偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

「凡・非凡の分かれ目」 【安岡正篤一日一言】

カテゴリー: 2010年06月12日


(↓ここから本文です↓↓)

◆◆◆────────────────────────◇◇◇
    
  安岡正篤一日一言 ~心に響く366の寸言~
    http://www.chichi-yasuoka.com/ 発行(株)致知出版社

◇◇◇────────────────────────◆◆◆


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★安岡師の今日の言葉 -6月12日-★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【凡・非凡の分かれ目】

凡と非凡のわかれる所は能力の如何(いかん)ではない。

精神であり感激の問題だ。


 『安岡正篤 一日一言』より(致知出版社刊)
  http://shop.chichi.co.jp/item_detail.command?item_cd=746&category_cd

☆転送自由☆お知り合いにも当メルマガをご紹介ください!


================================

「先達の書に囲まれて 私の人生をひらいてくれた安岡正篤師の教え」
 
 ー第3回ー          
 
 林繁之氏(安岡正篤記念館名誉館長)

 【『致知』2007年8月号より】※肩書きは、記事掲載当時

================================

 安岡先生にまつわる思い出を綴っていけば、
 とてもこの紙幅に収まるものではありません。

 中には深い慚愧の念を伴って想起されるものもあり、
 長年先生にお仕えしてきた身でありながら、
 そのお心に応え得なかった自分の至らなさが悔やまれます。

 私はその心の悔いを、先日お亡くなりになった
 東京電力元会長の平岩外四先生にお話しさせていただいたことがあります。
 
 平岩先生には、安岡先生が戦後立ち上げられた師友会にお力添えをいただいて以来、
 多大なご支援を賜ってまいりました。

 生前この『致知』で対談させていただいた時、
 私はぜひとも平岩先生には聞いていただきたいと思い、
 懺悔のつもりでそれまで内に秘めていた思いをお話ししたのでした。


  蓮松桃園流風未泯
  黄巻青灯結習難忘
    林繁之君嘱 正篤
 
 (蓮松桃園の流風未だ泯びず
  黄巻青灯の結習忘れ難し)


 蓮松というのは、中国の東晋時代に慧遠という
 大和尚が廬山で創立した白蓮社と、
 儒教、文学の世界において宋学の祖と謳われた
 周茂叔が創立した青松社の二つの結社のことです。
 つまり世を憂う純粋な心を表しています。

 桃園というのは『三国志演義』で当時まだ名もない
 劉備、関羽、張飛の三人が義を結んだ桃園。
 
 流風未だ泯びずとは、日本は混迷の度を深める一方だけれども、
 そうした人間本来の純粋な心や義というものは未だ滅び尽くされてはいないこと。
 
 そういう国家や民族の栄枯盛衰、興亡の歴史というものを、
 自分は若い頃から夜の灯の下で万巻の書物を読み、苦労して勉強してきた。
 しかし、腹の中に心底染みてくるほどの境地には未だ到達し得ず、
 ようやく理解したと思ったところが、結習、
 すなわち悩みがほどけていなかったというもどかしい思いをしてきた。

 けれども一方では、その頃のことが懐かしくてならない。
 そういう意味が込められていたのでした。

 ・・・(明日へつづく)


※月刊『致知』読者の方は、バックナンバーの記事を
 コピーサービスによりご購入できます。
 ⇒お問い合わせ03-3796-2118

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 月刊『致知』最新7月号「道をつくる」発行!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ⇒ http://www.chichi.co.jp/monthly/201007_index.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  ●我が独行道──最強棋士・七大タイトル制覇達成の張栩さんに聞く
    
  ●対談/ハワイの秘法「ホ・オポノポノ」が教えるもの
     イハレアカラ・ヒューレン(心理学博士)
     &鈴木秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)
    
  ●対談/混迷する日本の道をひらく
     中條高徳(アサヒビール名誉顧問)
     &山谷えり子(参議院議員)
           
  ・・・他にも話題の方々12名にご登場いただいています。
   
■ご購読はこちらからどうぞ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 お申込み⇒ http://www.chichi-yasuoka.com/chichi.html

[年間購読のご案内] 
・3年間 27,000円 (36冊/税込・送料サービス)
・1年間 10,000円 (12冊/税込・送料サービス)

 毎月わずか833円(年間1万円)!
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■安岡先生のご二男・正泰氏(財団法人郷学研修所安岡正篤記念館理事長)も
 安岡先生にゆかりのある『致知』をご推薦!
 
 「毎月『致知』を読んでいると、
  しみじみと自分自身と向かいあって話すことができ、
  何か精神的に落ちつき新しい力が湧いてきます」
   
  つづき⇒ http://www.chichi-yasuoka.com/chichimagazine.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガの登録・変更・解除はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000218660.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ご意見・ご要望はこちらまで⇒ yasuoka@chichi.co.jp 
株式会社 致知出版社( http://www.chichi.co.jp/ )
〒150-0001東京都渋谷区神宮前4-24-9
TEL03-3796-2114  FAX03-3796-2107

※「致知出版社の『人間力メルマガ』」で、
   自社配信開始キャンペーンを実施中!
  ぜひご登録ください(6月30日<水>まで)
  ⇒ http://www.chichi.co.jp/mm.html

────────────────────────────────
 Copyright 2010 CHICHI, Inc. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期: 日刊 最新号:  2019/01/19 部数:  5,729部

ついでに読みたい

偉人たちの一日一言 ~致知出版社が贈る人生を養う言葉~

発行周期:  日刊 最新号:  2019/01/19 部数:  5,729部

他のメルマガを読む