FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

【FP栗本のメルマガ】扶養の範囲は子どもの収入に気をつけましょう


カテゴリー: 2018年11月11日
]□■────────────────────────────────
■  FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント(2018.11.11 第408号)
http://fpoasis.jp/                 
────────────────────────────────□■

------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちらから
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------



みなさん、こんにちは。
エフピーオアシスの栗本です。



「一人暮らしで人付き合いが少なく
 社会的に孤立した高齢者は、

 そうでない人に比べ、
 介護が必要な状態になったり死亡したりするリスクが1.7倍高い」


との調査結果を
滋賀県米原市と筑波大などの研究チームがまとめたそうです。


1.7倍と言われてもすぐにはピンときませんが、

例えば、あと20年生きる可能性のあった60歳の人が、
11.8年ほどで死を迎えることになる、
と考えると、なかなか衝撃的な感じがします。


※11.8年は、私が勝手に「20÷1.7」で計算した数字です。


人付き合いの煩わしさなどから、
一人の時間が好きだという方もいるでしょうから、

一概に「孤独」を悪いものとは決めつけられないものの、
「孤立」という言葉は、なんとも言えない寂しさを感じさせます。



この話題を聞いて思い出したのが、
一人暮らしをしている知人との会話です。


専門書などの翻訳を手掛けている個人事業主のその方は、
仕事が立て込んでいたある時期、
2ヶ月近く誰とも話をしないことがあったそうです。

仕事上のやり取りはメールで完結しますし、
買い物は近くのコンビニで会話がなくとも完結します。


会社内での人間関係に嫌気がさして、
今の仕事を選ばれた方ではありましたが、

さすがにこの時は
「世間から取り残されているような何とも言えない不安」
を感じられたそうです。


もし自分がそういう立場になったとしたら、
その時何を感じるのでしょうか。。



何だかいろいろと考えさせられる話題でした。



***




今週号からお読みくださっている皆様、
ご登録頂きましてありがとうございます!

お時間があるときにバックナンバーにも目を通してみてください。

▼バックナンバーはこちらから
 http://archives.mag2.com/0000216963/



------------------------------------------------------
■ セミナーのご案内
------------------------------------------------------



こちらでは、私共が講師を務めたり開催に関係している中で、
どなたでもご参加いただけるセミナー情報をお伝えしています。


また、私が所属している生活経済研究所長野が主宰する、
家計の見直しセミナーを始めとする、
FPI-J.TVの各チャンネルのご案内も行っています。




■生活経済研究所長野主催 「家計の見直しセミナー」



家計の見直しセミナーは、
生活経済研究所長野が提供するWEBセミナーです。


1テーマは2時間~2時間半。
テキストはその場でPDFデータをダウンロードできます。


実際に受講された方の90.9%が「とても満足」と回答され、
まあまあ満足と合わせると、98.2%の受講者にご満足いただいてる、
業界内でも注目のコンテンツです。




次回の公開収録は、12月2日に行われます。

内容は、

「知って得する年金セミナー」
「1から学ぶ:仮想通貨」

の2本です。


仮想通貨の講演は、栗本が講師を務めます。




公開収録にはどなたでもご参加いただけますので、
申し込みフォームからお手続きください。
(参加費:8,640円/1講演)





▼公開収録申し込みページ
 https://fpi-j.tv/pub/entry


なお、現在「確定拠出年金導入セミナー」を
丸ごと1本、無料視聴していただけます。


WEBサイトにアクセスしてご自身の目でお確かめください。





FPI-J.TVでは、
家計の見直しセミナーのほかにも、
魅力的なチャンネルが随時オープンしています。

是非定期的にチェックしてみて下さい!


▼FPI-J.TV
 https://fpi-j.tv





--------------------




さて、今回は3つの話題をお伝えいたします。


1.扶養の範囲は、子どもの収入に気をつけましょう
2.最近の相場の動き
3.栗本FPスクールのお知らせ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1.扶養の範囲は子どもの収入に気をつけましょう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



お勤め先から年末調整の書類提出を求められるこの時期は、
扶養の範囲で働く、という話題を意識する人も多いでしょう。



私の子どもがお世話になっているアルバイト先では、
年末に向けて収入を調整するメンバーがいるため、
人員不足で困る、なんていう話も出ていたそうです。


1年間の収入が一定額の範囲だと、
家族の扶養に入ることができ、
税金面や社会保険面でのメリットがあるといわれます。

ここでいうメリットというのは、
税金が安くなることや、
社会保険料が安くなる(あるいは免除となる)ことを指します。


しかしこれは本当にメリットなのでしょうか?



■税金の扶養家族


今回は、税金面での扶養の話です。
(社会保険面は次回取り上げます)


仕事で得た収入には、
決められた計算に基づく所得税や住民税がかかります。


ちなみに、税金は「収入」に対してかかるのではなく、
収入から経費を引いた「所得」に対して課されるので、
この収入と所得をしっかり分けて考えるようにしましょう。


所得税の基本的な仕組みについては、
過去のメルマガで触れていますので、こちらで復習してください。



▼メルマガ第339号
 https://archives.mag2.com/0000216963/20161211140005000.html


この時には次のような話を紹介しました。


(引用、ここから)

例えば、ある夫婦を例にしましょう。

夫も妻もフルタイムで仕事をして、
お互いの年収が300万円とか500万円であれば、
「どちらかが扶養している」という考えにはなりません。

一方で、夫婦の年収に差があったとします。

ここでは1つの例として、
夫の年収が500万円、妻の年収が100万円としましょう。

この場合は「夫が妻を経済的に支えている」
と考えることができるため、
夫の税金を計算する際に「配偶者控除」が適用されます。


では、妻の年収が110万円だったらどうでしょう?

大きな差は無いので、
やはり「夫が妻を経済的に支えている」と言えそうですが、
今の日本の所得税ではそうなっていません。

妻の年収が103万円を超えると、
「配偶者控除」が適用されなくなるのです。


これは一般的に「103万円の壁」などと呼ばれています。


そうなると、
「年収が103万円を超えると損だ」
と考える人がでてきて、

結果として
「働ける環境にあるのに仕事を抑える」
人が出てくるわけです。


(引用、ここまで)


現在は、妻の年収が103万円を超えても、
150万円になるまでは同額の「配偶者特別控除」が適用されるので、
あまり気にしなくてもよくなっているのですが、
とりあえず103万円を基準に考えてみましょう。


金額はあまり気にせず、
考え方だけご理解ください。



■扶養から外れることの経済効果


妻の年収が103万円を超えることで、
所得税がかかることになったとします。


税金の対象となるのは「103万円を超えた部分」ですから、
年収が120万円だとすると17万円です。


課税所得が195万円までの税率は5%ですから、
17万円×5%=8,500円。

住民税は少し計算が異なりますが、
税率は10%ですから、ざっくり17,000円だと考えてください。

結果、25,500円の税金を払うことになります。

ただし、年収は17万円増えてますから、
差額の144,500円は、世帯の手取り収入が増加しているわけです。


なお、妻自身が生命保険や共済の掛金を支払っていると、
「生命保険料控除」を受けられる可能性があります。

加入内容によって控除額は異なりますが、
最大で12万円の所得控除が受けられるので、その分税金も少なくなります。


ちなみに、
夫の合計所得金額(収入ではありません)が1,000万円を超えない限り、
配偶者特別控除の対象となるため、夫側の税額に変化はありません。



ようするに、
扶養から外れることの経済効果は、
税金だけで考える限り、
マイナスではなくプラスになる可能性が高いというわけです。


※勤務先からの家族手当などがなくなるケースがあるので、
 その点だけはご注意ください



■子どものアルバイト代には気を付けましょう


では次に、扶養控除の対象となっている
子どものアルバイト収入も見ておきましょう。

まず、子ども自身の税金の話は、
先ほどの配偶者のケースと一緒なので、
103万円を超えても、働いた分だけ手取りは増える、
という話になります。


繰り返しになりますが、
社会保険の話は別です。


では、子どもを扶養している親の税金はどうなるでしょう?


