イタリアの幸せ食材

2012イタリア旅 -アレッツォのアンティーク市編-

【イタリアの幸せ食材】Vol. 155

*******************************************************************
Ciao! こんにちは!
イタリア食材の店、Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)の笠木です。

前回発行からずいぶん久しぶりになってしまいました…。申し訳ございません。
この間に引っ越しをしました。10年間お世話になった横浜に別れを告げ、東京に。
関東での生活もあと何年できるか分かりませんが、最後の場所として東京にやって
きました。今思い出しても頭がクラクラする引っ越しの準備。引っ越し後は新しい
町にも慣れて、毎日楽しく暮らしています。東京はやっぱり素敵ですね。

そして初めての関東暮らしで長い間お世話になった横浜。
たくさんの友人もでき、とても楽しい日々でした。引っ越し後に久しぶりに横浜へ
遊びにいったときには、あぁ、ここはやっぱりすごい観光地だなぁと思ったのでした。
まだ近い横浜。これからもちょくちょく遊びに行こうと思っています。

http://casadellalbero.jp

*******************************************************************
まだ終わってませんでした、2012年のイタリア旅行記…。次の旅が始まってしまわない
うちになんとか終わらせたいものです。。もうしばらくお付き合いください。

フィレンツェでの一泊から開けて次の日はアレッツォへ向かいます。
月に一度、第一日曜日とその前日の土曜日に開かれる、アンティーク市を訪れるため。
イタリア最大級といわれる市は、この旅の中でも楽しみにしていたことのひとつでした。
フィレンツェから古い列車のコンパートメントに乗り込み、いざアレッツォへ!

列車は定刻通りに到着。小さくてきれいで素敵な町が広がります。
駅から少し歩くと、すぐに市が始まりました。なかなかの人出です。
私が入手したいと思っている器やカトラリー類はあまり好みのものに出会いません。。
この日の市では器はオリエンタルなピカピカしたものが多かったように思います。
そして圧倒的に大きな家具がたくさん!また古本(特にアート系)が多かったです。

このまま何も買わずに帰るのか…と思っていたところ、ようやくジノリの小さなお皿を
2枚発見!19世紀のもので1枚15ユーロとのことだったので、こちらを2枚購入しました。
もうこれ以上この日は見所がない感じだったので、引き上げることにしました。
今からフィレンツェに帰れば、美味しいランチ食べられるかも!と方向転換。
急ぎアレッツォからお昼前に乗車しました。

アレッツォのアンティーク市の様子はこちら。
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/11/arezzo-antique-market.html
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/11/arezzo-antique-market_29.html
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/11/arezzo-antique-market_7234.html
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/11/arezzo-antique-market_3840.html
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/11/arezzo-antique-market_2039.html

アレッツォでもう少し過ごしてくるつもりだったので、フィレンツェの地図は持って来て
いませんでしたが、なんとなく勘を頼りに以前フィレンツェに住んでいたときにお世話に
なったI'Vinainoを目指します。ほぼ偶然店の前に出た!相変わらず活気があって
感じのいいお店で注文したのは野菜のオイル漬けの盛り合わせ。真ん中にドドーンと
大きなブッラータが貫禄の存在感。野菜の美味しさを噛み締めながらワインが進みます。
そして、昨日も食べたけどここでもやっぱりカレッティエッラ。こちらのほうがキレが
あって、ぐんぐん体に力が湧いてくるようです。
美味しいランチをたっぷりいただいて、ワインをハーフで空けちゃったて、ふわふわしながら
なんとなく宿に帰りました。あぁ、やっぱりフィレンツェ最高!

I'Vinainoのランチはこちら。
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/12/i.html
http://lacucinafelice.blogspot.jp/2012/12/spaghetti-alla-carrettiera.html


そしてその夜、オットと合流。
疲れているので軽くいきましょうか、と向かったのはLe volpi e l'uva。
サルシッチャのクロストーネが最高でした!

さぁ、いよいよ翌日からはトスカーナの楽園へ向かいます!


*******************************************************************
発行者:笠木裕子
発行元:Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)
    〒140-0014 東京都品川区大井7-17-16-106
    http://casadellalbero.jp
連絡先:info@casadellalbero.jp
Copyright(c) 2007-2014 Casa dell'Albero
*******************************************************************

イタリアの幸せ食材

発行周期: 不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  239部

ついでに読みたい

イタリアの幸せ食材

発行周期:  不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  239部

他のメルマガを読む