平和フォーラムメールマガジン

平和フォーラム・原水禁メールマガジン 第187号


カテゴリー: 2015年06月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 平和フォーラム・原水禁メールマガジン 第187号
◆◇◆     2015年6月25日発行(月2回発行)
◆◇◆        フォーラム平和・人権・環境/原水禁国民会議
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平和フォーラム・原水禁のメールマガジンをお送りします。転送歓迎。
アドレスの変更やバックナンバー、配信停止などはこちらへ
⇒ http://archive.mag2.com/0000229918/index.html

*** 目 次 *********************************************************

1.平和フォーラム・原水禁および関係団体の活動と報告
(1)「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」7月も行動します!
(2)「とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ」国会包囲に2万5千人が
    6月14日に、24日には3万人が集まる。連日の座り込みも
(3)「戦争をさせない全国署名」6月末に第二次集約
(4)「戦争法案」を葬ろう6.24集会、戦争への道をゆるさない6.23東京集会
(5)7月6日に日朝国交正常化連絡会が総会記念講演会
(6)映画「ジョン・ラーベ~南京のシンドラー」を7月20日に上映会
(7)その他の今後の主な取り組み

2.原発も核兵器もない平和な社会をめざして
(1)被爆70周年原水爆禁止世界大会は8月1日~9日に開催
(2)ストップ再稼働!6月7日に福岡で大集会
(3)「さようなら原発1000万人署名」は850万筆を越えています

3.刊行物のご案内
(1)パンフ「避難計画の実行性を問うー再稼働なんてありえない!」
(2)パンフ「食とみどり、水・環境を守るために2014」
(3)パンフ「なにがもんだい? 集団的自衛権」
(4)ブックレット「破綻する核燃料サイクル─終焉に向かう原子力政策」
(5)パンフ『詳細解説 オスプレイの沖縄配備と全国での低空飛行訓練』
(6)平和フォーラム・原水禁の機関誌「ニュースペーパー」2015年7月号

**********************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 平和フォーラム・原水禁および関係団体の活動と報告
───────────────────────────────────

(1)「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」7月も行動します!

 安倍政権の「戦争法案」に反対する「戦争させない・9条壊すな!総がかり行
動」は、6月に2回の国会包囲行動や、連続座り込み行動などで、戦争法案(安
保法制)に反対する運動を行い、毎回多くの市民・労働者の皆さんが参加してい
ます。しかし、政府は、今通常国会の会期を異例の95日間も延長してまで、法案
の成立を強行しようとしています。
 「戦争をさせない1000 人委員会」などは、7月も引き続いて連続して行動を展
開することにしています。現在のところ、国会周辺では以下の行動を予定していま
す。また、全国でも一斉行動を行うことにしています。戦争法案を止めるまで運動
を続けていきましょう!

1)木曜連続行動
 毎週木曜日の18時30分から1時間程度、衆議院第2議員会館前を中心に「戦争
法案反対!木曜日連続行動」を行います。
 日時:7月2日、9日、16日、23日、30日の各日18:30~
 場所:衆議院第2議員会館前(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」下車)
 内容:主催者あいさつ、国会議員から、連帯あいさつなど
 主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

2)7.14集会とデモ行進
 日時:7月14 日(火)18:30~
 場所:東京・日比谷野外音楽堂(地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」)
     ※地図 http://hibiya-kokaido.com/
 内容:主催者あいさつ、国会議員から、連帯あいさつなど。
    集会後、デモ行進

3)7.26国会包囲行動
 日時:7月26日(日)14:00~
 場所:国会周辺
 内容:国会包囲行動・全国一斉総がかり行動

4)7.28集会とデモ行進
 日時:7月28日(火)18:30~
 場所:東京・日比谷野外音楽堂(地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」)
     ※地図 http://hibiya-kokaido.com/
 内容:主催者あいさつ、国会議員から、連帯あいさつなど。
    集会後、デモ行進

 ■詳しくはこちら→ http://www.anti-war.info/action/

(2)「とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ」国会包囲に2万5千人が
    6月14日に、24日には3万人が集まる。連日の座り込みも

 6月14日、戦争させない・9 条壊すな!総がかり行動実行委員会は、国会で
審議中の戦争法案の成立阻止をめざし、「とめよう!戦争法案 集まろう!国会
へ6.14国会包囲集会」を開きました。約2万5千人もの人々が集まり、「戦争
させない」「9条壊すな!」などのプラカードを掲げて国会議事堂を包囲しまし
た。
 国会正門前のメインステージの音声が国会周囲に一斉に流され、戦争法案に
反対する著名人や国会議員の発言、連帯あいさつを受け、シュプレヒコールが
一斉に行われました。6月24日には、参加者はさらに増え、3万人が国会を包
囲しました。
 また、6月15日からは、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実委員会
は、戦争法案の成立阻止を訴えるため、国会前連続座り込み行動」を開始、連
日延べ1000人ほどが、衆議院員第二会館前から参議院員会館前で座り込みと抗
議集を行なってきました。

 ■詳しくはこちら⇒ http://www.peace-forum.com/houkoku/20150614.html

(3)「戦争をさせない全国署名」6月末に第二次集約
 
 「戦争をさせない1000人委員会」では、「戦争をさせない全国署名・
2015年版」の署名運動を行っています。第一次集約を5月末に行いましたが、
国会の会期が延長されたことから、第二次集約を6月末におこない、7月中
に提出します。さらに、7月以降も継続します。ご協力をお願いします。

 ■詳しくはこちら→ http://www.anti-war.info/shomei/

(4)「戦争法案」を葬ろう6.24集会、戦争への道をゆるさない6.23東京集会

 戦争をさせない1000人委員会はこの間、戦争法案の国会での審議状況を分析・
共有するために、立憲フォーラムとの共催で院内集会を開催しています。6月
24日の国会包囲行動の前段に、半田滋さん(東京新聞論説委員・編集委員)
が「安保法制を読み解く─安倍政権の狙い」と題し講演、米田貢さん(日本科
学者会議事務局長)と小沢隆一さん(憲法学者)が、戦争法案の廃案を求める
研究団体共同アピール報告を聞く集会を開きました。500人が参加しました。
 また、6月23日に「戦争をさせない東京1000人委員会」が、日比谷野外音楽
堂で「戦争への道をゆるさない東京集会」を開き、2500人が参加しました。集
会後、参加者は国会前に移動し、抗議活動を行いました。

(5)7月6日に日朝国交正常化連絡会が総会記念講演会

 日本と東北アジアの平和構築にあたって、世界で唯一、日本が国交を持たな
い朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との国交正常化と核開発問題の解決は最重
要課題です。「東北アジアに非核・平和の確立を!日朝国交正常化を求める連
絡会」(日朝国交正常化連絡会)は7月6日に全国総会と記念講演会を開き、今
後の運動のあり方を考えます。講演会はどなたも参加出来ます。

 日時:7月6日(月)18:30~20:30
 場所:千代田区神田駿河台「連合会館2階204会議室」( 
  (地下鉄「新御茶ノ水」「淡路町」「小川町」、JR「お茶の水」下車)
    ※地図 http://rengokaikan.jp/access/
 内容:記念講演とディスカッション「日朝国交正常化に向けて」
    パネリスト=李鍾元早稲田大学教授・和田春樹東京大学名誉教授ほか
 参加費:500円(資料代等を含む)
 連絡先:平和フォーラム(電03-5289-8222)

 ■チラシ→ http://www.peace-forum.com/houkoku/20150706chirashi.pdf

(6)映画「ジョン・ラーベ~南京のシンドラー」を7月20日に上映会

 1937年12月に日本軍は中国の当時の首都南京を攻め、多くの市民の命が
奪われました。その「南京虐殺」の中で、多くの命を守ろうと活動した、
ジョン・ラーベを委員長とする「南京安全区国際委員会」を描いた映画
「ジョン・ラーベ」(2009年・ドイツ・フランス・中国制作)の上映会が
7月20日、日本教育会館で行われます。どなたも鑑賞できます。

 日時:7月20日(月・休)13:30~16:30
 場所:千代田区一ツ橋「日本教育会館」3階 一ツ橋ホール
 (地下鉄「神保町」「竹橋」「九段下」JR「水道橋」下車)
   ※地図 http://www.jec.or.jp/koutuu/
 内容:映画上映(134分)、トークショー(永田浩三・武蔵大学教授)
 料金:前売り1000円(当日1300円)、学生と18歳未満は無料
 連絡先:全港湾労働組合(03-3733-8821)、全日本労働組合(03-5820-0868)
     
 ■詳しくはこちら→ http://www.johnjoei.com/

(7)その他の今後の主な取り組み

6月26日 「国連・人権勧告の実現を!」実行委員会学習会
       (19:00~東京・スマイルなかの)
    http://www.peace-forum.com/houkoku/20150626chirashi.pdf
7月12日 「中越沖地震8周年 柏崎刈羽原発ハイロ県民シンポ」(柏崎市)
8月8日 平和の灯をヤスクニの闇へキャンドル行動(13:30~東京・韓国YMCA)
8月14日 戦後70年 東アジアフォーラム─過去・現在・未来
       (13:00~東京・日本教育会館)
8月15日 戦争犠牲者追悼・平和を誓う集会
       (11:55~東京・千鳥ケ渕戦没者墓苑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 原発も核兵器もない平和な社会をめざして
───────────────────────────────────

