室内犬との豊かな暮らし

【 室内犬との豊かな暮らし 】犬の人格

カテゴリー: 2008年08月03日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇  室内犬との豊かな暮らし  ◇       第68号
                 by カウガール・エド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「室内犬との豊かな暮らし」をお送りしますカウガール・エドです。


 この号から読んでいただく方、始めまして、ありがとうございます。

 バックナンバーはすべて公開していますので、あわせて参考にして
 くださいね。

 以前から読んでいただいている方、いつもありがとうございます。


 このメルマガには、私が迎えた2頭の柴犬のエピソードも書いてい
 ますので簡単に紹介させていただきます。

 「ビー」 :1994年に初めて子犬から迎えました。11才で他界。

 「アイン」:前の飼い主さんの都合でどうしても飼えなくなり、
       2005年に推定2歳で迎えました。

 「エド」 :岩手県南に住む農家です。犬じゃありません(笑)。


─ 【 目 次 】───────────────────────
 ・<犬の人格>
 ・<編集後記>
────────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 犬の人格
────────────────────────────────

 犬が他のペットと違う一番大きな点は、
 人格(犬格?)があることではないでしょうか。

 オオカミや猿など群れで行動する動物は、
 自分が生きるだけではなく
 群れを存続させる必要があるので
 大脳が進化したためだと思います。


 ほめられれば誇らしげに、
 怒られればシュンとしてしまって。


 犬種本来が持っている性格に加え、
 育った環境にも大きく左右されます。


 ちょっとしたことでも大袈裟にほめてあげると
 犬は満足して喜びます。




 反対に人前や他の犬の前で怒られたりすると
 かなり傷つくみたいですよ。

 こんなことが続いたりすると、
 他の弱い犬に八つ当たりすることもあります。




 私が会社勤めをしていた頃には
 教育についても勉強したことがあります。


 「人は怒られても怒られた理由を覚えておらず、
  怒られたことしか覚えていない」


 確かに子供の頃に怒られた記憶をたどってみても
 「あの時、なんで怒られたんだろ」って(笑)。


 ディズニーランドでは、上司が「部下の髪が長い」と感じても
 「散髪してきなさい」とは言わないそうです。

 どうするかというと、
 髪のことには触れずに「ちょっと一緒に来て」といって、
 ディズニーランドの地下にある散髪屋さんに
 連れていくんだそうです。

 周囲の従業員の前で恥をかかせない心遣いですね。



 犬と接するときも、『犬の人格』を尊重してください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
────────────────────────────────

 9月19日は「ビー」が永眠した日ですが、
 その日が近づいてくると色々と思い出してしまって
 悲しくなってきます。


 3年が経とうとしているのに、
 「ビー」の育て方に後悔が残ってしまい
 自分を責めたりしてしまいます。


 皆さんにはそんな思いはして欲しくないので、
 普段の接し方に関する疑問など遠慮なくメールしてください。

 愚痴でも何でも聴きますから(笑)、
 一人で悩まないでくださいね。


 それでは、また次号でお会いしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 室内犬との豊かな暮らし 】

発行者:カウガール・エド

運営HP:http://e-style.in

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000223389.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

室内犬との豊かな暮らし

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/12/30 部数:  292部

ついでに読みたい

室内犬との豊かな暮らし

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/12/30 部数:  292部

他のメルマガを読む