環境ベテランズファーム 会員ニュース

会員ニュース 2018年9月1日号


カテゴリー: 2018年09月04日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
環境ベテランズファーム EVF会員ニュース
#139-1 2018年9月1日号
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今月の目次
1.環闘言 (三嶋 明) 
2.9/27 EVFセミナー(講師:岡田 雅樹氏) のご案内 : (野口 郷司) 
3.伊豆の国市電気自動車フェスのご案内 (深井 吉男)
4.EVF見学会を再開いたします (深井 吉男)
5.今月のコラム (吉本 昌弘)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1. 環闘言: 「その2・人生で必要な知恵は、全て三田・綱町/相撲部道場で学んだ!」
(正会員 三嶋 明)  
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
人生は面白い。意にそぐわない事もあるが、それも結構あるが、それでも人生は面白い。そんな人生を楽しむ知恵の全てを、僕は三田・綱町/相撲部道場で学んだ。何
年か前のこの環闘言で、その事を12個の箇条書きにして「日本酒を冷で」のタイトルで披露させて頂いた。そしてEVFセミナーなどで初めてお会いする方が、今なお
それを話題にして下さる。
しかし、「昔話は蜜の味」と言って成功の自慢話が多く、そんなに普遍性は無い。僕のようなタイプの人間には、特に心すべきであろう。という事で以下の3点について
のみ述べる。
(一)努力しても成果は上がらない事の方が多い。
あれだけの猛稽古をしても、勝てない者には勝てない。でも、何とか勝ちたいと稽古の時からの「工夫」と「猛稽古」が必要。就職した電器メーカーで教わった言
葉と同じ、「成功するまで止めない」。
(二)選択肢がある時の決断するスピードが必要。
これは人生の最大の失敗の話。50年前のインカレ(全日本学生相撲選手権)の個人戦の優秀32選手に残り、次の相手に僕は立ち合い左に飛び、相手の横につき、
「勝てる」と感じた瞬間、行司「待った」、立合いの手つき不十分で。
再度の仕切り直し数回、考えがまとまらず、勝機は十分にあったが、敗戦。意思決定の遅さが、僕の一生の悔悟となった。その後、電器メーカーで「冷蔵庫の輸出市
場の開拓」、「海外大手自動車会社の開拓」に勤しんだが、悔しさが常にバックにあり、商売のスピードは早かったのでは。もちろん、それを支えてくれた日本サイドが
あったからだが。
(三)素っ気ない返事(挨拶)は、助言をしてもらうチャンスを逸していると同じ。
人間は進化の過程で最適化されてできたものではないらしい。その場しのぎの対応を繰り返して出来たと聞く。すると全てを見通して行動出来る訳ではなく、その場そ
の場で対応しているに過ぎないのでは。随時のアドバイスは、不完全な人間には不可欠なものではないか。挨拶は生きて行く、即ちその場その場での最適化に努め
る為に必要なのでは。

勝負に勝つには、自分との比較も含めた相手の研究が必要なことは言うまでもないが、しかしそれより必要なのが他人と比較しない評価ではないだろう
か。即ち、前に出る力、寄る力などの「自分の地力」をつける事が肝要であり、「相対比較」だけでは勝負に勝てない。ピンチの時には肚をくくる必要があり、「地
力」が最後の頼りとなる。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2.  9/27 EVFセミナー(講師:岡田 雅樹氏) のご案内 
  (セミナー担当 (副理事長) 野口郷司)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

演 題 :「極地研究からわかる地球規模の気候変化」~第58次副隊長(兼越冬隊長)に聞く~
講  師 : 岡田雅樹様  国立極地研究所准教授(極域プラズマ物理学)第58次南極観測隊越冬隊長 
日 時 : 日 時 : 2018年9月27日(木) 15:30~17:30 
場 所 : NPO法人新現役ネット会議室
〒108-0014港区芝5-31-10サンシャインビル(JR田町三田口駅
前)9F、Tel 03-5730-0161 https://www.shingeneki.com/about/office
参加費 :個人賛助会員・ネット会員 1,000円、一般 1,500円(当日受付でお支払いください)
定員   :45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費3,000円程度)を予定しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ご注意ください!! 6月からセミナーの申し込み方法が変わりました。お申し込みは下記のURLをクリックして必要事項を記入し送信をお願いします。
セミナー・懇親会の申込み : http://www.evfjp.org/postmail_semina/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(セミナーの概要)
2017年2月に南極昭和基地は創設来60年を経てなお南極域で観測を行う基地として、南極条約締約国世界29か国の一員として現在も国際的な枠組みの中で中心
的な役割を果たしています。
 

南極という自然条件のなか、南極観測船「しらせ」による年1回の物資の輸送に大きく依存しながらも、60年の長きにわたり安定した運用を維持する一方で、世界
的な観測競争に伍して最先端の観測を維持する昭和基地の現状と観測体制をご紹介します。

 

(講師略歴)
京都大学大学院工学研究科電子工学専攻博士課程修了。博士(工学)
国立極地研究所 研究教育系宙空圏研究グループ 准教授
極域プラズマ物理学
第58次南極地域観測隊 副隊長 兼越冬隊長
現職 情報基盤センター長

 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3.伊豆の国市電気自動車フェスのご案内
(近未来モビリティ研究会 深井 吉男)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

EVFは超小型EVの普及促進活動の一環として、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のご協力により、9月~10月に伊豆の国市で電動カートを使った電動
小型低速車活用の実証実験(伊豆の国市電気自動車フェス)を実施します。
以下のような内容を計画しておりますので、ご期待ください。EVF会員の皆様の参加を歓迎いたします。
1)中山間地での電動カートの実用性評価(9月27日~29日) @伊豆の国市近郊
2)最新の電気自動車展示会(9月30日)@伊豆の国市 韮山駅前韮山時代劇場駐車場
3)電動ゴルフカートによる観光地周遊ツアー(10月1日~7日)@韮山駅~韮山反射炉他~韮山駅

2)、3)につきましてはどなたでも参加いただけます。参加要領、観光地周遊ツアー申し込みの方法などの詳細につきましては9月中旬に改めてご案内いたします。
 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
4.EVF見学会を再開いたします 
(見学会担当 (副理事長) 深井吉男)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

本年5月より休止しておりましたEVF見学会を再開いたします。今後は隔月開催とし、再開第一回は10月17日(水)に、電気自動車用Li-ion電池製造のオー
トモーティブエナジーサプライ株式会社 (略称:AESC 来年3月に中国企業への売却が決定したと報道があります)を予定しております。
加えて隣接する「日産ヘリテージコレクション」(歴代の日産車300台が一同に会して展示されています)も見学できるよう調整中です。
集合場所、申し込みの方法など、詳細は9月下旬にご案内させていただきますので、奮ってご参加お願いいたします。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
5.今月のコラム 「ニュージーランド(NZ)はどんな国?」
(ネット会員 吉本 昌弘)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

NZは自然が豊かで環境立国と想う人が多いのですが、駐在経験からその素顔を紹介したい。
NZは雄大で美しい自然や独自の生態系に恵まれているが、NZ人も長年それを守り育んできた。自然景観の観光地はどこも環境の保護が最優先される。世界遺産のマウ
ントクックでも宿泊施設はハーミテージホテルとユースホステルなど数えるほどしかない。建物や遊歩道などの人工物は最小限に抑えられ、デザインや材質まで管理され
ている。来訪者数や利便性をも制限して自然や生態系を保護している。
先住民マオリ族は長い間自然と共に生きる暮らしを守ってきた。彼らの歴史や文化を尊重し共に生活する中で、自然とも共生する意識が高まったのではないか。観光地に
は大型施設を作りがちな日本とは違いを感じる。
NZは自然エネルギーの国で再生可能エネルギー率は79%と高く、2025年までに90%を目指している。原発は無い。日本と同様資源の無い島国だが、エネル
ギー政策は大きく異なる(日本は2030年に22-24%目標)。国民側にも冷暖房は極力使わず服装で調整するとか照明を抑えるとか節電の意識が浸透している。最
大都市オークランドでも深夜営業する店は数少ない。
NZ国民は自然が一番の資産と考えており、無理に経済発展を追い求めることなく、自然と調和したサステイナブルな未来を目指しているようだ。
NZはモノを大切にする文化が根付いている。一般の生活は衣食住共に質素で堅実だ。ブランド品を持つのはアジア系移民だけ。PCや電化製品も型落ち品が人気。
車も輸入中古車が新車の2倍以上の需要。FOR SALEと値段表示した車に乗っている人も多い。
実はNZと隣国オーストラリアは4千kmも離れている。NZは世界と離れた人口(内需)も少ない島国であった。新品の輸入品は高いので、使えるものはできるだ
け直して長く使う。お金をかけないで工夫するのが伝統的なNZ流。
一方、NZでは一家に一台ヨットやボートがあり、別荘を持つ人も多い。これには少しからくりがある。同僚から誘われ出向いた彼の別荘は小さな山小屋だっ
た。NZ人は何でも自分で作るのが好きな国民で、手製の家やボートも少なくない。少し不安になったが別荘は渓流や湖に近く、昼はマス釣りとバーベキューを夜は静
寂の世界で星空鑑賞と快適な週末を過ごせた。
聞いた話ではヨットも日本製に比べ価格が3分の一以下で、中古売買も多い。NZでは沖留めやトレーラーで自走する人が多いため係留費用もかからない。休
日は海に繰り出して釣りやセーリングを楽しむ。NZではヨット遊びや別荘は特別贅沢なものではない。
また私のいたオークランドでは車で30分圏に20以上のゴルフコースがあり、20NZ$(約千円)前後でプレーができた(17年前の話ですが)。お手軽ということ
では世界有数であった。
NZは移民の国で、近年はアジア系も急増している多民族国家であるが、民族問題がほとんどない異文化共生を実現している国家である。最近話題になったが、現役女性
首相が妊娠し産休を取る多様性実現社会でもある。
NZは世界で初めて女性参政権を認め、大国の制裁を受けながらも世界に先駆け非核法を制定した国だ。観光や農業のイメージが強いが、実はITや起業では世界の最先
端を走る。電子政府の創設主要国でもある。
環境共生の基盤は守りつつ、変化を恐れず果敢に行動もする。成熟した豊かさとダイバーシティを実現しているNZは、これからの日本のモデルケースになるかもしれな
い。
以上

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
EVF全般に対するお問い合わせ、ご意見のある方、配信の中止を希望される方は下記URLをクリックしてその旨を記入し送信お願いしま
す。http://www.evfjp.org/postmail_goiken/

EVFのホームページアドレスはhttp://www.evfjp.org/ です。
 EVFメール通信編集長 山田和彦 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

環境ベテランズファーム 会員ニュース

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/21
部数 41部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

環境ベテランズファーム 会員ニュース

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/21
部数 41部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング