環境ベテランズファーム 会員ニュース

会員ニュース 2018年6月1日


カテゴリー: 2018年06月19日
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
環境ベテランズファーム EVF会員ニュース
#136-1 2018年6月1日発行
□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今月の目次
1.環闘言 (橋本 升) 
2.6/26 EVFセミナー(講師:藤井 聡氏)のご案内 (山田 和彦)
3.今月のコラム (米谷 栄二氏)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1.環闘言: 「カーボンニュートラルのこと」
(橋本 升) 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

年末に流行語大賞というのが発表されるが、そこで選ばれる言葉の寿命は短い。この賞には選ばれなかったが、一時期はやり言葉となった言葉に「カーボンニュートラル」がある。2000年代初期にもてはやされたが、今は輝きを失ったこの言葉の変容をたどってみた。

2002年7月に文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省から発表された「バイオマス・ニッポン総合戦略」の中で「カーボンニュートラルとは、バイオマスを燃焼すること等により放出される CO2 は、その成長過程で光合成により大気中から吸収したCO2 であることから、大気中のCO2 を増加させないこと」と定義され公にとりあげられた。
この定義の中には時間因子が入っていないため、正確さを欠いている。ここで言うカーボンニュートラルとは、(植物由来燃料が燃えて排出される二酸化炭素の量)=(元の植物が成長過程で大気中から吸収した二酸化炭素の量)という等式が成立する場合に意味を持つ概念である。
この等式の左辺は「燃料の燃焼」というごく短い時間に発生する量を表し、右辺は燃焼時間に比べれば無限大に近いほど長い「植物の生長時間」をかけて吸収される二酸化炭素の量を表す。すなわち、タイムスケールが左辺と右辺で大きく異なる。従って、炭酸ガス発生を伴う何らかの設備を作ろうと計画したとき、その設備の寿命期間中でこの等式が成り立つことはない。

現在ではカーボンニュートラルという言葉の内容は「カーボンオフセット」という言葉に置き換わっている。

2006年11月にThe New-Oxford-American-Dictionaryは、Carbon Neutralという言葉をOxford Word of the Yearに選んでいるが、その中では、発生する炭酸ガスを減らし切れない場合は、植林かあるいは太陽または風力発電等に投資を行い、発生する二酸化炭素の埋め合わせ(オフセット)をすることがカーボンニュートラルであるとの意味づけがなされている。

2007年にオランダで出版された「The Carbon Neutral Myth」という小冊子があるが、その中では「カーボンオフセットは現代における免罪符の売買である」との主張があり、糾弾されている。因みに、mythには欺瞞という意味もある。

2011年9月に環境省が提示した「カーボンニュートラル認証基準(Ver.1)」では、前記のThe New-Oxford-American-Dictionaryとほぼ同じ言い回しでカーボンニュートラルを定義している。

なお、「カーボンニュートラル」が最初に使われたのは京都議定書(1997)であるという説もあるが、議定書の中には見当たらない。また一説によれば、Al Goreの造語とも言われているが定かではない。カーボンニュートラルの初出をご存じの方がおられれば、是非ご教示願いたい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2.6/26 EVFセミナーのご案内:藤井 聡氏
 (山田 和彦)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

演 題 :「車を捨ててこそ地方は甦る」~自律・分散・協調型国土の形成に向けて~
講 師 :藤井 聡様 京都大学大学院工学研究科(都市社会工学)教授、内閣官房参与(防災減災ニューディール担当) 
日 時 : 日 時 : 2018年6月26日(火) 15:30~17:30 【火曜日です!お間違えなく。】
場 所 : NPO法人新現役ネット会議室
〒108-0014港区芝5-31-10サンシャインビル9F、Tel 03-5730-0161 https://www.shingeneki.com/about/office
参加費 :個人賛助会員・ネット会員 1000円、一般 1500円(当日受付でお支払いください)
定員   :45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
・講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費3000円程度)を予定しております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ご注意ください!! 今月からセミナーの申し込み方法が変わりました。お申し込みは下記のURLをクリックして必要事項を記入し送信をお願いします。
セミナー・懇親会の申込み : http://www.evfjp.org/postmail_semina/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(セミナーの概要)
 地方創生には都市間の交通インフラ投資に加えて、都市内部におけるモビリティ向上策が必要である。それらを通してはじめて、各都市の価値は確保され、それを通して自立分散協調型国土の形成が可能となる。そしてそうした国土こそが、様々なリスクに対する強靱性を持つ国土なのである。

(藤井 聡氏の略歴)
京都大学大学院工学研究科(都市社会工学)教授、京都大学レジリエンス実践ユニット長、ならびに2012年より安倍内閣内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。
1968年奈良県生駒市生。京都大学卒業後、同大学助教授、東京工業大学教授等を経て現職。専門は都市計画、国土計画、経済政策等の公共政策論のための実践的人文社会科学研究。
著書「プライマリーバランス亡国論」「国民所得を80万円増やす経済政策」「国土学」「超インフラ論」「凡庸という悪魔」「大阪都構想が日本を破壊する」「大衆社会の処方箋」「巨大地震Xデー」等多数。
朝日放送「正義のミカタ」、関西テレビ「報道ランナー」、文化放送「おはよう寺ちゃん」「週刊ラジオ表現者」に解説者としてレギュラー出演中。表現者クライテリオン編集長。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
4.今月のコラム 「日本は持続可能な国になるのだろうか。そして日本の森林は・・・・・」
(米谷 栄二)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 富士山が良く見える山梨の山林で伐倒された木の集材作業に参加してきた。
40度を超える急斜面に100mの下まで折り重なった樹齢60年を超える伐倒された木を枝葉を付けたまま全木で引き上げる作業である。我々が開発中のチェーンを使った安価で安全に連続して集材出来るシステムを試用した。
 狭い林道を自走してきたチェーンの駆動装置からチェーンと滑車を斜面の下まで降ろし、下の立木に固定した滑車にチェーンを通してループ状にして設置した。伐倒された木をチェーンに架けてチェーンを駆動して引き上げた。設置したチェーンの周りの木を集材したら、別の場所にチェーンを移設して集材した。
 これまで集材困難な現場で確実に集材出来て大成功であったが、岩や切り株が多く、伐倒した木々が重なる絶壁のような斜面を迅速に移動して作業するのはまるでボルタリングの競技のようで、大変な重労働である。
 集材が終わった斜面に苗木を植えるため、65歳の業者の社長が鉈だけで大きくトラバースした道を作っていた。「育った木を見ることはないだろう」と言いながら・・・・・。

 持続可能な社会を目指す活動が世界的に進められているが、エネルギーの確保は重要な課題の一つである。原子力や化石燃料、そして輸入に頼る政策では持続可能な社会にならない事は明らかである。日本は大丈夫だろうか。
木質バイオマスは再生可能エネルギーとして必要であるが、太陽光や風力と違ってマテリアル利用が出来る貴重な資源でもある。しかるに日本の森林の現状は問題山積で憂慮すべき状況である。
 FIT政策の効果で大規模な伐採が行われているが、コストがかかる再造林は行われず禿山になるところが出てきている。また、補助金が出るので間伐や搬出が行われているが手間のかかる急斜面は切捨てられているか放置されて荒廃している山がまだまだ多い。
国土の70%を占める森林が持続可能な状態で利用できるように、急峻な地形に適した集材システムの開発や効率の良い利用システムの開発・普及への努力を続けて行く所存である。 

以上

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
EVF全般に対するお問い合わせ、ご意見のある方、配信の中止を希望される方は下記URLをクリックしてその旨を記入し送信お願いします。http://www.evfjp.org/postmail_goiken/

EVFのホームページアドレスはhttp://www.evfjp.org/ です。
 EVFメール通信編集長 山田和彦 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

環境ベテランズファーム 会員ニュース

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/21
部数 41部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

環境ベテランズファーム 会員ニュース

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/09/21
部数 41部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング