ありのまま…主婦の下町ロンドン

ありのまま…主婦の下町ロンドン(137)

カテゴリー: 2019年01月27日
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

   ありのまま…主婦の下町ロンドン(137)

★主婦の視点からロンドンの下町生活をありのままにお届けしています★
★ロンドン下町の生活に密着した話題盛りだくさん!★

下町ロンドン日記*My Japlish life in London
http://london-nekonasu.blogspot.com
ほぼ毎日更新しています…下町ロンドンに遊びにきて下さいね。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*



こんにちは、ねこなすです。
「ありのまま…主婦の下町ロンドン」にようこそ。


数あるメルマガの中から選んでくださってありがとうございます。



寒中お見舞い申し上げます!

すっかりご無沙汰していますが、みなさん元気でお過ごしですか?

前回のメールマガジン発行から随分と時間が経ってしまいましたが、
我が家は平常通りです。

が、最近の我が家のニュースといえば、
長女が6週間の予定でパプアニューギニアにインターンシップで行ったばかり。

無事に怪我なくインターンシップを終えてくれることを願っています。

それでは今日も下町ロンドンから話題をお届けします。


「初雪で長女出発!」
(↓下をクリックしてくださいね)
http://london-nekonasu.blogspot.com/2019/01/blog-post_23.html





★ 今日の話題 ★


EU離脱、未だに大混乱
ヴィーガニュアリー
あとがき





** EU離脱、未だに大混乱 **


2016年に行われたイギリスの欧州連合(EU)離脱、
Brexit(ブレグジット)を問う国民投票。

みなさんもご存知のように、
イギリス国民の過半数を超える離脱の支持でEU離脱が行われることになり、
第50条が発動され期限付きで離脱手続きが開始されてから早2年。

それなのにイギリスとEU間でまったく進展がないまま、
2年間の交渉手続き期日である3月29日に迫っています。

まったく進展がない、というのは語弊がありますが・・・

テリーザ・メイ首相が率いる政府が用意した、
イギリスが段階を踏んでEUから離脱するかを示した離脱協定案は、
今月15日に英下院で否決になり元の木阿弥状態。

賛成票202、反対票432という歴史的な敗北でした。

通常であれば、絶対に保守党党首を辞任する形で首相も辞めると思うけども、
ブレグジットの事態でそれもなし。

翌日には野党からの提案で内閣不信任案の投票が行われ、
こちらは19票差で否決となり、予想通りにメイ首相の続行となりました。

それはそうでしょう、このブレグジット騒ぎの最中に、
誰も首相にはなりたくないと思いますからね。

それに誰が首相になっても上手く事を運べるとほ思いません。

みんなが納得できる離脱協定案なんてあるわけないですからね~。

離脱協定案にはいろいろな問題点があったわけですが、
その1つが北アイルランドとアイルランドの国境問題。

もちろんアイルランドはEU加盟国のままだし、
北アイルランドもスコットランドと同様に国民投票ではEU残留派が大半でした。

そんな中で離脱協定案の中に入れられたバックストップ(安全策/防御策)条項。

物理的な境界線を回避するための方法が見つかるまでEUの関税同盟内に留まる、
というものです。

イギリスとしては単一市場と関税同盟からの離脱を提案しているものの、
ベルファスト合意の和平を存続させるためにも、
物理的な国境を造りたくないというのが大半の意見。

でもそうなると関税同盟に留まる羽目になるのでは、
という反対意見があるわけです。

私の見解からすれば、
もともと昔は北アイルランドはアイルランド領だったので・・・
香港を中国に返還したように、この際、
北アイルランドもアイルランドに返還してしまえば?と思うけども。

それは極端な話としても、離脱協定案をまとめるのは至難の技。

只今、メイ首相はプランBを思案中ですが、
ほんとに今回ばかりは誰にもイギリスの行く末はわかりません。

そして離脱協定案の代替案の採決がまた数日後に行われるのだとか。

メイ首相は政府の提案する離脱協定案を押し通そうとの考えのようですが、
その離脱協定に反対する下院議員たちは、離脱協定以外の選択肢を提案するために、
代替案に対する修正案を議会に提出する予定です。

主な修正案として報道されているものでは、

労働党のイヴェット・クーパー議員による
EU法第50条の期間延長を求めるものや、

ジャック・ドロミー労働党議員や
キャロライン・スペルマン保守党議員は
合意なしブレグジットを阻止する修正案、

セーラ・ウォラストン保守党議員は
2度目の国民投票案などが出ているそうです。

そして飛び交う噂の中には、カナダ型(カナダプラス型)、
ノルウェー型などに似た協定案もあるようです。

が、多数の意見は、離脱協定案の合意がないまま離脱は回避したい、
というもののようです。

貿易協定、国境セキュリティー問題、
イギリス在住のEU市民の在留資格、
ヨーロッパ健康保険カードなどが今後どうなるのか不明なままで、
この数週間でほんとに決着するのか疑問です。

我が家の場合、家族全員一致で、
もう一度国民投票をしてEU残留派が過半数を超えてそのまま残留、
というのが一番好きなシナリオです。


「ヨーロッパ健康保険カード」
http://london-nekonasu.blogspot.com/2018/02/blog-post_13.html





** ヴィーガニュアリー **


ここ数年、イギリスで新年になると話題になるのが
Veganuary(ヴィーガニュアリー)です。

ヴィーガニュアリーは、
Vegan(ヴィーガン/菜食主義)とJanuary(ジャニュアリー/1月)
を一緒にした造語。

ヴィーガンは菜食主義のヴェジタリアンよりもさらに厳格で、
肉、魚はもちろんのこと、牛乳やチーズなどの乳製品や卵も食しません。

ヴィーガンの人はもちろん1月だけでなく
年中同じ食生活をしているわけですが・・・

ヴィーガニュアリーは、普段は特に食生活に制限のない人たちに向けて
ヴィーガンのライフスタイルに挑戦してみよう、という推進月間運動です。

特にクリスマスや年末年始に食べ過ぎたと感じたりしている時期なので、
最適な時期ですよね。

また地球規模の環境汚染に大きく関わる畜産業を減らす
という利点もあります。

最近ではスーパーマーケットでも、ヴィーガン用の食品が
たくさん手に入るようになりました。

例えば日本でお馴染みの豆乳だけでなく、オーツ、米や
アーモンドを基にしたミルクや、牛乳以外のミルクで作ったヨーグルト。

豆腐を原料にした肉代替品、
ココナッツ・ミルクなどを原料にしたチーズの代替品など様々なものがあり、
手軽にヴィーガンを始めてみることが出来ます。

我が家では、誰もヴェジタリアンでもなく
もちろんヴィーガンでもないのですが、
なるべく野菜を多めに肉は少なめを心がけ、

長女は環境問題の観点から、牛肉や乳製品を控えるようにしています。

ヴィーガンというとなんとなく最近のトレンドという感じですが、
日本には動物性食材を使わない精進料理が昔からありますよね。

大豆の加工食品である豆腐、湯葉、味噌や
豆腐と野菜から作られるがんもどきなど様々なものがあります。

でもイギリスのヴィーガンは、精進料理よりもお手軽。

もっと気楽な感じのライフスタイルです。





** あとがき **


数年前から自家製味噌を作り始めてから、
いろいろな発酵食品を作っています。

意外に簡単に出来るのがザワークラウト。

キャベツを中心に好きな野菜を刻んで塩と一緒に漬けるだけで、
数日後には出来上がります。

唐辛子を入れるとピリッとして美味。

そして最近初めて作ってみたのが天然酵母です。

出来上がった天然酵母でパンを作ってみたら、
フワッと美味しく出来上がったので大満足。


「天然酵母作り」
http://london-nekonasu.blogspot.com/2019/01/blog-post_20.html

「発酵祭り」
http://london-nekonasu.blogspot.com/2016/10/blog-post_16.html

「天然酵母でシナモン・ロール」
https://london-nekonasu.blogspot.com/2019/01/blog-post_26.html



最後まで読んでくださってありがとうございます。

それではまた次号でお会いしましょう。

(^。^) ご意見、ご感想などをお待ちしています。お気軽にお便り下さい。
nekonasu*btinternet.comまでどうぞ(スパム防止のため*を@に変換して下さいね)。
お返事は必ずさせていただいてます!
このメルマガからそのまま返信して頂いても大丈夫ですよ。


お友達に紹介して下さる場合、下記のアドレスからお願いしますね。
 http://www.mag2.com/m/0000217313.html 

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

『ありのまま…主婦の下町ロンドン』
発行者:ねこなす
ブログ『下町ロンドン日記*My Japlish life in London』はこちらから:
http://london-nekonasu.blogspot.com
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止はこちらからお願いします。
 http://www.mag2.com/m/0000217313.html 
お願い:このメールマガジンは著作権法で保護されています。
許可無く複製及び転載をすることを禁止します。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

ついでに読みたい

ありのまま…主婦の下町ロンドン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/01/27 部数:  413部

他のメルマガを読む