室内犬との豊かな暮らし

【 室内犬との豊かな暮らし 】ノーリードについて

カテゴリー: 2010年06月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇  室内犬との豊かな暮らし  ◇       第135号
                 by カウガール・エド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「室内犬との豊かな暮らし」をお送りしますカウガール・エドです。


 この号から読んでいただく方、初めまして、ありがとうございます。

 バックナンバーはすべて公開していますので、あわせて参考にして
 くださいね。

 以前から読んでいただいている方、いつもありがとうございます。


 このメルマガには、私が迎えた2頭の柴犬のエピソードも書いてい
 ますので簡単に紹介させていただきます。

 「ビー」 :1994年に初めて子犬から迎えました。11才で他界。

 「アイン」:前の飼い主さんの都合でどうしても飼えなくなり、
       2005年に推定2歳で迎えました。

 「エド」 :岩手県南に住む農家です。犬じゃありません(笑)。


─ 【 目 次 】───────────────────────
 ・<ごあいさつ>
 ・<ノーリードについて>
 ・<編集後記>
────────────────────────────────



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ごあいさつ
────────────────────────────────

 「どいて、どいて」というと、必ず私が行きたいほうに
 逃げ回る『アイン』です。

 気が合うというか何というか(笑)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ノーリードについて
────────────────────────────────

 ノーリード。つまり、リードをしないで犬のお散歩をすることです。

 欧米では当たり前になっている?ノーリードですが、
 日本では一部のドッグランを除いてご法度なのが実情です。

 法律でも引き綱が義務付けられてますしね。


 原因の一つには、日本で犬を飼うようになった歴史にさかのぼるのですが、
 結局は犬と接する文化が違うということになってしまいます。


 海外の様子を放映しているテレビ番組を観ていると、
 犬が公園で自由に遊んでいたりする場面が
 あったりしますよね。

 よく見ていると、犬が勝手に遊んでいるのではなく
 ちゃんと家族やご主人のそばにいます。


 欧米ではノーリードが当たり前とはいっても、
 ちゃんとしたルールがあるからこそなんです。


 日本でノーリードというと「無責任な飼い方をしている」
 といったイメージを持ってしまいますが、
 海外では全く事情が違います。


 ちゃんとマナーを守れる人と犬だけが、ノーリードで散歩できるんです。


 人が近寄ってきても吠えたりしないとか、
 他の犬とも仲良くできるとか
 子どもが持っているお菓子を取らないとか


 犬だけがコミュニケーション上手なだけではなく、
 飼い主もコミュニケーション上手でなければいけませんし、
 犬の落し物をちゃんと後始末できなければいけません。



 このようなルールを守れる人と犬だけが、
 ノーリードでの散歩を許されるわけです。


 守れない人は当然、他の人や犬の飼い主から
 厳しく注意されるんじゃないかと思います。


 あなたの散歩はどうでしょうか。

 今日からノーリードでもいいよ!!って社会になったとき
 自信を持って散歩できるでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
────────────────────────────────

 家を新築するとか改築するといったことで、
 「ワンの居場所はどうしたらいいんでしょう」
 といったご相談を時々いただきます。

 私は建築士ではないので家そのもののご相談にはのれないのですが
 犬も快適に暮らせるためのアドバイスはさせていただいています。

 「家を建てるとすると、自分ならどうするだろう」

 こんな事を考えていたら、家作りに役立ちそうなメルマガを
 見つけました。

 すごく具体的な説明でイメージが膨らんでくる文章です。

 これから家を建てたい方にも、すでに家を持っている方にも
 役立つんじゃないかと思います。

 最新号はコチラで読めます。
 http://archive.mag2.com/0000290928/index.html


 それでは、また次号でお会いしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 室内犬との豊かな暮らし 】

発行者:カウガール・エド

運営HP:http://e-style.in

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000223389.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

室内犬との豊かな暮らし

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/12/30 部数:  292部

ついでに読みたい

室内犬との豊かな暮らし

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/12/30 部数:  292部

他のメルマガを読む