偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

高校生・大学生にもぜひ読んでほしい

カテゴリー: 2019年01月23日
自らの生きる道を立てていくための哲学


2019.01.23 偉人メルマガ
━━━━━━━━━━━

吉田茂、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、
福田赳夫、大平正芳、中曽根康弘ら、
日本の歴代総理の指導者として、
また、昭和を代表する財界人の多くから
師と仰がれた安岡正篤先生。

その代表的良書10巻を収録した
『安岡正篤活学選集』が
昨年11月に発刊されました。

今回、選集に入っている各書籍が
アマゾンレビューでも、
それぞれ高い評価を得ていますので、
その一部をご紹介いたします。



……………………
『青年の大成』
……………………

如何に生きるべきかということを、
多くの実例を交えながら、
わかりやすく説いている。
必ずや、心に響くことが見付かるだろう。

本書では、人間にとって最も大切なのは
「徳」であり、徳性を身に付けるために
修練しなければならないと説く。
では、人間として自己を錬成するために
必要なものは何か。

それは、寸暇を惜しむこと、
私淑する師と良い友人を持つこと、
そして、愛読書を持つことだ。
高校生・大学生に是非とも読んで欲しい。


……………………
『人物を修める』
……………………

胆識ということばに惹かれて安岡氏の書を手にしました。

政財界のリーダーの精神的支柱となられた方の
講話集だけに、一度読んだだけでは
なかなか理解できませんが、
仏教、儒教、老荘思想などの基本を学びつつ、
徳、仁を基調とした人間のあり方を
丁寧に解きほぐして書かれているようです。

手元において、何度も繰り返し読んで、
じっくり味わいたい書だと思います。


……………………
『呻吟語を読む』
……………………

呻吟語を読んだことがある人は、
是非読むべきです。
理解を確かめ、更に深く理解をするために。


……………………
『易と人生哲学』
……………………

易の入門書として、わかり易いです。
易がこんなに深いとは思いませんでした。


…………………………………
立命の書『陰しつ録』を読む
…………………………………

陰しつ録は、明の時代に、著された書物。
安易な宿命観に陥らずに、自ら正しく
運命を切りひらいて行くべく、
謙虚に真剣に生きよ・・・というような趣旨。
原文(漢文の読み下し)と、
安岡氏の解説が交互する構成となっている。

「立命の書」と銘打たれているように、
自らの生きる道を立てていくための哲学であり、
峻厳な清涼さに満ちている。



………………………………………………
【永久保存版/現代に甦る人間学の宝典】


『安岡正篤活学選集』(全10巻) 

       安岡正篤・著


 <限定3,000部>

 通常価格17,928円
⇒大感謝祭特別価格16,200円(10%オフ・『致知』読者限定)


【若い世代への贈り物にもおすすめです】
https://www.chichi.co.jp/specials/yasuokasenshu/


───────────────────────
 ◆ 仕事力・人間力を高める月刊誌『致知』 ◆
───────────────────────

月刊『致知』定期購読のお申込みはこちら
https://www.chichi.co.jp/info/

※お申し込み動機の欄には
「偉人・BOOKメルマガ」を選択してください

◆ 1年間だけ購読する場合 
 ⇒ 10,300円(税&送料込み)

◆ 3年間続けて読む場合 
 ⇒ 27,800円(税&送料込み)


────────────────


「偉人たちの一日一言」

~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行:致知出版社 書籍編集部

▼配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000218660.html

───────────────────

致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期: 日刊 最新号:  2019/02/14 部数:  5,659部

ついでに読みたい

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期:  日刊 最新号:  2019/02/14 部数:  5,659部

他のメルマガを読む