室内犬との豊かな暮らし

【 室内犬との豊かな暮らし 】犬に名前が必要なの?

カテゴリー: 2007年03月04日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇  室内犬との豊かな暮らし  ◇       第5号
                 by カウガール・エド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「室内犬との豊かな暮らし」をお送りしますカウガール・エドです。


 この号から読んでいただく方、始めまして、ありがとうございます。

 バックナンバーはすべて公開していますので、あわせて参考にして
 くださいね。

 以前から読んでいただいている方、いつもありがとうございます。




─ 【 目 次 】───────────────────────
 ・<ごあいさつ>
 ・<犬に名前が必要なの?>
 ・<犬の避妊・去勢手術>
 ・<編集後記>
────────────────────────────────



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ごあいさつ
────────────────────────────────

我が家のアインが発情期を迎えました。散歩でも落ち着きがなく
ソワソワしています。

いつもは山でリードを放しても一人で遠くに行くことはないのですが、
発情期だけはサッサと先に行ってしまいます。

ちょっと不安なのでリードにつないで散歩を続けています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 犬に名前が必要なのか?
────────────────────────────────

犬同士って名前で呼び合いませんよね。(当たり前だって)

公園など犬の集まるところに連れて行くと、不思議と気の合う犬同士が
集まって遊んでいます。

名前で呼ばないのにどうして相手を特定することができるのか・・・


答えはアイ・コンタクトです。


例えばある犬が「わんっ」って吠えたときは何頭かの犬がその犬を見ま
すが、その時に目があった犬が、呼んだ相手になるわけです。


だから犬同士では名前が必要ないんですね。

それに言葉をしゃべれないし(笑)。



でも人との生活では名前が必要ですね。かわいい名前、かっこいい名前
をつけてあげましょう。


名前をつけたら家族で呼び方を統一してください。

「ビー」「ビーちゃん」「ビースケ」など呼び方がバラバラだと、
なかなか名前を覚えてくれません。


名前を呼んだら必ず「アイ・コンタクト」することで、より早く名前を
覚えてくれます。


ちなみに、我が家で最初に迎えた「ビー」ですけど、この名前は室内犬
には向いていません。

「ビー」って、自分を呼ばれたとは思わない音の響きのようで、3週間
くらいかかってやっと自分を呼んでるんだって気がついたみたいです。


テレビのクイズ番組を観ていても、ちょっと困ったことがありました。

A・B・Cの三択問題で「B〜ッ」って叫ぶと、
「ビー」が顔を上げてこっちを見つめていました(^-^;。


名前のつけ方にも傾向があるみたいで、柴犬など日本犬は「和名」が
多いみたいですし、洋犬は「洋名」が多いような気がします。


一生つきあう名前ですから素敵な名前を考えてあげてくださいね。




間違っても「ジュゲムジュゲム後光のすりきれ・・・」はやめて下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・犬の避妊・去勢手術
────────────────────────────────

迎えた犬に避妊・去勢手術をさせたほうがいいのでしょうか。

難しい問題ですので答えはありませんから、飼い主さんの判断に
なりますが、とりあえず情報だけ。

----------------------------------------------------------------
メリット
----------------------------------------------------------------

・メスは、子宮・乳腺の病気が予防できます。
・オスは、前立腺・精巣などの病気が予防できます。

・発情期のストレスを軽減できます(オス・メス共)。


----------------------------------------------------------------
デメリット
----------------------------------------------------------------

・ホルモンのバランスが崩れて、脱毛したり太りやすくなります。

(適切な食事と十分な運動によってある程度は予防できます。)


子供を生ませないのなら避妊・去勢手術をしたほうがいいという意見が
多いように思います。

オスは競争的行動や攻撃性が減りますから、争いごとを避けるように
なります。ただ、個体差がありますから、絶対というわけではありませ
ん。

手術をする時期は生後6ヶ月ころの初回発情期前が適しているそうです。

手術はオスは日帰り入院、メスは1泊入院になります。


ちなみに「ビー」は2回目の発情期前に避妊手術をしました。
1泊入院で費用は4万円でした。

「アイン」は一度出産しているため、発情期のストレスはより強いそう
なので、早い時期に避妊手術をさせたいと思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
────────────────────────────────

これからワンちゃんと一緒にお出かけする機会も多くなるのではないでしょうか。

ワンちゃんOKの、宿やキャンプ場が増えていますが、発情期とその後
2週間は断られることもあります。

避妊・去勢については、一度ゆっくりと考えてみたいですね。



 それでは、また次号でお会いしましょう。


 あなたもワンちゃんも幸せに暮らせますように。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 室内犬との豊かな暮らし 】

発行者:カウガール・エド

運営HP:http://e-style.in
メール: info@e-style.in

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000223389.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

室内犬との豊かな暮らし

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/12/30 部数:  292部

ついでに読みたい

室内犬との豊かな暮らし

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/12/30 部数:  292部

他のメルマガを読む