総合資料館メールマガジン

総合資料館メールマガジン第252号


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 総合資料館メールマガジン 第252号


       ==========================================
               発行:京都府立総合資料館
              http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ 2016.5.25

総合資料館メールマガジンです。

資料紹介コーナー「絵本太閤記にみる真田幸村周辺の人々」のお知
らせです!

現在放送中のテレビドラマ「真田丸」にあわせて、『絵本太閤記』
から主人公真田幸村ゆかりの人々を紹介しています。来館の節は、
ぜひお立ち寄りください。

会期:(開催中)~6月7日(火)
場所:資料館3階 図書閲覧室

「資料紹介コーナー」
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/review.html


≫≫目次≪≪

◆お知らせ
◆写真資料から 76
◆こんな資料が入りました
◆図書・雑誌の所蔵を調べる
◆編集後記


********************************************************

◆ お知らせ ◆

□■□ 5月25日~6月の休館日

6月8日(水)

□■□ ホームページの更新をしました!
・「資料紹介コーナー」
・「新総合資料館(仮称)整備に向けて」
・「古典籍・図書37点のデジタル画像が、京の記憶アーカイブで新
  たに利用できるようになりました」

◎新着情報からご覧ください。
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/index.html

□■□ 国際京都学センター開設プレ事業
京都学講座「古代文化の道~海を行き交う人・物・情報~」

○第1回
日時:6月18日(土)13:30~16:00
会場:ウィングス京都イベントホール(無料)
受付:(受付中)~6月3日(金)

応募方法
事前申込制(全席自由)。はがき、FAX、メール、電話でお申込みください。
1通につき2名まで(人数明記)。応募多数の場合抽選。
*申込時確認事項
(必須)氏名、住所、連絡先電話番号、人数
(任意)年齢(○歳代)、性別、メールアドレス

受付(申込先)
府民総合案内・相談センター
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町
TEL:075-411-5000、FAX:075-411-5001
E-mail:411-5000@pref.kyoto.lg.jp

*第2回は9月3日(土)開催予定です。

http://www.pref.kyoto.jp/bunsei/news/20160502-kyotogakukouza-umiikikau.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ 写真資料から 76 ◆

+++++++++++++++++++++++++++++++++
  石井氏の内国勧業博覧会の写真
+++++++++++++++++++++++++++++++++

1895年(明治28)、平安遷都1100年を迎えた京都では、鴨東の岡崎
を会場に第四回内国勧業博覧会が開かれました。1876年(明治9)
生まれの石井行昌氏は、この前年の終わりごろから写真を撮り始め
ています。加茂川橋梁の蒸気機関車の写真、第四回内国勧業博覧会
の建設の写真などが年代のわかる初期のものです。

石井氏の第四回内国勧業博覧会に関係する写真は、建設中のものの
他には、正門の噴水、美術館など8点しか残っていません(石井行
昌撮影写真資料No. 798、799、880、881、885、886、907、908)。
しかし、当時は写真そのものがまだ珍しく、記録写真としても貴重
なものと言えます。

それに対して、1903年(明治36)に大阪で開かれた第五回内国勧業
博覧会の写真は、天王寺会場・堺会場を含めて24点残っています
(石井行昌撮影写真資料No.887~906、909~912)。勧業関係の施
設だけでなく、水族館、台湾館、噴水、娯楽場、売店、イルミネー
ションの夜景、臨時最寄駅(南海鉄道の博覧会門前停車場、関西鉄
道の博覧会駅)などの写真が含まれています。現存する石井氏の写
真は京都で写したものがほとんどで、大阪で撮った写真は例外的な
ものであり、第五回内国博の時は写真撮影に意欲的だったことが窺
えます。

当時の出版物を見ると、第四回内国勧業博覧会の図画記録はほとん
どが木版・石版などの図ですが、第五回の記録は写真によっていま
す。わずか8年のうちに、写真・印刷・出版をとりまく状況は大き
く変化していたといえます。石井氏の写真も、第四回の時のガラス
乾板は手札サイズ、第五回の時のものはカビネサイズで、写真機の
買い替えなども想像されます。歳月とともに写真が手軽なものになっ
てきたのでしょう。

                  *歴史資料課 大塚活美*

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ こんな資料が入りました(文献課)◆

■だいすきっ!南区。マンガ記念誌 南区制60周年記念
 地域力(みなみ力)編・ものづくり企業編・おもてなし編・文化芸
 術編
 南区役所地域力推進室
 2015.3 (K152||318.26||Ky6)
 【昭和30年に下京区から分区して南区が誕生してから60周年を記
  念して作成。南区の魅力を分かりやすく知ってもらうことを目
  的に、誰でも気軽に読んでもらえるようマンガ記念誌を発行】

■きょうと女子シャインズ きょうと女性ロールモデル集 WORKS&
 LIFE
 女子シャインcheers![編] 京都府
 2015.12 (MK0||366.38||Ky6) 
 【京都府働く女性活躍応援事業「女子シャインcheers!」参加者か
  らのメッセージ。仕事や家庭などで具体的な考え方や行動のお
  手本となるロールモデルを紹介している】

■千光寺の版木 (公財)大和文化財保存会援助事業による
 元興寺文化財研究所[編]刊
 2015.3 (||022.31||G19||)
 【千光寺に所蔵される版木に関する報告書。役行者の絵像や祈祷
  札など78点全点の図版を掲載。千光寺は奈良県生駒郡平群町に
  ある真言宗醍醐派の寺院】

■日本近世都市の文書と記憶
 渡辺浩一著 勉誠出版
 2014.10 (||210.5||W46||)
 【近江八幡と播州三木を対比するなどして、近世都市における様
  々な文書のアーカイブ方法を取り上げ、当時の人々の文書管理
  や活用方法を論考】

■速水御舟とその周辺 大正期日本画の俊英たち
 The roots and legacy of Gyoshu Hayami, master of Japanese
 -style painting
 世田谷美術館[ほか]編刊
 c2015 (||721.9||H47||)
 【日本画の革新を目指しながら、40歳で夭折した速水御舟(ぎょ
  しゅう)。没後80年を記念し、御舟とその一門の作家たちの作
  品を紹介】

■海運統計要覧 2015
 日本海運集会所編 日本船主協会
 2016.1 (M||683.05||N71||'15)
 【国内外の船舶、海運市況、輸送活動等の状況及び関連産業の動
  向を簡便に収録した統計・資料集】


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

==============
 図書・雑誌の所蔵を調べる
==============

図書・雑誌ともに書名や著者名・キーワード等から検索することが
できます。

・簡易検索
http://opacs.pref.kyoto.lg.jp/mylimedio/search/search-input.do

・詳細検索
http://opacs.pref.kyoto.lg.jp/mylimedio/search/search-input.do?
mode=comp&nqid=1

地図などデータの登録されていないものについては検索できません
ので館内のカード目録でお調べください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ 編集後記 ◆

たびたびご紹介している「京の記憶アーカイブ」のコンテンツ、
[資料ガイド]をご存知ですか?
普段は、古典籍に触れる機会のない私ですが、ガイドがあることに
よって、資料を身近に感じることができます。なんと言っても、職
員が随時更新していますので、見飽きることがありません!
古典籍や行政文書に親しみがない方にも、ぜひご覧いただきたいコ
ンテンツです。

「京の記憶アーカイブ」http://www.archives.kyoto.jp/

********************************************************

このメールマガジンや、京都府立総合資料館へのご意見、ご要望、
またご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

総合資料館メールマガジン
発行:京都府立総合資料館
メ ー ル:mailto:shiryokan-shomu@pref.kyoto.lg.jp
アドレス:http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/

606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-4
TEL(075)723-4831 FAX(075)791-9466

このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用してお届けしています。
ご登録されると、「まぐまぐ!」から「ウィークリーまぐまぐ!」
が配信されます。「ウィークリーまぐまぐ!」の配信を停止した
い場合は、「まぐまぐサイトhttp://www.mag2.com/wmag/ (外部
リンク)」から、ご自分で登録解除をお願いいたします。その場
合でも総合資料館メールマガジンは引き続き配信されます。

登録・解除は下記のアドレスからどうぞ。
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/maga.html

********************************************************

総合資料館メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2016/09/30
部数 651部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

総合資料館メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2016/09/30
部数 651部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング