偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

現代に甦る人間学の要諦

カテゴリー: 2018年08月01日

2018.08.1 偉人メルマガ
━━━━━━━━━━━

70代のはじめに、この書物で心洗われた
幸せを思う。

生きるための原理原則を考え直し、
晩年にそなえるために、
これ以上の出合いはなかった。

「『慎独』とは結局、天が相手だ」

「志と野望はちがう」

「その人の生前における真実の深さに比例して
 その人の精神は死後にも残る」

こういう言葉は、もはや学生でなく、
さまざまな職業の、30代、40代、
50代、60代、70代と、
それぞれの年齢に応じて重く響くものがあるだろう。

特に組織の中に埋没しがちな
サラリーマンにすすめたい。

 ――小島直記(小説家)による
  『修身教授録』推薦の言葉


◆北尾吉孝氏、小宮一慶氏など
 各界の一流人たちが座右の書にあげる
『修身教授録』。
 → https://www.chichi.co.jp/special/shushin/

この教えに10代で出逢うか否かで
人生の歩み方はまったく違ってくるでしょう。

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期: 日刊 最新号:  2018/12/18 部数:  5,755部

ついでに読みたい

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期:  日刊 最新号:  2018/12/18 部数:  5,755部

他のメルマガを読む