(1)被爆70周年原水爆禁止世界大会は8月1日~9日に開催

 被曝70年、原水禁の結成から50年の月日が経過しました。今年の原水爆禁止
世界大会は、8月1日・福島大会(いわき市) 8月4~6日・広島大会、7~9日・長
崎大会の予定で開催されます。
 原水禁は、常に被害者に寄り添い被害者の側からものを見てきました。その
ことが、正に今、日本社会の中で重要になっています。今国会で議論されてい
る戦争法案は、日本社会の安全を強めることなく、私たちをテロの脅威に巻き
込むものとなるでしょう。日本の被爆者が、何の結果として存在しているのか
を見れば、そのことは明らかです。「命」を基本に、新たな出発の年にする原
水禁世界大会にしようではありませんか(大会呼びかけ文)。今年も多くの参
加を呼び掛けています

 福島大会:8月1日(土)いわき市「平中央公園」集会、デモ行進

 広島大会:8月4日(火)折り鶴行進、開会総会(グリーンアリーナ)
      8月5日(水)分科会、ひろば、メッセージfromヒロシマ
	  8月6日(木)原水禁結成50年記念シンポジュウム(武道場)

■広島大会日程表⇒ http://www.peace-forum.com/gensuikin/70hiroshima.pdf

 長崎大会:8月7日(金)開会総会(長崎ブリックホール)
      8月8日(土)分科会、ひろば、ピース・ブリッジinながさき2015
      8月9日(日)閉会集会(県立体育館)、平和行進

■長崎大会日程表⇒ http://www.peace-forum.com/gensuikin/70nagasaki.pdf

 国際会議:8月5日(水)13:30~広島市「アークホテル」
   「2015年NPT再検討会議の結果と展望そして私たちの役割―核兵器廃絶と
   日本のプルトニウム政策」

(2)ストップ再稼働!6月7日に福岡で大集会

 川内原発では、7月にも試運転が始められ、8月以降再稼働となる状況です。
6月7日は福岡県で3万人集会が開催され、全国から約1万5千人が集まり、
約3キロ離れた九電本店まで過去最大規模のデモ行進を行いました。

様子を紹介されているブログ
■⇒ http://ameblo.jp/minkomo/entry-12037465246.html
西日本新聞記事
■⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00010004-nishinp-soci

(3)「さようなら原発1000万人署名」は850万筆を越えています
 1000万筆の集約をめざし引き続きご協力をお願いします。

 署名送付先:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
    連合会館1階 原水禁気付「さようなら原発一千万署名」市民の会

※元首相、議長名の署名用紙もお使いいただけます。署名をやり直していただ
く必要もありません。

 ■⇒ http://sayonara-nukes.org/shomei/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3 刊行物のご案内
───────────────────────────────────

(1)パンフ「避難計画の実行性を問うー再稼働なんてありえない!」

 各地で反原発・脱原発に取り組んできた「反原発運動全国連絡会」が、原発防
災問題の中の避難計画の問題点を明らかにしました。各地で進められようとする
再稼働の動きに対して反撃の論拠になります。

 主な内容
  ・避難計画の実行性を問う
  ・事故が進展しないと出ない避難指示
  ・こんなにある避難計画の問題点
  ・各地からの視点
 編集:「はんげんぱつ新聞」編集部
 発行:反原発運動全国連絡会(電話&FAX 03―3357―3810)
 頒価:400円+送料82円(1冊)
    (原水禁でも取り扱っています)

(2)パンフ「食とみどり、水・環境を守るために2014」

 環境や食料、農林業問題について、当面する情勢と運動課題についてコンパク
トにまとめたものです。各地の学習会や活動資料として活用してください。

 主な内容
  ・食の安全-食品安全行政、グローバリゼーションと食の安全
  ・食料・農業問題-農業政策の動きと課題、TPP交渉の動向
  ・農業・農村問題-農民・農村の実情、TPPと農政転換の問題点
  ・森林・林業問題-森林・林業の動向、森林・林業の政策課題
  ・水・環境をめぐる動き-動きと課題、水道民営化、水循環基本法
  ・自治体の取り組み-食、農林業策、環境施策の取り組み
  ・環境・食・農教育-教育の実践、地場農産物を活用した学校給食
 体裁:A5版52ページ
 頒価:300円(送料別)
 発行:平和フォーラム(tel.03-5289-8222)
 
(3)パンフ「なにがもんだい? 集団的自衛権」

 「集団的自衛権」問題についてQ&A形式でまとめたパンフ。ご活用ください。

 主な内容
  第1部:集団的自衛権に関するQ&A
   「集団的自衛権」とはなんですか?
   憲法の平和主義はどのような内容ですか?
   「国家安全保障基本法案」の問題は何ですか?
   集団的自衛権を認める議論の何が問題ですか?
   など、12の疑問に答えます。
  第2部:『戦争をさせない1000人委員会』について
 体裁:A5版30ページ
 著者:飯島滋明(名古屋学院大学准教授)、内田雅敏(弁護士)
 価格:200円(送料込み)
 発行:「戦争をさせない1000人委員会」(tel.03-3526-2920)

(4)ブックレット「破綻する核燃料サイクル─終焉に向かう原子力政策」

 安倍政権は原発再稼働をめざしています。しかし、福島原発事故により、原子
力政策や核燃料サイクル政策が破綻しています。その実態を明らかにしたブック
レットを発行しました。今後の脱原発運動を進めるために活用してください。

 主な内容
  ・エネルギー基本計画の怪
  ・福島原発事故と日本の原子力政策
  ・でたらめきわまりない核燃料サイクル政策
  ・プルトニウム利用は核拡散への道
  ・どこにも捨て場がない高レベル放射性廃棄物
  ・原子力政策の根本的転換を!ほか
 体裁:A5版70ページ
 著者:西尾漠(原子力資料情報室共同代表/原水禁国民会議副議長)
 価格:400円(送料別)
 発行:原水爆禁止日本国民会議(tel.03-5289-8224)

(5)パンフ『詳細解説 オスプレイの沖縄配備と全国での低空飛行訓練』

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイについての解説パンフを発行しました。
14項目にわたりオスプレイと低空飛行問題を解説しています。運動にご活用
ください。

 内容:「オスプレイとは何ですか?」「日本にはどのような関係がありますか?」
    「オスプレイは危険な飛行機なのですか?」「低空飛行訓練にはどのよう
    な問題がありますか?」などをわかりやすく解説
 体裁:A5版40ページ
 頒価:100円(送料別)
 発行:平和フォーラム(tel.03-5289-8222

(6)平和フォーラム・原水禁の機関誌「ニュースペーパー」2015年7月号予告
・インタビュー:自立生活サポートセンター・もやい 理事 稲葉 剛さんに聞く
・安保法制・問われる「積極的平和」への対案
・8月 14 日「戦後 70 年 東アジアフォーラム」
・6月から機能性表示の食品販売始まる
・原水爆禁止世界大会の開催にあたって
・原水禁発足 50 周年に思う(6)
・核削減ペース鈍化と余剰プルトニウム
・原水爆禁止長崎県民会議のとりくみ
・映画の紹介 :『おかあさんの木』
・核のキーワード図鑑・We Insist! 

■ニュースペーパーの記事の内容、バックナンバーはこちら
 ⇒  http://www.peace-forum.com/newspaper/

 ※パンフ等のお申し込みはFAX、またはメールでお願いいたします。
 (fax.03-5289-8223 メール:peace-forum@jca.apc.org)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
編集後記
------------------------------------------------------------
 
 「日本語を使うすべての人が日々国会で冒涜されている」─安全保障関連法案
の撤回を政府に強く求める声明を24日発表した「立憲デモクラシーの会」の小森
陽一東大教授の言葉です。他国軍の戦闘への自衛隊の支援を、「国際平和共同対
処事態」と名付けたことを例に、「たぶらかしの本質」と言われました。こうい
うまやかしの表現、福島の事態を「収束」だの「アンダーコントロール」だのと
言って来たことをはじめ、「積極的平和主義」「〜事態」と枚挙にいとまがあ
りません。聞くものを馬鹿にしたこういう言動をはね返すためには、事実に基
づいたまともな言説を地道に広めて行くしか無いのでしょう。
 メールマガジン次号は、7月10日発行予定です。 (か)

------------------------------------------------------------
連絡先等
------------------------------------------------------------

[平和フォーラムメールマガジン]
発行:フォーラム平和・人権・環境、原水爆禁止日本国民会議
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11連合会館内)

◆このメールマガジンに関するご意見・ご要望、又は、転載を希望する場合は、
 次までお願いします。TEL03-5289-8222 peace-forum@jca.apc.or

平和フォーラムメールマガジン

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/07/25
部数 2,354部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

平和フォーラムメールマガジン

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/07/25
部数 2,354部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング