バートランド・ラッセルに関するメルマガ

編集後記 老害(権力を持った老人による被害)が蔓延する日本


カテゴリー: 2018年09月01日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 (週刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
  no.0599_2018/09/01 (2006/12/21 創刊/毎週土曜 or 日曜日 発行)

 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 初心者向けページ: https://russell-j.com/beginner/
 R落穂拾い: https://russell-j.com/beginner/ochibo-2013.htm
 R落穂拾い(中級篇): https://russell-j.com/cool/br_inyo-2013.html
 R関係文献紹介: https://russell-j.com/cool/kankei-bunken_shokai2013.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
               https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
 R英単語・熟語_総索引: https://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 Twitter : https://twitter.com/russellian2
★Rホームページ利用制限コンテンツ閲覧用パスワード: 1872Y0518
 ポータルサイト専用掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs
  Blog 1 (Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/  
  Blog 2 http://365d-24h.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

[★投稿歓迎:ラッセルに関係するものであれば,ご意見,ご要望,エッセイ,
       ちょっとした情報提供等,何でもけっこうです。投稿は,
       matusitaster@gmail.com 宛,お願いします。
  ◆◆◆
 ◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
  ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
       いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
       ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
       たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
       あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
       ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
     ■ 目 次 ■
          
(1)ラッセルの著書及び発言等からの引用
(2)ラッセルに関する記述や発言等
 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著書や発言等から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366」
      n.1454~n.1458 を発行しました。
 
  以下,1つだけ再録します。     
   https://archives.mag2.com/0001626338/20180827083735000.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』』第3章 進化 n.16
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 生物学の分野で(キリスト教の)正統信仰を救おうとする奇妙な試みがエドムンド
・ゴッスの父である博物学者ゴッス(注:Philip Henry Gosse, 1810-1888:イギリス
の博物学者。聖書の天地創造説と地質学の斉一説を融合させようと,オムファロス仮
説を提唱)によってなされた。彼は,世界の古さを支持する地質学者によってあげられ
た証拠を全て完全に認めたが,(神によって)創造がなされた時,あたかも全てのも
のが過去の歴史を(最初から)もっているかのごとく創造されたのだと主張した。こ
の説(理論}が正しくないことを「証明する」論理的可能性はまったくない。アダム
とイブは,(後代の人間が)普通に生れるのと同じようにへそ(navels)を持っていた
ということは,神学者たちによって既に決定されていた(原注:もしかすると,これ
はゴッセが自分の著書を「オムファロス」と命名した理由かも知れない。/訳注:荒
地出版社刊の津田訳では、「多分、ゴッスがその本を Omphalos と読んだのは,この
理由からだろう」となっている)。同様に,創造された(アダムとイブ以外の)他の
全てのものは,あたかも成長してきたかのような状態で創造された可能性がある(と
された)。岩石は化石をいっぱい含んだ状態で創造できる可能性があり,またそれら
は,もし火山作用や沈積があればちょうどそうなるであろうように(化石を含むよう
になるであろうように),(創造時に)造られた可能性がある。しかし,一度そのよ
うな可能性が認められるやいなや,世界の創造を特定の一時点におく理由はまったく
なくなってしまう((即ち,たとえば)我々はみな五分前に生れてきた可能性があり,
その時(5分前)に既成の記憶をもち,靴下に穴をもち,刈る必要のある髪を持って
生まれてきたのかも知れない(ということになる)。しかし,これは論理的に可能な
ことではあるが,それを信ずることは誰もできない。ゴッスは自分がなしとげた神学
と科学のデータとの論理的にすばらしい調和を誰も信じることができないことに気づ
き,甚だしく失望した。神学者たちは,彼を無視し,かつての版図の大部分を捨て,
残された領域に進み、身を隠したのである。
(参考:パロディ版「木曜日創造説」。創造主は Queen Maeve という猫で,人間が猫
の奴隷種族としてデザインされている(でなければ気分屋の猫に人間がせっせと餌を
やる理由がない)。世界は先週木曜日に創造されており,それ以前の記憶があるよう
に思えるのは創造主が我々の信仰を試すために用意したのだ,と主張)

Chapter 3: Evolution, n.16

A curious attempt to save orthodoxy in the field of biology was made by 
Gosse the naturalist, father of Edmund Gosse. He admitted fully all the
 evidence adduced by geologists in favour of the antiquity of the world, but
maintained that, when the Creation took place, everything was constructed as
 if it had a past history. There is no logical possibility of proving that 
this theory is untrue. It has been decided by the theologians that Adam and
 Eve had navels, just as if they had been born in the ordinary way.(note:
 Perhaps this was the reason why Gosse called his book Omphalos.) Similarly
everything else that was created could have been created as if it had grown.
 The rocks could have been filled with fossils, and have been made just such
 as they would have become if they had been due to volcanic action or to 
sedimentary deposits. But if once such possibilities are admitted, there is
 no reason to place the creation of the world at one point rather than 
another. We may have all come into existence five minutes ago, provided with
 ready-made memories, with holes in our socks and hair that needed cutting.
 But although this is a logical possibility, nobody can believe it ; and 
Gosse found, to his bitter disappointment, that nobody could believe his 
logically admirable reconciliation of theology with the data of science. 
The theologians, ignoring him, abandoned much of their previous territory,
 and proceeded to entrench themselves in what remained. 
 出典:Religon and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-160.HTM


■「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」
      n.1410~1409号 を発行しました

  以下,1つだけ再録します。
      https://archives.mag2.com/0001623960/20180831060000000.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 R英単語・熟語 originate (v)【(~に)始まる,起こる】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ originate (v)【(~に)始まる,源を発する,(~から)起こる,生じる】

