イタリアの幸せ食材

2012イタリア旅 -計画&出発編-

【イタリアの幸せ食材】Vol. 147

*******************************************************************
Ciao! こんにちは!
イタリア食材の店、Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)の
笠木です。

今までで最長の3ヶ月ぶりのメルマガです…。大変申し訳ございません。。
この間に2年半ぶりにイタリアへ行ってまいりました。今回はミラノを基点とした
北イタリアへの旅、フィレンツェに移動してトスカーナの奥へ、そして私たちの
ローマ。合計13日間の旅でした。

つい最近昨年のプロヴァンス旅行記が終わったところのような気もしますが(汗)、
今回より晩秋のイタリア旅行についてお届けしたいと思います。どうぞ気長に
お付き合いくださいませ。


http://casadellalbero.jp

*******************************************************************
2年半もイタリアに行っていないと、もう禁断症状が出てきます。
なんだかイタリアに忘れられたような気さえしてくるのです。…ということで、
有無を言わさず今年はどうしてもイタリアに行くの!そして私は一足先に行ってるから
あなたは後から合流して!と相方に一方的に言い放って決めたイタリア行き。

行き先ですが、まずはまだ会ったことがない生産者訪問をするためにリグーリアに
寄ることは決定。ジェノヴァに入って列車で移動するかなー、とも考えたのですが
ジェノヴァ行きの飛行機の接続がよくなくて再検討。だいぶ遠いけど、ミラノに入って
そこから列車で移動するか!時間はかかるけど乗り換えなしだし!…で、まずはミラノ
入りすることに決めました。そしてせっかく生産者訪問するんだったら、もう一つの
生産者、Giachiにも6年ぐらい会ってないし、こちらも訪問させてもらおう!だったら
トスカーナ行かなきゃ、じゃあここに泊まりたい、この町も行きたい、このトラットリア
にも行きたい…などなどで、トスカーナ滞在も決定。ミラノから南下していくのなら、
終着地はやっぱり私たちのローマよね…ということで、最終地はローマに決定。
こうしてミラノ→リグーリア(日帰り)→ミラノ→フィレンツェ→トスカーナ(キャンティ)
→ローマの行程が決まりました。

出発は10月30日。家を6:15に出て横浜発6:40の成田エクスプレスに乗車し、成田着
8:10。チェックインカウンターは空いていたので、8:30には荷物を預けてチェックイン
完了。お蕎麦屋さんでかけそばを朝食にいただいて、出国。イミグレも空いていました。
免税店をちょこっと覗いたりしながら時間を過ごし、定刻通り出発。
機内は結構いっぱいです。今回利用した航空会社もルフトハンザ。機内エンターテイン
メントは最新の映画などはやってないのですが、海外ドラマが充実していて、私的には
嬉しい。SATCやgleeなどから始めます。

今回も食べものを機内持ち込みした私。スパークリングワインをもらったら配られた
クラッカー(LHで配られるクラッカーは美味しい)と、マカロンをまずいただきます。
スパークリングワインは泡が落ち着くのを待って、なみなみと注いでくれました。
嬉しいなー。機内食はパスして、チーズ(ミモレット24ヶ月)とぶどう(ロザリオ
ビアンコ)を。お供に赤ワインをいただきます。

お隣に座ったご婦人お二人組がとってもいい方たちで、フライト中長い間お相手
していただきました。ご友人同士でお二人では2回目の海外旅行なのだとか。オランダと
ベルギーを回るという羨ましい旅をされるお二人とは到着地のフランクフルトでお別れ。
よい旅を〜。

相変わらずだだっ広くて見所はあまりないフランクフルト空港の強烈なセキュリティを
経て、乗り継ぎ便のゲートへ。ミラノのリナーテ行きはガラガラで、15人ぐらいしか
乗ってませんでした。CAさんが「どこでも好きなとこ座って〜」と言う中、みなさん
思い思いの場所へ移動。「全員乗ったから早く出発するわね〜」のアナウンスの後、
定刻より早く出発。窓から見えるアルプスの山々はもうすっかり雪化粧をしていて
その景色は圧巻でした。

予定通りリナーテ空港に着いたら、荷物もあっさり出てきました(15人くらいしか
乗ってなかったからね…)。空港からはタクシーでミラノの宿へ。今回滞在するのは
ブレラ地区にあるロカンダ、Antica Locanda Solferinoです。小さな宿で、部屋も
最小限の設備ですが(そして部屋のドアがクローゼットなみに薄くてびっくりしましたが)
大変快適。wifiも接続でき、相方に到着の連絡などをした後は、早速荷解きして
ミラノ中央駅へ明日の切符を買いに行きます。地下鉄に乗って行った中央駅の切符売場は
なかなかの長蛇の列。でも、横浜駅のみどりの窓口のほうがもっとすごいかな。
無事、明日の早朝に出発するチケットを購入して、タバッキでメトロのチケットも
まとめ買い。こういうことはさすが都会のミラノ。サクサク出来て、ちょっと嬉しい。

明日の朝は早くて宿の朝食が食べられないので、宿の近くのすごい人だかりがしている
パン屋さん、Princiで整理券を取ってなんとかチョコレートマフィンを1個購入。
夕食を食べる元気はなかったので、部屋に戻ってアミノバイタルを飲んで倒れ込むように
就寝…。

-------------------------------------------------------------------
出発から最初の目的地、ミラノまでの道のりをお届けしました。実はミラノはすごく
久しぶりだったのですが、今回ちょっと、いやだいぶ見直しました。快適で人が親切で。
その後メトロに乗ってウロウロするのも大変便利で楽しかった。近代的な都会にあまり
魅力を感じていなかったのですが、これは食わず嫌いでしたねー。ミラノならではの
お店もたくさんあって、次回はもっとゆっくり滞在したいな、と思ったのでした。

次は今回のメインイベントのひとつである、リグーリアはインペリアにあるBENZA社
訪問をお送りします。お楽しみに…。


*******************************************************************
発行者:笠木裕子
発行元:Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)
    〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町16-1-411
    http://casadellalbero.jp
連絡先:info@casadellalbero.jp
Copyright(c) 2007-2012 Casa dell'Albero
*******************************************************************

イタリアの幸せ食材

発行周期: 不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  240部

ついでに読みたい

イタリアの幸せ食材

発行周期:  不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  240部

他のメルマガを読む