イタリアの幸せ食材

料理にもお菓子作りにも使えるチーズ:リコッタ

【イタリアの幸せ食材】Vol. 44

*******************************************************************
Ciao! こんにちは!
イタリア食材の店、Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)の
笠木です。

ここしばらくのメルマガでは毎回言ってるような気がしますが、
「寒いですねぇ〜」。2月といえば確かに一年で一番寒い時期ですが、
それにしても冷え方が半端じゃありません。地面から伝わってくるような
冷え。こんな時は、温かいお湯にゆっくり浸かって、温かい食事をする
のが一番ですね。鍋物でもいいし、前回ご紹介したバーニャ・カウダや
ミネストローネも最高。私は、ここ数日「粕汁」が食べたくて仕方ない
です。一度作ると、しばらく食べ続けられるのも幸せ。久しぶりに
作ってみようかな。

http://www.casadellalbero.jp

*******************************************************************

[目次]
1. 料理にもお菓子作りにも使えるチーズ:リコッタ
2. レシピ:ズッキーニとリコッタチーズのパスタ

-------------------------------------------------------------------
1. 料理にもお菓子作りにも使えるチーズ:リコッタ
-------------------------------------------------------------------
リコッタ(ricotta)は、南イタリア原産のフレッシュチーズです。
リコッタとは、「再び(ri)火を通した(cotta)」という意味。
チーズの生成過程で出来た乳清(ホエー)を使って作ったもの。
イタリア全土で作られており、牛乳・羊乳・水牛乳などを原料にした
色々なタイプのものがあります。そのほとんどは、フレッシュタイプ
ですが、なかには熟成させて固くするものもあります。シチリアで
使われるリコッタ・スタジオーナはその代表。すりおろして、パスタに
かけることが多いこのチーズは、シチリアの有名なパスタ料理である
「スパゲッティ・アッラ・ノルマ(ナスの入ったトマトソース)」には
かかせないものです(現在では、ペコリーノをかけることもあるよう
ですが)。他にもリコッタチーズを燻製させるアッフミカータなど、
多種多彩です。

皆さんがよくご覧になったことがあるのは、ザルで水切りして型抜き
された山のような形のものがほとんどではないでしょうか。
脂肪分が少なくほんのり甘みがあり、すこしザラツキのある豆腐のような
リコッタは、その特徴を活かして料理や製菓材料に使われます。
有名なのは、パスタの詰め物。手打ちパスタのラビオリや、トルテッリ
などの中にほうれん草やジャガイモなどと一緒に混ぜて詰めます。
軽い食感で、コクのあるリコッタは野菜との相性がとても良く、パスタの
具としては最高です。また製菓材料としては、チーズケーキにしたり、
シチリアの銘菓「カンノーロ」に詰めるクリームの材料にしたり。
他にもジェラートの材料や、ズコットに使われたりと大活躍。
その素朴な甘さをこれらのドルチェで楽しむことが出来ます。

そして、やっぱり私の一番のお気に入りはトマトジャムと合わせること。
リコッタの上品な甘さと、トマトジャムの力強さが一体になると、それは
もうお互い出会うために生まれてきたのではないか、という美味しさです。
パンに両方をのせて食べる。またはビスコッティにつけて食べる。
トマトジャムはやっぱり、トゥディア社のトマトジャム!ですね。

http://www.casadellalbero.jp/shopping_tudia.html#jam

-------------------------------------------------------------------
2. レシピ:ズッキーニとリコッタチーズのパスタ
-------------------------------------------------------------------
パスタの詰め物にお勧めしたリコッタチーズですが、実はパスタの外側、
つまりソースにしても大変美味しいのです。このレシピはフィレンツェの
料理学校で習ったもの。リコッタチーズをパスタソースにするなんて
考えたこともなかったので、試食したときにはびっくり!しました。
見た目も地味だし、ズッキーニと合わせてどうなっちゃうんだろう、と
思っていたのですが、今まで試さなかったのが不思議なくらい素晴らしい
味なのです。しかも簡単!お菓子作りで余ったリコッタチーズを使って
ぜひ作ってみてください!

[材料](2人分)
ショートパスタ(ガルガネッリやリガトーニ、ペンネなど) 80g
ズッキーニ 1本
リコッタチーズ 80g
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ2杯
塩・コショウ 適量

[作り方]
1. ズッキーニは縦に半分にカットした後、薄めにスライスしておく
2. フライパンにオリーブオイルと、みじん切りにしたニンニクを入れ
   弱火で加熱し、ニンニクが色づいてきたらズッキーニを加えゆっくり
   ソテーする
3. たっぷりの湯をわかし、粗塩をひとつかみ入れ、パスタを茹でる
4. 2. にリコッタチーズ、塩・コショウを加えよくなじませ濃度をみて
   パスタの茹で汁を加える
5. 4. にパスタを加え、ソースとよく和える

濃度が濃いソースなので、ロングパスタよりもショートパスタによく
合います。リコッタチーズが素晴らしいソースになり、ズッキーニの旨み
もよく出て、パスタでしっかりぬぐって食べたい一皿。お試しください!

ブログにこの料理の写真を掲載しています↓

http://lacucinafelice.blogspot.com/

-------------------------------------------------------------------
リコッタチーズは見かけるけれど、使い方がよく分からなかった人も
多いのでは。この他にも潰してピューレ状にしたジャガイモに混ぜて
オーブンで焼いたりしてもとても美味しいですよ。少しずつ色んな料理
に使ってみれば、250g入りぐらいのリコッタもきれいに使いきって
しまえると思います。まずは生で食べてみて、そしてお好きなお料理に
使ってみましょう!他にも美味しい食べ方があればご紹介くださいね。


*******************************************************************
発行者:笠木裕子
発行元:Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)
    〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町16-1-411
    http://www.casadellalbero.jp
連絡先:info@casadellalbero.jp

Copyright(c) 2007-2008 Casa dell'Albero
*******************************************************************

イタリアの幸せ食材
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000231431.html

イタリアの幸せ食材

発行周期: 不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  240部

ついでに読みたい

イタリアの幸せ食材

発行周期:  不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  240部

他のメルマガを読む