* originate in (from) A: A(場所・事柄)から始まる
* originate with A : A(人)から始まる
   https://russell-j.com/beginner/reitan-o055.htm

<用例1>
Yes, I think most of the most instructive things are jokes. Quite a number
 of important things have originated as jokes because if you can put it in 
that form it isn't so painful.
[はい,私が筆頭に挙げる一番勉強になると思うものはジョークです。ジョークで出
されると,辛いことでもそれほど苦にはならなくなるので,沢山の大事なことがジョー
クになっているのです。]
 出典:ラッセル他「(座談) ラッセル,ヴァン・ドーレン及びポーターと『不思議の
国のアリス』を語る」
     https://russell-j.com/cool/russell-alice.html

<用例2>
Some of his greatest contributions to philosophy arose through his ability 
to take a multitude of ideas from many sources and combine them into a 
fully-wrought system; in the same way that Newton's Principia brought 
together a number of fundamental concepts originated by Galileo.
[哲学に対する彼(=ラッセル)の最大の寄与のいくつかは,非常に多くの着想(アイ
デア)を多くの情報源(著作等)からとって来て,それらを十分に精製された一つの
体系にまとめ上げるという能力から生れたものである。(たとえば,)ニュートンのプ
リンキピヤがガリレイに起源があるいくつかの根本観念をまとめ上げたように。]
 出典:アラン・ウッド「ッセルの哲学-その発展についての一研究」
     https://russell-j.com/cool/54T-ALAN02.HTM

<参考例1>
The professor believes that Japanese actually originated from a European 
language.
[その教授は日本語が実はヨーロッパ言語から始まったと信じている。]
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』p.99

<参考例2>
The rules for football originated in England.
[サッカーのルールはイングランドに起源がある。]
 出典:『九大英単』p.27

<参考例3>
The Internet originated in the United States.
[インターネットはアメリカから始まった。]
 出典:『キクタン TOEIC TEST SCORE 990』p.337

<参考例3>
The disease is thought to have originated in the tropics.
 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.


★「ラッセルの言葉(Word Press 版)v.2」 n.1154~1158

1)n.1154:R『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.6
      https://russell-j.com/wp/?p=3999

2)n.1155:R『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.7
      https://russell-j.com/wp/?p=4004

3)n.1156:R『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.8
      https://russell-j.com/wp/?p=4006

4)n.1157: R『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.9
     https://russell-j.com/wp/?p=4009

5)n.1158:R『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.10
     https://russell-j.com/wp/?p=4014
   

★「ラッセルの言葉_画像版」

 日本語 version : n.0664j-0670j を投稿
 英 語 version : n.0664e-0670e を投稿

  一つだけ再録します。 n.0670j (Aug. 31, 2018)
      https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j0670.html

 「パブロフの犬にならないように」

 適当な情況のもとにおいて,もしもAがもともとある反応を起こし,また,Aが頻
繁にBと一緒に起こるならば,ついには,Aがもともとひき起こした反応を,B単独
で惹き起こすだろう,と言うものである。例をあげよう。たとえば,あなたが熊にダ
ンスを教えようと思えば,あなたは,熊を非常に熱い台の上にのせ,一瞬しか足をつ
けたままでいられないような状態におき,その間にオーケストラで英国国歌を演奏す
る。(そうすると)しばらくすれば,英国国歌の演奏だけで熊を踊らせるようになる
であろう。我々(人間)の知的生活は,最高の段階ににおいてさえ,この原理にもと
づいている(のである)

If A originally produces a certain reaction, and A frequently occurs in 
conjunction with B, B alone will ultimately produce the reaction that A 
originally produced. For example: if you wish to teach bears to dance, you 
place them upon a platform so hot that they cannot bear to leave a foot on 
it for more than a moment, and meanwhile you play "Rule Britannia" on the 
orchestra. After a time "Rule Britannia" alone will make them dance. Our 
intellectual life, even in its highest flights, is based upon this 
principle.
 出典: Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter090.HTM

 <寸言>
 あなたはパブロフの犬状態になっていないか? 権力者による情報操作にまんまと
はまっていないか?  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する記述や発言等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 今回もお休み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記 老害(権力を持った老人による被害)が蔓延する日本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 スポーツ団体のお偉方によるパワハラ(全てのスポーツ団体に存在?)、森老人
による無理筋のサマータイム導入の要請(システム改修ひとつとっても無理)、政
府の各種審議会の委員長等に居座る(政権に従順な)老人たちの無作為あるいは政
権の意向を組んだ答申の連発、その他、(年取った)各業界のボスたちによる老害
(権力を持った老人による被害)が日本の社会に蔓延している。

 幅広い経験や見識を備えた者の意見を聞くことはとてもよいことであるが、実権
をもたせると益より害になること(逆効果になること)の方が多い。政治の世界で
も形式的な定年制を内規で決めていてもいつの間にかなし崩しになってしまう。大
きな権力を握ったことがある者はほとんどが権力を温存しようとする。権力を温存
するには自分の側近を従順な者(子飼い)で固めるのが一番効果がある。

 アクトン卿の「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対的に腐敗する」という名言は
今でも生きている。たとえ寿命が90歳くらいに伸びるとしても、65歳になったら権
力を(黒幕としての権力も)剥奪する必要がある。(松下彰良)

=====================================

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012IYHZRG/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012IYHZRG&linkCode=as2&tag=russellj-22">松下彰良(訳・編)『ラッセルの言葉366』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=as2&o=9&a=B012IYHZRG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com

■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: https://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/20
部数 148部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/20
部数 148部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング