がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!

【がんばれスポーツショップ。第538号】卓球市場で生きる店


カテゴリー: 2017年06月14日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2017年6月14日発行          第538号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:卓球市場で生きる店


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

最近、日本の卓球が強くなっています。

特に若い選手の活躍が目立っていますね。

さぞかし卓球用品は売れていることでしょう。

とはいえ、

卓球用品を売っている店は少なくなっています。

選手たちは、どこで買っているのでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■       卓球市場で生きる店       ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.卓球市場について



前号では、バドミントン市場の話をしました。

スポーツ全18種目のうち、14番目の大きさの市場でした。

ということは、まだそれよりも小さな市場があります。

卓球もその一つで、15番目です。

その市場規模は114億円となっています。


では、スポーツショップの中で、

卓球用品はどんな位置づけなのでしょう。

高度成長期の時代には、

どのスポーツショップも卓球用品を扱っていました。

ところが、景気が冷え込むにつれて、

徐々にお店から卓球用品の姿が消えていきます。


取扱商品を、野球やサッカー、ランニングなど、

市場の大きなものに絞り込んでいったからです。

実は、卓球市場にとっては、そこにチャンスが生まれました。

いくつかの卓球専門店が出てきたのです。


卓球は、今でこそ少し華やかになりましたが

実に地味なスポーツでした。

やはり、お店としては華やかなスポーツを扱いたいです。

しかし、そこでは競争もはげしくなります。

一方、皆が扱わない卓球市場では、競争が少ないです。

そこを狙うお店が出てきても不思議はありません。


メーカーさんにとっても、同じことでした。

メジャーなブランドは、卓球市場を攻めては来ません。

ですから、卓球市場では、

一般には名前の知られていないブランドが目白押しです。

ニッタク、TSP、バタフライ、ヤサカ。

これらは、卓球選手のあこがれのブランドになっています。


また、メジャーブランドが攻めてこないのは、

市場の大きさばかりではありません。



2.リピーターができる仕組み



その理由の一つに、

結構手間のかかる商品だということがあげられます。

どういうことでしょう。


卓球用品の中では、特にラバーの扱いがむつかしいです。

ラケットに貼る、あれです。

言ってみれば、

ラバーが卓球専門店にとっての命綱かもしれません。


卓球のラケットに貼り付けるラバーが、

技術や勝敗に大きな影響を与えることは私でも知っています。

ですから、選手は

どんな回転の球を打つか、どんなタイプの卓球をするかによって、

それぞれ違ったラバーの種類を選ぶのです。


しかも、球を多く打てば打つほどラバーの表面が痛むので、

適当な時期に貼りかえなくてはいけません。

実は、この作業が大変です。

ラバーは専用のノリを使ってラケットに貼りますが、

ノリがムラになると表面にデコボコができてしまいます。

そうすると、思うような球が打てません。


自分で貼りかえることもできますが、

そこは専門家にやってもらった方が安心です。

卓球専門店ならば、一日に何十枚と貼りかえていますから、

腕は確かです。

自然と選手は専門店に貼りかえを頼むようになります。


ただし、貼りかえ作業は有料で、

相場は一回200円くらいだそうです。

安いですね。

これなら、それほど負担にはなりません。


では、このラバーは

どのくらいの頻度で貼りかえるものなのでしょうか。

学校で部活をしている選手ですと、

1~2か月でダメになるそうです。

ということは、一年に6~12回くらいは

貼りかえなくてはならないことになります。


ここがミソですね。

貼りかえのために、一年に何度もお店に行くことになります。

自然とリピーターができる仕組みです。



3.専門店としてのサービス



しかも、お店は各選手の技術レベルや癖を知っています。

貼りかえるラバーについても、

適切なアドバイスさえできるのです。

行きつけの美容院や床屋と同じだと言えます。


さらに言えば、

貼りかえによる売り上げや利益もバカにはできません。

仮に、千人のお客様がいるとすれば

貼りかえ代だけで年間200万円の売上にはなるでしょう。

しかも、すべて粗利益です。


また、ラバーは1枚2000円以上します。

高いものですと、その3倍です。

その売上は、

年間2000万円くらいにはなるのではないでしょうか。

結構な数字です。

ここが、卓球専門店としてやっていける

秘訣なのかもしれません。


そして、ラバーの貼りかえという、

独特のサービスばかりではありません。

卓球専門店では、

他のお店と差別化ができる商品が手に入ります。

なぜなら、

全国の卓球専門店が集まる、

専門店会というものがあるからです。


いくつかのメーカーさんと協力して、

その専門店会のお店だけの限定商品を企画しているとのこと。

これもいい戦略ですね。


また、商品だけではありません。

周辺の学校へ出かけて行って、

卓球用品の講習会を開いているお店もあります。

年間で100校へ出かける店主もあるそうです。


部活の先生は、卓球のことに詳しい人はほとんどいません。

ラケットの上手な手入れの仕方、ラバーの貼り方、

シューズの選び方など、いろいろと教えてあげます。

先生にとっては、ありがたい存在です。


いずれにしても、

卓球専門店の数は、それほど多くはありません。

ですから、評判を聞きつけたお客様は、

随分と遠方から来られます。

ありがたいことです。

これが専門店の生きる一つの道ではないでしょうか。





■今日のツボ■


・卓球市場は小さいので、大手ブランドは攻めてこない。

・ラバーの貼りかえは、卓球専門店のリピーターを増やす。

・専門店では限定商品が手に入るので、他店との差別化ができる。





■編集後期■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



実は、卓球市場には卓球専門卸会社があります。

専門ですから、品ぞろえが充実しています。

しかも、大手卸会社が力を入れていない分野です。

うまいところを狙いましたね。




出張の折に、

一乗谷と永平寺に行くことができました。

30年前に行ったきりです。

山深いたたずまいは、

今も変わっていません。

一瞬、心が落ち着いた気がしました。




●「121わくわく新聞6月号」を発行中です。

 こちらからお読みください。

 http://www.121con.jp/news/index.html




意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com
【配信中止】http://www.mag2.com/m/0000227106.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング