総合資料館メールマガジン

総合資料館メールマガジン第255号

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 総合資料館メールマガジン 第255号


       ==========================================
               発行:京都府立総合資料館
              http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ 2016.7.6


総合資料館メールマガジンです。

寺子屋講座のお知らせです!
「学ぼう!江戸の算術~算木(さんぎ)を使ってみよう~」

江戸時代の数学、和算について親しんでみませんか。当館所蔵の和
算書と共に、江戸時代の計算用具である算木(さんぎ)を使っての
計算を体験していただきます。
○日時 平成28年8月4日(木)午前10時~12時
○場所 総合資料館 2階会議室
○対象者及び定員 小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
         20名程度
○申し込み方法
参加者氏名(ふりがな)と学年、保護者氏名(ふりがな)、電話番
号を明記し、はがき、FAX、Eメール(shiryokan-bunken@pref.
kyoto.lg.jp)で総合資料館文献課までお申込みください。
☆受付開始は、7月15日(金)からです。


≫≫目次≪≪

◆お知らせ
◆館外貸し出しのご報告
◆こんな資料が入りました
◆図書・雑誌の所蔵を調べる
◆編集後記


********************************************************

◆ お知らせ ◆

□■□ 7月6日~8月の休館日

7月13日(水)、7月18日(月・祝)
8月10日(水)、8月11日(木・祝)

□■□ 資料紹介コーナー「森の京都~豊かな自然の恵み~」にお
越しください!

昨年度の「海の京都」に続いて、今年度は中部エリア(亀岡市、南丹
市、京丹波町、福知山市、綾部市、京都市右京区京北)において「森
の京都」をテーマとする交流イベントを開催しています。

当館では、これにちなみ、各地域の自然や産業を紹介するとともに、
里山の植物などに関する所蔵資料を紹介します。

会期:(開催中)~9月13日(火)まで(休館日をのぞく)
場所:資料館3階図書閲覧室


□■□ 京都府文化芸術振興課よりお知らせです♪
 
~文化資源や芸術を活用したビジネスプランを募集しています!~

京都・文化ベンチャーコンペティション実行委員会では、
「第10回京都・文化ベンチャーコンペティション」として、
幅広く芸術や文化を対象とした、心豊かでより質の高い生活に寄与
する内容のビジネスプランを募集しています。
京都で活動している方、又は京都で事業を展開する予定の方であれ
ば、個人、グループ、法人、現住所、国籍等は問いません。
京都府知事賞、近畿経済産業局長賞、京都経済界賞、企業・団体賞
多数あります。
また、ビジネスプランを支援する観点から、審査通過者に対して、
専門家によるアドバイスを受けていただく機会を設けます。

 皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております!!

◇ 詳細は、  http://kyotobunka-v.net/
◇ 募集期間 6月1日(水)~9月15日(木)まで(必着) 
◇ 応募方法
   所定の応募申込書に必要事項を記入の上、事務局まで郵送又
   はメールでご応募ください。
◇ 応募・問合せ先 
   京都・文化ベンチャーコンペティション実行委員会事務局
   〒602-8570  京都市上京区下立売通新町西入 京都府文化芸術振興課内
   電  話: 075-414-4219  FAX: 075-414-4223 
   E-mail: info@kyotobunka-v.net

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ 館外貸し出しのご報告 ◆

現在貸し出し中の資料をご紹介します。
ぜひ足をお運びください!

○細見美術館「生誕300年記念 伊藤若冲-京に生きた画家-」
 会 期:6月25日(土)~9月4日(日)
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
 会 場:細見美術館
     (地下鉄「東山駅」2番出口より北へ徒歩約7分)
 入場料:一般1200円

 貸し出し資料
  平安人物誌 明和5年版
  平安人物誌 安永4年版 計2点
  ※前期(7月31日(日)まで)の期間中、展示されます。
                  
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥		

◆ こんな資料が入りました(文献課)◆

■歴史の眠る里わが山科
 飯田道夫著 人間社
 2015.5 (K142||216.2||I26)
 【山科の歴史と民俗について、山科在住の著者が数多くの文献を
  検証・考察してまとめたもの。本文中には随所に文献を引用し
  ており、昔の山科のありのままの姿を知ることができる】

■天に宝を積む アートスペース無門館からアトリエ劇研まで30年
 の歩み
 劇研著 マリアパブリケーションズ
 2015.9 (K1||771.02||G32)
 【左京区下鴨にあるアトリエ劇研とその前身であるアートスペー
  ス無門館の30年間の歩みをまとめたもの。巻末には「これまで
  の歩み」として、行われた公演の一覧を掲載】

■京都府の森林・林業の現状 平成27年版
 京都府農林水産部林務課編刊
 2016.2 (MK0||652.16||Ky6)
 【京都府の森林面積は342,827ヘクタール(平成27年4月1日現在)で
  府域の74%を占める。林産物の生産量、労働者数や賃金、施策
  等について年ごとの推移をグラフで説明した冊子】

■読書世論調査 2016年版
 毎日新聞東京本社広告局
 2016.4 (||019.3||Ma31||'16)
 【毎日新聞社が実施した読書世論調査の結果の分析と解説。読ん
  だ本の冊数、ジャンル、読書習慣などの他、今回の調査では、
  スマートフォンの普及による読書への影響にも着目】

■「華族爵位」請願人名辞典
 松田敬之著 吉川弘文館
 2015.12 (||288.5||Ma74||)
 【戦前の日本には華族制度が存在した。士族・平民から華族昇格
  を目指した人たちもいた。本書は請願文書や日記、新聞などの
  史料から約900人の請願者の実像を紹介する】

■ドラッカー・コレクション珠玉の水墨画 「マネジメントの父」
 が愛した日本の美
 松尾知子編集 美術出版社
 2015.5 (||721.3||D92||)
 【経営学の泰斗として知られるドラッカーは日本美術の研究者で
  もあり、収集家であった。室町時代の水墨画や江戸時代の文人
  画、禅画、仏画などを含むそのコレクションを紹介】

■子供の学習費調査報告書 平成26年度
 文部科学省編 ブルーポップ
 2016.3 (M||373.4||Mo31||'14)
 【平成6年度から隔年で実施する幼稚園から高等学校(全日制)を
  対象とした調査で、学校教育及び学校外活動のために支出した
  経費の実態を取りまとめたもの】

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

==============
 図書・雑誌の所蔵を調べる
==============

図書・雑誌ともに書名や著者名・キーワード等から検索することが
できます。

・簡易検索
http://opacs.pref.kyoto.lg.jp/mylimedio/search/search-input.do

・詳細検索
http://opacs.pref.kyoto.lg.jp/mylimedio/search/search-input.do?
mode=comp&nqid=1

地図などデータの登録されていないものについては検索できません
ので館内のカード目録でお調べください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ 編集後記 ◆

当館の刊行物「総合資料館だより」7月号は7月16日発行です。
楽しみにお待ちください!

********************************************************

このメールマガジンや、京都府立総合資料館へのご意見、ご要望、
またご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

総合資料館メールマガジン
発行:京都府立総合資料館
メ ー ル:mailto:shiryokan-shomu@pref.kyoto.lg.jp
アドレス:http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/

606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-4
TEL(075)723-4831 FAX(075)791-9466

このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用してお届けしています。
ご登録されると、「まぐまぐ!」から「ウィークリーまぐまぐ!」
が配信されます。「ウィークリーまぐまぐ!」の配信を停止した
い場合は、「まぐまぐサイトhttp://www.mag2.com/wmag/ (外部
リンク)」から、ご自分で登録解除をお願いいたします。その場
合でも総合資料館メールマガジンは引き続き配信されます。

登録・解除は下記のアドレスからどうぞ。
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/maga.html

********************************************************

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む