大学生の子どもを扶養している場合、
「特定扶養親族に対する扶養控除」として、
63万円を所得から差し引くことができます。


例えば、
子どもを扶養に入れている父親の課税所得が300万円だとしましょう。

先ほど、課税所得が195万円までの所得税率は5%と言いましたが、
195万円を超えた部分には10%の税率が適用されます。
(330万円を超えるとさらに税率は上がります)


300万円を195万円までの部分と
195万円を超える部分に分けて計算すると、

195万円×5%=97,500円
105万円×10%=105,000円

となり、
合計202,500円の所得税を支払うことになります。


ここで、この父親に適用されていた、
特定扶養親族に対する扶養控除の63万円がなくなると、
父親の課税所得が63万円増加し、363万円となります。


330万円を超える部分には20%の税率が適用されるので、

195万円×5%=97,500円
135万円×10%=135,000円
33万円×20%=66,000円

となり、
合計298,500円の所得税を支払うことになるため、
先ほどより96,000円税金が増加しました。

もちろん、住民税も増えます。



こうなってくると、
世帯としての手取り収入が増える、とも言い切れなくなります。


ましてや、子どものアルバイト収入は、
家計の収入に計上していないことがほとんどでしょう。


お子さんがアルバイトをするようになった際には、
配偶者の収入よりも、お子さんのアルバイト収入に気を付けたいものです。



なお、話が広がりすぎるので触れませんが、

住宅ローン控除を受けている場合や、
ふるさと納税を活用している場合、
iDeCoなどの掛け金を負担している場合など、


同じ収入でも負担する税金が異なる要素は多くあるので、
人から聞いた話をそのまま受け入れないようにしましょう。



最後になりますが、
「年収」とは1月から12月までの収入を指します。

よくご質問いただくのが

「12月分のお給料が翌年の1月に振り込まれる場合、
 今年の収入に含まれるのですか?」

というお話。


この点については、実は微妙です。


国税庁の公式サイトでは、

「翌年の1月に支給する給与は、
 同日(お給料の支給日)が収入の確定する日となり、
 本年の年末調整の対象とはなりません。」

と書かれていますから、
2018年12月分のお給料が2019年1月に振り込まれる場合、
そのお給料は「2019年の収入」になるのが原則です。

つまり、
2017年12月分~2018年11月分のお給料が「年収」となります。


ただ、最終的な証明は「源泉徴収票の支払金額」となります。

会社によっては「2018年12月分のお給料は2018年の年収に入れる」
という計算をされているケースもあるようで、
この場合は、2018年1月分~12月分のお給料が「年収」となります。

この点はご勤務先への確認が必要のようです。


これを機会に、
税金について考えることをおススメいたします。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 2.最近の相場の動き
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


10月31日⇒11月9日の主な相場指標の動きです。


●株価

日経平均株価:21,920円46銭 ⇒ 22,250円25銭
TOPIX:1,646.12 ⇒ 1,672,98
NYダウ:25,115.76ドル ⇒ 25,989.30ドル
上海総合指数:2,602.78 ⇒ 2,598.87



●為替

米ドル円:112円93銭 ⇒ 114円06銭
ユーロ円:127円78銭 ⇒ 128円22銭
ポンド円:144円22銭 ⇒ 148円98銭
豪ドル円: 79円91銭 ⇒  82円74銭



●その他

原油(NY):64.98ドル ⇒ 59.87ドル
金(NY):1,217.2ドル ⇒ 1,210.3ドル


長期金利:0.121% ⇒ 0.120%

VIX指数:21.23 ⇒ 17.36
Bitcoin:716,523円 ⇒ 727,698円
※ドル建ての標準価格を円換算しています


***



話題となっていたアメリカの中間選挙が終わりました。

上院は共和党が過半数を維持し、
下院は民主党が過半数を取り返すという、
ねじれ状態が生まれたものの、

概ね予想通りと受け止められているようで、
選挙後のアメリカ市場では株価が上昇しています。


ただ、週末(11月9日)の株式市場は、
日米とも大幅な下落となりました。

くすぶり続けている中国経済の減速懸念や、
先日のFOMCの声明を受けたアメリカの利上げ継続への警戒感、
世界的な不安定な貿易、政治情勢等が気にされています。


特に、中国経済については、
トランプ大統領が今後も強硬姿勢を崩さないと見られているため、
予断を許さない状況が続きそうです。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 3.栗本FPスクールのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ配信日である11月11日は、
CFP本試験の1日目が実施されました。


受験されたみなさま、手応えはいかがでしたか?


9月以降に続いていた、
CFP試験対策の講演時によくお聞きしたのが、

「何度も同じ問題で間違えてしまう」

というご感想です。


解説を見たり聞いたりして、
その時は「なるほど」と分かったつもりになっていたのに、
また同じ間違いを犯してしまうのはなぜでしょう?


これについては、
昔からいろいろな対策が語られてきましたが、
ひと言でまとめてしまうと「復習が足りないから」です。


改めて言うまでもなく、
人は忘れる生き物です。


だから、なるべく「忘れにくくする」ことが大切で、
そのために必要なのが復習です。


さらに言うと、
復習は短期間に何度も行うことが大切です。


問題を解いて、わからなかったとします。

そこで解答、解説を見たとします。

「あー、なるほど。そういうことか」
とわかったとします。


…ここで終っていないでしょうか?


この状態は「解答を理解した」だけであって、
問題の解き方を記憶した状態ではないのです。


つまり、解答を見た後、
すぐにもう一度その問題を解くことが大切で、
これが「短期間での復習」の第一歩なのです。


その後も、翌日とか二日後ぐらいに、
もう一度同じ問題を解くようにしてみてください。


私は記憶術の専門家ではありませんが、
こうした繰り返しによって、
短期記憶から長期記憶に落とし込めると、
忘れにくくなるそうです。


来年1月のFP試験までも、
あと2ヶ月と少しになっています。


復習効果を最大限に発揮されることをお祈りしています!




▼栗本FPスクール
 http://fp-school.jp/




------------------------------------------------------
■編集後記
------------------------------------------------------



全国の鉄道事業者等が作成した
歩きスマホ防止のキャンペーンポスターが
話題になっているそうです。


その1つが、

「即レスしなかった程度で失われるものを、
 友情とは呼ばない」

というもの。


確かにその通りだよね、
と多くの方が感じたからこそ、話題になったのでしょう。


用事があるからこそ送られてきたメッセージを、
何日も放置するのはさすがに良くないと思いますが、
即レスを相手に求めるのは違うように感じます。


実際「即レスされると怖く感じる」
という話も、ちょっとした話題になっていましたから、
即レスに対する違和感を感じる人も少なくないようです。



Eメールが登場したころ、
受け取った人が自分の都合の良い時に見られる点が、
電話と違う大きなメリットでした。


それに対して、今のLINEやFBのメッセンジャーは、
相手との関係性やその時の状況によっては、
「読むことを強要されている」印象も受けてしまうため、
距離感の保ち方が難しい面もあるようです。



前書きの中で、
人との関りについて触れましたが、

寂しく感じる気持ちと、
一人の時間や空間を大切にしたい気持ち。

このバランスを取ることと、
通話アプリの距離感を保つことは、
同じように大切なことなのかもしれないですね。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は2018年11月21日を予定しています。




日々の活動は、下記のブログやツイッター、
Facebookでもご覧いただけます。

コメントやお友達申請は、お気軽にどうぞ!

お友達申請の際には、
ひと言でもメッセージを頂けると嬉しいです。


(株)エフピーオアシスのFacebookページにおいても、
活動の様子などをお伝えしています。

 https://www.facebook.com/fpoasis.jp/



▼ FP栗本の幸せ日記
 http://blog.livedoor.jp/kurisuke701/


▼株式会社エフピーオアシス
 http://fpoasis.jp/


------------------------------------------------------
▼講演のご依頼はこちら
 https://www.fpi-j.biz/app/fpoasis/cgi/entry.cgi 
------------------------------------------------------


▼解除/バックナンバーはこちら
 http://archive.mag2.com/0000216963/index.html


====================================================
本メールの内容の複製・転載、および本メールの転送を禁じます。
著作権は株式会社エフピーオアシスに帰属します。
●発行者:株式会社エフピーオアシス
●執筆者:栗本大介
日本FP協会認定CFP、1級FP技能士
==================================================== 

FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/11/11
部数 1,606部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

FP栗本大介の、幸せな家計を築く18のポイント

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/11/11
部数 1,606部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング