バートランド・ラッセルに関するメルマガ

バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン


カテゴリー: 2007年12月29日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■-■■■■■■■■■■
バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)に関するメール・マガジン
 2007/12/29:n.0054 (2006/12/21 創刊) (毎週土曜or日曜日発行)
  ===============================
HP(main): http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm 
Blog: http://green.ap.teacup.com/russellian/ (あるRussellianの呟き)
Blog その2(Google Blogger): http://russell-j.blogspot.com/ ・
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■ 目 次 ■

(1) ラッセルの著作や発言等からの引用(再編集しアップロード)
(2) ラッセルに関する著作等からの引用(再編集しアップロード)
(3) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) ラッセルの著作や発言等からの引用(再編集しアップロード)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[大学の語学テキスト等に採録されたラッセル(の英文)](その2)

★開かれた知性と開かれた心 n.7&n.9(神山正治・編訳注 Bertrand Russell's
 Best より)
  http://russell.cool.ne.jp/beginner/OMOH-07.HTM
 「私が以前反宗教的であったのにくらべて,最近はその傾向が弱まったという
  趣旨の噂が最近流布しています。これは全く根拠がありません。・・・。」
  
  http://russell.cool.ne.jp/beginner/OMOH-09.HTM
 「宗教のもつ真理という問題とそれが役に立つという問題とは別箇のものです。
  私は、(諸種の)宗教が虚偽であると共に有害であると、確信しています。
  ・・・。」
  
★『ラッセル名言集』(正田義彰・編)より n.1〜n.4
  http://russell.cool.ne.jp/beginner/SHODA-01.HTM
 「All powerful States must realize that their aims, whatever they may
   be, cannot be achieved by war.」
   
  http://russell.cool.ne.jp/beginner/SHODA-02.HTM
 「How many people we all know who go through life apparently gay, and
   who yet are perpetually in search of intoxication whether of the
    Bacchic kind or some other. The happy man does not desire
    intoxication.」(Bacchic: バッカスの;酔っ払った;騒々しい)

  http://russell.cool.ne.jp/beginner/SHODA-03.HTM
 「Our dealings with those whom we love may be safely left to instinct;
  it is our dealings with those whom we hate that ought to be brought
  under the dominion of reason.」
  
  http://russell.cool.ne.jp/beginner/SHODA-04.HTM
 「The true test of a lover of freedom comes only in relation to things
  that he dislikes. To tolerate what you like is easy. It is toleration
  of what you dislike that characterizes the liberal attitude.」
  
★ラッセル「自由人の十戒」
  http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/DECALOG.HTM
  
  自由人の見解のエッセンスは、多分新しい十戒として要約できるであろう。
  それは、従来の十戒にとってかわるものではなく、それを補足するものであ
  る。一教師として私が広めたいと思う「十戒」は、以下のごとく述べること
  ができるだろう。
  1.何事も絶対的に確実だと思うな。
  2.何事も証拠を隠してまで押し進めるだけの価値があるものと考えては
    いけない。そういった証拠は、必ず明るみにでてくるものだからである。
  ・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) ラッセルに関する著作等からの引用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★正田義彰・荒井良雄編『ラッセル名言集』(原原書房, 1966年4月刊。201pp.)
 への編者まえがき
  http://russell.cool.ne.jp/beginner/SHODA-ST.HTM

★杖下隆英・島秀夫(編)Philosophy and Politics(栄光社, 1968年3月刊。95pp.)
 への編者まえがき
  http://russell.cool.ne.jp/0857-ST.HTM
  
 ・・・。Philosophy for Laymen は,上記の講演と共通の論旨を宿しながら,一段
 と平明に一般市民に対する哲学の意味を論じてる.一言にして言えば,単なる技術
 (skill)では解決しえない哲学的問題に対して,権威に頼らぬ自由な関心と普遍的
 な知恵(wisdom)を不断に深め保ち続けてゆくことが,実利的関心を離れて人生を
 豊かにし,政治的狂信や独断からの解放にも必要である,というのが Russell の
 主張である。・・・。

★牧野力・日高一輝(注)『Dear Bertrand Russell』(朝日出版社、1971年9月刊
 100pp./語学テキスト)への編者はしがき
  http://russell.cool.ne.jp/64-ST01.HTM
  
★斉藤慶司「使徒達 'Apostles'−ブルームズベリー・グループの群像」より
  http://russell.cool.ne.jp/APOSTLES.HTM
  
 「使徒達」('Apostles')は秘密団体であった。会員は少数で,学部の学生を含め
 てわずか6名しかいないこともあった。新入会員の選抜には異常な注意が払われ
 た。これは当然ある程度 'Society' そのものの性質に由るわけだが, Cambridge
 学内でも最も傑出した連中が「使徒の会」に加わる結果になった。・・・。
 
★斉藤慶司「使徒達 'Apostles'(補遺)−ブルームズベリー序説」より
  http://russell.cool.ne.jp/APOSTLE2.HTM
  
 ・・・。学期中, 'the Society' の会合は,毎週土曜日の夜開かれる。・・・。
 炉前の敷物を囲むように全員が円く坐し,一人が 'moderator' となって,短くて
 15分間,長くて2時間の論文を発表する。終ると討論に入るが、出席者は全員必
 ず発言しなければならない。Moderator は質問に答える。結論が起草され−−討
 論とは全く無関係の結論が出されることがある−−その命題について採否の票決
 がなされる。最後に、次回の討論題目が決められるが、これは4箇の題目の中か
 ら採択される。4題目の中には必ず humorous な一題が含まれており,次回の討
 論を主宰する幹事がこれらの題目を提案する。次回の論題が決定したところで散
 会となる。討論は大抵,文学的論題か哲学的論題であった。・・・。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今年最後のメルマガの発行です。今回も、「大学の語学テキストに採録された
 ラッセル(の英文)」について特集しました。
 前号で書きましたように、これまで、過去に掲載したページのHTMLの修正、
 記述の誤りの訂正、誤字脱字の修正、画像やリンクの追加等の作業を行ってき
 ました。まだ終わったわけではありませんが、重要なコンテンツについてはか
 なり改善できましたので、後は適宜作業を行うこととして、『ラッセル自叙伝』
 や『ラッセル教育論』等の邦訳、新しいシリーズ「ラッセル徒然草」(短い備
 忘録・メモ的な文章」のスタートなどをしたいと思っています。
   
 本日、ラッセルのホームページ(分館)のレイアウトを変更し、ラッセル研究
 書や関係書は、このページからアマゾン・コムに注文できるようにしました。
 ご活用ください。(初心者向けのページについても同様のレイアウト変更を明
 日行う予定です。 http://russell.cool.ne.jp/index.html (松下彰良)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良・まつしたあきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に :  matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://www.dgcr.com/regist/index.html
■WEBサイト: http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/index.htm
■電子掲示板: http://249.teacup.com/bertie/bbs  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/17
部数 146部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルに関するメルマガ

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/17
部数 146部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング