イタリアの幸せ食材

強くて香り高い蒸留酒:グラッパ

【イタリアの幸せ食材】Vol. 43

*******************************************************************
Ciao! こんにちは!
イタリア食材の店、Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)の
笠木です。

私が関東に住むようになって、見つけた美味しいもののひとつに「シラス」
があります。もちろん関西でも美味しい「ちりめんじゃこ」はたくさん
あって、瀬戸内海でとれるものは最高です。でも生で食べたことは
なかったし、釜揚げよりも、よく乾燥させたのが好きでした。
お醤油をちろっとかけて、炊きたての白いご飯にいっぱいのせて食べる。
今でも好きな食べ方です。

こちらに来てから、シラスを生で食べる機会が出来ました。その日
上がった透明なシラスに生姜醤油を少しつけて食べる。これは白いご飯
よりも日本酒が欲しくなります。釜揚げをポン酢で食べるのも美味しい。
そして、生のシラスをペペロンチーノベースのソースにサッと入れて
スパゲッティと和えるのも最高の食べ方。シチリアではこれと同じ作り方
のパスタがあります。あと、生シラスにオリーブオイルとレモンをさっと
絞って食べるのも美味しい。カルシウムが豊富で美味しいシラス。
色々な方法でたくさん食べてくださいね。

http://www.casadellalbero.jp

*******************************************************************

[目次]
1. 強くて香り高い蒸留酒:グラッパ
2. レシピ:グラッパを入れたティラミス

-------------------------------------------------------------------
1. 強くて香り高い蒸留酒:グラッパ
-------------------------------------------------------------------
強いお酒が好きな方、特にブランデーが好きな方なら飲まれたことも
あるでしょう、イタリアの蒸留酒:グラッパ。ブドウの搾りかすを発酵
させたアルコールを蒸留して作ります。イタリア全土でワインが作られて
いるのですから、もちろんグラッパもイタリア中で作られています。
ブドウの品種が異なることで、グラッパの味や香りも違います。
有名な生産地は、街の名前にもグラッパがついている「バッサーノ・
デル・グラッパ」ヴェネト州にあります。

樽熟成を行わないものは無色透明ですが、樽熟成されるものは美しい
琥珀色になります。個人的には、この琥珀色のグラッパが大好きです。
そして、自分の好きなブドウ品種で作られるグラッパ。
私は、ピエモンテ州で作られるブドウ、ネッビオーロが一番好きなので
ネッビオーロで作られる、樽熟成のグラッパがとっても好き。
最近値段も上がってきましたが、高いワインを買うよりは安く買えるし、
少しずつ飲むので、長持ちするため有名なワインの作り手のグラッパも
買えることがあります。ピエモンテの有名なグラッパ製造メーカーは
マローロ社。とても安定した質の良いグラッパを作るので、安心して
買うことが出来ます。また、ピエモンテで有名なグラッパの作り手と
言えば、ロマーノ・レーヴィ。最も美味しい、そして最も生産量の少ない
グラッパとして有名です。その味の素晴らしさや力強さもさることながら、
彼のグラッパを特に有名にしているのは、そのエチケット(ラベル)に
あります。ボトルに貼られるエチケットは、全て彼の手描きなのです。
その独創的で愛らしい手描きの絵のために入手したいほど。
私も1本持っていますが、飲み終わったら、エチケットを額に入れて
飾ろうと思っています。

私の持っているエチケットの写真をブログに掲載しています。
かわいいですよね。↓

http://lacucinafelice.blogspot.com/

グラッパは食後に少量クイッと飲むのが一般的です。グラッパグラスも
とても小さな華奢なものです。グラッパのボトルもとてもおしゃれな
ものが多くて、飾るのが楽しい。もうすっかりお腹いっぱになった後、
グラッパを一杯飲むと、不思議なことにお腹がすっとして、苦しく
なくなるのです。エスプレッソに数滴たらして飲むのも美味しい。
グラッパが楽しめると、時間が濃厚で素敵なものになりますよ。

-------------------------------------------------------------------
2. レシピ:グラッパを入れたティラミス
-------------------------------------------------------------------
ヴェネト州のトレヴィーゾ発祥のドルチェです。マスカルポーネと
エスプレッソ、そしてグラッパ(ラムやブランデーを使うようですが、
私はグラッパを使用)で風味付けしたフィンガービスケットを重ねたもの。
大きな器に作り、そのまま食卓に出して、ざっくりと盛り付けるのがお勧め。

4〜6人前
[材料]
グラッパ 大さじ3杯
エスプレッソ 100ml
フィンガービスケット(サヴォイアルディ)15本程
マスカルポーネチーズ 250g
卵 1個(卵黄と卵白に分ける)
粉砂糖 大さじ2杯
ココア(無糖) 適量

[作り方]
1. グラッパ大さじ2杯分をエスプレッソに混ぜる
2. フィンガービスケットを1. に1本ずつ浸し、器の底に敷き詰める
3. 残りの1. をビスケットの上にかける(びしゃびしゃにしない程度)
4. マスカルポーネチーズに卵黄と粉砂糖、残りのグラッパを加え、
   よく混ぜる
5. 卵白はツノが立つまでかたく泡立て、4. に加える
6. 卵白の泡を消さないように、混ぜ合わせたら3.の上にスプーンでかけ、
   ココアを茶漉しでふりかける
7. 冷蔵庫で冷やし固め、とりわける

生クリームを使わないので、とても軽い食感のティラミスになります。
しっとりと香るグラッパの風味、エスプレッソの苦味。大人のデザート
ですね。簡単ですので、ぜひお試しください。

-------------------------------------------------------------------
三連休の真っ只中ですが、皆さんはどこかにお出かけされたり
していますか?場所によっては、とても寒く雪も多いようですね。
特に予定を立てていなかった方は、暖かい室内で美味しいイタリア料理を
ゆっくり食べるお休みはいかがですか?普段より時間をかけて、料理
した後は家族や友達と、美味しくいただく。丸一日かけて一食のために
過ごすのも楽しいですよ。

*******************************************************************
発行者:笠木裕子
発行元:Casa dell'Albero(カーサ・デッラルベーロ)
    〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町16-1-411
    http://www.casadellalbero.jp
連絡先:info@casadellalbero.jp

Copyright(c) 2007-2008 Casa dell'Albero
*******************************************************************

イタリアの幸せ食材
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000231431.html

イタリアの幸せ食材

発行周期: 不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  239部

ついでに読みたい

イタリアの幸せ食材

発行周期:  不定期 最新号:  2017/12/21 部数:  239部

他のメルマガを読む