環境ベテランズファーム 会員ニュース

会員ニュース2018年3月1日

EVF個人賛助会員・ネット会員の皆様

3/1発行EVFニュースを送ります。

 ※.EVFニュースの配信が不要な方はこのメールの返信でその旨のご連絡をお願致します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■
環境ベテランズファーム EVF会員ニュース
#133-1 2018年3月1日発行
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
今月の目次
1.「新理事長のご挨拶」(和田) 
2.3/22セミナー(内間 満明氏(農学博士:(株)テナーク代表取締役) (山田)
3.3/22 EVF見学会 「ANA機体整備工場」の案内 (久保田)
4.今月のコラム (東光英昭氏)
5.EVFの新役員体制について (山田)
6.第11回総会報告 (橋本)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
1.「新理事長のご挨拶」
(和田 政信) 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

今般、佐藤孝靖さんの後を継いでEVF理事長に就任した和田です。

毎回EVFニュースをお届けしている皆様には大変お世話になっております、初代理事長今泉さん、2代目理事長佐藤さんの築かれたEVF活動を、第3代理事長として会員の皆様のご協力を得て、さらに拡大・推進していきたいと考えます。

社会人になって今日までの46年間は自動車業界にて自動車の環境・安全対策の推進とモビリティーの持続的発展に取り組んで来ました。 モビリティーの環境問題でしたら多少の経験もありますが、EVFでの環境活動は僅か2年間の正会員と最近1年間はEVFセミナーを担当しただけです。

EVFでの活動経験から感じていることは
(ビジネス経験豊富な会員の方々がEVFにはそろっており、環境セミナー・環境見学会を通じ問題意識の普及・共有に取り組んでいる)
・環境セミナーでは、2007年9月11日のEVF設立以来今回の総会記念セミナーまでに125回開催され、 延べ参加会員数は6000名近くになります。
・環境見学会は今年の1月までに88回記開催され、延べ参加会員数は2000名近くになります。

(ビジネス経験豊富な会員の方々がその経験を活用し、「環境改善の普及・啓発活動」と「環境課題解決の個別のプロジェクト活動」に取り組んでいる)
・ザンビアでの人力発電事業を支援する「小エネ活動」
・東日本大震災被災地への植林事業としての「ころころプロジェクト」
・電気自動車普及のための「超小型モビリティーの検討と提言」

(ビジネス経験豊富な会員の方々の専門分野は多岐にわたっている)
・役員・正会員19名、個人賛助会員11名、ネット会員136名、団体賛助会員2社の会員の方々が集まっています。
・分野は銀行、商社、役所・団体、鉄鋼、自動車、電気、プラント、石油、食品・・・と大変多岐にわたるビジネス経験を持った会員の方々がそろっています。

会員の方々の「豊富なビジネス経験」と「広いビジネス分野の経験」を活用させていただき、環境ベテランズファームの名前に恥じない活動を推進させていただけたらと考える所存です。
さらに何か社会の役に立てる課題はないか歩きながら考えてゆきたいと思います。ぜひ会員の皆様のお力をいただき一歩一歩取り組みたいと思います。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 2.3/22(木)セミナーのご案内: 講師 内間 満明氏
(山田 和彦)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

演題:「最先端技術で探る、道路構造物の欠陥」
講師:内間 満明様 株式会社テナーク 代表取締役  
日時:2018年 3月22日(木) 15:30~17:30
場所:NPO法人新現役ネット会議室
〒108-0014港区芝5-31-10サンシャインビル9F、Tel 03-5730-0161
   https://www.shingeneki.com/about/office

参加費 :ネット会員・個人賛助会員 1,000円、 一般 1,500円 (当日会場で申し受けます)
定 員?:45名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
・講演終了後、会場近隣にて懇親会(実費2500円程度)を予定しております。
・お申し込みは懇親会参加の可否を必ず書いて下記にメールしてください。
セミナー・懇親会申込み先 :? semina@evfjp.org

セミナーの概要:
本セミナーでは、道路やトンネルの内部損傷を、走りながら検出する技術開発と事業化に取り組んでおられる内間満明様よりご講演をいただきます。
・赤外線熱計測技術は、道路やトンネル構造物より放出された赤外線の熱量を細かなメッシュで温度変換し、外観では見えない構造物の内部損傷を検出する技術である。
・ 従来、建物等の壁面内部損傷の停止式検出技術であったが、それを高速道路でも走行中に検出できる高速走行式赤外線熱計測技術を開発した。
・道路点検の効率を飛躍的に向上させた。社会で重要な交通インフラの安全安心に寄与する最先端技術を紹介します。

(内間満明氏の略歴) 
横浜生、育、在の65歳、株式会社テナーク 代表取締役
・東京大学大学院博士課程終了(農学系研究科水産増殖学専攻)農学博士号取得(東大博農第855号)(水産、海洋生態学研究に従事)
・株式会社パスコ (航空測量関連事業主体)(水陸環境系調査コンサルタント、技術開発業務等に課長、部長職にて従事)
・株式会社テナーク(高速走行式赤外線熱計測、画像解析技術開発) (株)パスコ退職後の2013年4月設立、設計及び建設コンサルタント分野)

(資格・特許・論文発表等)
・技術士(建設部門)
・本技術関連取得特許 6件、
・道路舗装専門誌発表 2編、日本土木学会年次講演10回及び海外発表 1回

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
3.3/22 EVF見学会 「ANA機体整備工場」の案内 
 (久保田 惣治)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

大人気で予約が取りにくいANA(全日空)機体整備工場見学です。今回はANAが「新現役ネット」の協賛会社なので、「新現役ネット」にお願いして見学会が実現しました。東京ドームの約1.8倍の大きさがあるANA機体メンテナンスセンターの格納庫を見学。ボーイング777を始め、ボーイング787、ボーイング767など大型機、中型機がどのように整備されているのかを見ることができます。

実施日:3月22日(木)
訪問先:ANA 機体整備工場
集 合:東京モノレール「新整備場駅」9時30分集合(浜松町から約20分)空港快速、区間快速は停まりません。
内 容 :1、飛行機と整備についての説明  2、整備関連のビデオ上映 3、整備作業中の飛行機の見学
参加費:500円(午後からのセミナーに参加の方は無料)
人 数:大変申し訳ございませんが2/8のご案内で申し込みは締め切りました。キャンセル待ち状況です。
見学会申込み先:  mailto:event@evfjp.org

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
4.今月のコラム 「 ゴミとトイレのお話 」
 (東光 英昭)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 日本は激増している外国人の観光客から「全体的に町が清潔だ」「道路にゴミがない」「公共施設や列車のトイレがきれいだ」と絶賛されています。これらは昔からの日本の美点だったのでしょうか。皆さんは戦後から昭和30年後半までの東京がゴミの町と呼ばれ、鉄道の駅は汚く長距離列車内は足の踏み場のないほど新聞紙・弁当殻が散乱し、列車のトイレは線路に垂れ流しと言った時代があったことをご記憶でしょうか。
それが今のようになるきっかけは昭和39年秋の東京オリンピックでした。新幹線・高速道路・上下水道などのインフラ整備と併せて「外国から来るお客様に恥ずかしくない町に」と目標としたのが「清掃」だったのです。初めてゴミを家ごとにまとめて出すことになり使用され始めたのが「ポリバケツ」ですが実はこれは積水化学の商品名なのです。
日本人の凄いところは目標が決まり良いとなると全員がそれに向かって懸命に努力することで見る見るうちに全国の路上からゴミが消えて行きました。列車の中でのマナーも良くなり駅もきれいに清掃がされるようになりました。(JR各社は30ほどの自前の清掃会社を持ち毎日、駅や列車内の清掃をしています。東京駅での折り返し新幹線の7分間での清掃は世界中から感嘆されています。中でも一番自慢出来るのは列車のトイレがJR以外の私鉄を含めて完全に垂れ流しゼロだと言うことです。
ヨーロッパの鉄道は今でも最優等列車以外はスイス、イタリアと言った観光立国でもまだ線路への垂れ流しが大半の状態なのです。
私は3年先の東京オリンピックではこれだけは未だに後進国である街中の電線の地中化を目指して欲しいと願っています。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 5.EVFの新役員体制について
 (山田 和彦)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ホームページ(HP: http://www.evfjp.org/EVFpages/aboutus20180222.pdf に掲載しておりますので、恐れ入りますがそちらをご覧ください.

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
6.第11回総会報告 
 (橋本 升)
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
EVFの第11回通常総会が2月15日(木)に、JICA市谷ビル202A会議室で正会員が全員出席して開催されました。
平成29年度の事業報告および決算報告、平成30年度事業計画および予算の2議案が承認されました。定款第46条の規定により、貸借対照表をホームページに公告致しました。

また役員全員は定款第16条第2項の規定により総会終結をもって任期満了となり、新理事に深井吉男氏、立花賢一氏、奥野政博氏(以上重任)と和田政信氏、野口郷司氏、山田和彦氏、桑原敏行氏、大山敏雄氏、濵田英外氏、冨野文夫氏(以上新任)の10名と、新監事には羽岡秀晃氏が選任されました。

引き続いて新理事による理事会が開催され、和田理事長、深井副理事長、野口副理事長、山田理事/事務局長が選任され、直ちに就任いたしました。
新役員の紹介はホームページに掲載しましたのでご覧ください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
このニュースはEVF関係者の方々にBCCでお送りしています。
・配信の中止を希望される方が居られましたらgoiken@evfjp.org 宛にご連絡下さい。
・通常のメルマガではなく、会員宛通信ですので、EVFに対するご意見、ご要望もお気軽にgoiken@evfjp.org 宛ご連絡下さい。頂きましたご意見は、会員ニュースでご紹介させて頂く事もございます。
・EVFのホームページアドレスはhttp://www.evfjp.org/です。

EVF 事務局 久保田 惣治
携帯電話:080-2065-5348
TEL&FAX 045-902-7178
E-Mail: s_kubota1211@etude.ocn.ne.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



環境ベテランズファーム 会員ニュース

発行周期: 月刊 最新号:  2018/12/07 部数:  39部

ついでに読みたい

環境ベテランズファーム 会員ニュース

発行周期:  月刊 最新号:  2018/12/07 部数:  39部

他のメルマガを読む