偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

「成功に復習される」経営者の共通点

カテゴリー: 2018年08月02日
━━━━━━━━━━━━━━
新将命さんトーク&サイン会
━━━━━━━━━━━━━━

8月4日 (土) 八重洲ブックセンター本店で、
『新将命の社長の教科書』の出版を記念した
新将命さんトーク&サイン会が開催されます。

日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、
日本ホールマークなど、外資企業のトップとして
次々に業績をあげてきた伝説の外資トップが説く
人間力の鍛え方とは?

本講演会では、新将命さんに、
リーダーシップの極意と、組織を繁栄発展に導く心得を
たっぷりお話しいただきます。


2018年8月4日 (土) 15:00~(開場 14:30 ) 
八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー 
定員80名(お申し込み先着順)※定員になり次第、締切
主催:八重洲ブックセンター 協賛:致知出版社

◆お申込方法など、詳細はこちらから



2018.08.2 偉人メルマガ
━━━━━━━━━━━

人類は「もういい族」と「まだまだ族」に大別される。

これだけやったのだから「もう十分だ」と
満足してしまう、あるいはピンチが続くと
「もうだめだ」と早々に心が折れてしまう人が
「もういい族」だ。

それに対して、結果がよくても悪くても
「まだまだやれる」と考えるのが
「まだまだ族」である。

企業の経営者は、概して
「まだまだ族」が多い。

「まだまだ族」は、
ともすると欲深いようにも見えるし、
一方「もういい族」は足るを知る
潔い人のようにも見える。

だが、足るを知るがあきらめの早いことを
意味しないように、「まだまだ族」が
単に強欲というわけではない。

結論から言えば、早々に心が折れてしまうよりは、
強欲であるほうがリーダーとしては、
はるかに望ましい。

“If you think you are good enough,
you are finished.”
(若しあなたが、自分は十分出来上った人間だと思ったら、
その瞬間からあなたは過去の人だ)。

これは私が尊敬する元上司の英国人から学んだ言葉である。
優れた経営者は“Positive Discontent”
(肯定的、積極的な不満感)の所有者である。

企業経営には追い風が吹くときもあるが、
企業自体に浮力があるわけではない。

社長以下、全社員が押し上げて企業は上昇する。

この高さまで来たらもう安心と、
そこで力を抜けば、たちまち落下する。
落下の最後は墜落、つまり倒産である。

英語には“Revenge of Success(成功の復讐)”
という言葉がある。

会社は毎日が創業だ。

昨日までの成功に酔い、
会社も安定してひとまず安心と油断していれば、
知らず知らずのうちに会社の高度は下がり、
地表すれすれになってはじめてあわてるという
事態に陥りかねない。

「社長が“これでいいんだ”
と思った瞬間から会社の老化がはじまる」
という。

今日の自分に満足するということは、
企業をリードする社長にとっては
非常に危険なことなのである。

誤った満足とは安易な現状是認であり、
危機意識の欠如である。
大阪弁でいうと、“マーエーヤンカ”である。


◆発売直後から大反響!
『新将命の社長の教科書』

オンラインショップで好評発売中!
いまなら全国送料無料です!
 → https://online.chichi.co.jp/category/BOOK/1182.html




◎今月もたくさんの
 感動の声をお寄せいただいている
 月刊誌『致知』。
 
 最新号のラインナップ・お申込はこちら
 → https://www.chichi.co.jp/info/month/


────────────────


「偉人たちの一日一言」

~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行:致知出版社 書籍編集部

▼配信停止はこちら
───────────────────

致知出版社 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-24-9
電話 03-3796-2111 FAX 03-3796-2107

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期: 日刊 最新号:  2018/12/14 部数:  5,759部

ついでに読みたい

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期:  日刊 最新号:  2018/12/14 部数:  5,759部

他のメルマガを読む