これはですね。


文字通り
和佐さんが2020年までどういうことをやっていくつもりかを
語ってるセミナービデオなのですが。


和佐さんの2020年までのビジョンに
「マンガタリ」関係も入ってるのは聞いてる、
1年ほどでめっちゃ育った「マンガタリ」というメディアをきっかけに
どういうことを目指していくかは僕も聞いてるので、
あんまり、僕も他人事でもないんですねw


一昨年(2017年)、
なんだか急に相羽さんは「マンガタリ」というメディアで書き出したな~
くらいに思っていた方は、
2020年くらいまでの「世界」というものを、
全部ではないにしろ、
和佐さんの見解と重なる部分がある感じで僕はみていて、
そこで「マンガタリ」および、
ここ最近2018年、2019年の活動だったのか~
というのを確認してみて頂けると、
けっこう面白いかと思います。
(その上でに、2020年まで、それ以降の「世界」の見方に
 どのようなものを採用するかは、あなた次第です。)


ただいずれにしろしばらくビジネス的な知恵・能力は
ある程度必要にはなってきますので、
ビジネス面の話は僕が知る限り、
これが現時点で最高ですので、
ゲットしておいて頂けたらと思います。


リンクはこちらとなります。
(レターの「競争」に関する部分も、
 今日の話を踏まえた上でもう一度読んでみてくださいね。)
クリックして確認しておいてください。↓



●「ネットビジネス大百科2」

https://ism-asp.com/order/af?ai=67zb7o68smq6o513wb5d1v4y



ビジネス力もある人になって頂いて、
いっしょに2020年以降も(できるだけ楽しく)
歩んでいけたらな~と思っております。


とりあえず今回は以上です。
今年もしばらくは週一くらいで活動報告も兼ねたメルマガを
お届けしようと思っております。


ではでは!


今回もメールを通じてご縁を頂きありがとうございました!


今年も引き続き復興に関係するような活動、
世の中に余裕を作っていく的な活動、
などなど、
今後もコツコツとやっていきたいと思っております。


相羽裕司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前に配信していたメルマガのバックナンバーイーブックです。
(26号以降~「その次のメルマガ」のバックナンバーも
 購入者専用のページで閲覧可能になります。
 現在、「その次のメルマガ」のバックナンバーは途中までダウンロードできますが、
 それ以降は新しい形で提供しようかと考え中です。)↓

http://www3.plala.or.jp/languagelanguage/ebook/mct.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◇マーケティングを学びながら
  豊かな創作&収入ライフを実現するメルマガ 
  「創作者のためのマーケティングエッセンス」 
 ◇発行責任者 
  相羽裕司(あいばゆうじ) 
 ◇ご意見・ご感想のメールをお待ちしています。 
  e-mail: aibayuji@gmail.com
 ◇登録・解除はいつでもこちらでできます。
    http://www.mag2.com/m/0000231635.html
  ◇メルマガ発行元
  まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
 ◇発行者、相羽裕司のホームページ
 ▼Language×Language(http://www3.plala.or.jp/languagelanguage/)
 ◇Blog
 ▼創作関係:ランゲージダイアリー(http://aiba.livedoor.biz/)
 ▼ビジネス関係:個人自由業者になりたい方へ贈るビジネスの基礎講座
  (http://ameblo.jp/syunmu/)
 ◇Twitter
 http://twitter.com/sabishirokuma
 ◇pixivFANBOX
 https://www.pixiv.net/fanbox/creator/559011
 ◇Enty
 https://enty.jp/aibayuji

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本当、
久々にじっくり勉強のための時間をとって本気で集中して、
「大百科2」の木坂さんのセミナービデオをノート片手に観てますw


情報として素早く消化して終わりにするんじゃなくて、
あるいは月一本のペースとか(最初のだけでも七本のビデオがあるのですがw)で、
心身に感得されるまで「学んで」いくタイプの作品ですね。


↓


●「ネットビジネス大百科2」

https://ism-asp.com/order/af?ai=67zb7o68smq6o513wb5d1v4y

創作者のためのマーケティングエッセンス

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/05 部数:  254部

ついでに読みたい

創作者のためのマーケティングエッセンス

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/05 部数:  254部

他のメルマガを読む