現役FPが語るファイナンシャルプランニング

■「現役FPが語るファイナンシャルプランニング」■ 第656号

カテゴリー: 2019年02月22日
____________________________________

          ■ 「現役FPが語るファイナンシャルプランニング」 ■
____________________________________


■あなたの夢を実現する為に、FPオフィスOOKAWAがお手伝いします!■


■初めて、ご覧になる方へ■

 このメ-ルマガジンは、FP事務所を運営・管理している現役FPが、皆さんにとって
 日頃の生活の中で役に立つと思われる情報を、毎週発信しているものです。

 ファイナンシャルプランニングは6分野に大別されますが、下記のように月単位で各々
 の分野に関して皆さんに役立つ情報を述べていきたい、と思っています。

 1月:ライフプランニング、2月:タックスプランニング、3月:年金、4月:不動産、
 5月:リスクと保険、6月:資産運用、7月:ライフプランニング、8月:相続、9月:年金、
 10月:不動産、11月:社会・労働保険、12月:資産運用


■「今日のテーマ:確定申告の手引き」■

 皆さん、こんにちは。FPオフィスのOOKAWAです!

 今月は「タックスプランニング」に関して述べる月ですので、今日は「確定申告の
 手引き」というテーマで述べたいと思います。

 皆さん、もう確定申告書はできましたか?

 作ってる最中だ! → お疲れ様です。肩が凝るでしょう(笑)?

 僕の方は、自分と実家の分を両方作っていますが、ようやく数字が固まり、後は国税庁
 の確定申告書等作成コーナーでデータを登録していくだけです(笑)。

 前置きはそれぐらいにして、述べていきますね。

 所得税の「確定申告」とは、1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得金額
 と、それに対する所得税の金額を計算し、翌年の2月16日から3月15日までの間に確定
 申告書を提出して、事前に源泉徴収された税金や「予定納税」で納めた税金との過不足
 を清算する手続きを言います。

 注)予定納税とは、前年の所得等をもとに計算した予定納税基準額が15万円以上の場合
   に、その年の所得税の一部を事前に納付する制度をいいます。

   ちなみに自営業者の場合は、第1期・第2期そして第3期(確定申告)と3回に分けて
   払いますが、サラリーマンの場合は、毎月給料から引かれていますからね。

 計算方法の大きな流れは、下記の通りです。

 1.まず、昨年1年間の収入を様々な所得毎に集計します。

 2.次に収入から、必要経費(自営業の場合)や給与所得控除(サラリーマンの場合)
   等を差し引いて「所得金額」を算出します。

 3.この所得金額から、所得から差し引かれる金額(所得控除)を差し引いて、「課税
   所得金額」を算出します。

 4.課税所得金額に、税率を掛けて「所得税額」を算出します。

 5.最後にこの所得税額から、税額控除(税金から差し引かれる金額)や源泉所得税・
   予定納税(既に税務署に支払った金額)等を差し引いた金額が今回納めるべき税金
   つまり「申告納税額」です。

 どうです、計算方法自体は、そんなに難しくはないでしょう(笑)?

 よく覚えておいて下さいね!

 サラリーマンの場合は、ほとんどの人が年末調整で清算されますので、確定申告は不要
 ですが、下記に該当する人は必要になります。

 1.給与等の収入が2,000万円を超える人

 2.1ヶ所から給与等を受けている人で、給与所得以外の所得が20万円以上ある人

 3.2ヶ所以上から給与等を受けている人で、従たる給与等所得が20万円以上ある人

 4.退職した時に「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかった人や、多額の
   医療費等を支出して確定申告すれば所得税が還付される人
   → 確定申告は任意ですが、申告すれば税金が還付されます。

   等

 又公的年金等のみの人で年金収入が400万円以上の人は、下記の計算方法で確定申告が
 必要になります。

 1.雑所得金額(年金収入-公的年金等控除)から所得控除を差し引いて、「課税所得
   金額」を算出します。

 2.次に課税所得金額に税率を掛けて「所得税額」を算出します。

 3.最後に所得税額から税額控除等を差し引いて、「申告納税額」を算出します。

 どうです、簡単でしょう?

 もし不明な点があればこの時期、各地の税務署で無料相談会が実施されていますので
 直接税務署へ行って相談されてはどうでしょう?

 親切に教えてくれますし、自分の申告は自分で行なうのが基本ですからね(笑)!

 前回も言いましたが、自分で商売をされている人は、特に「税金は最大のコスト」です
 から、税理士に丸投げするのではなく、よく理解して節税に役立てて下さいね。

 又サラリーマンの人は今は必要なくても、先ほど述べたように定年退職後に年金暮らし
 になれば、確定申告を自分でしなければならなくなりますから、よく理解しておいて
 下さいね。

 今年の確定申告書の提出期限は、3月15日(木)です。

 皆さん、受付はもう始まっていますので、期限までに確定申告書を提出しましょうね!

 提出期限に遅れたり、提出しなかったりしますと、延滞税や加算税等がかかり、余計に
 税金が取られますよ。

 どうです、又肩が凝りましたか(笑)?

 今日は、ここまでです。


■発行者■

 保有資格:1級FP技能士、CFP、1級DCプランナー、宅地建物取引主任者、不動産
        コンサルティングマスター、住宅ローンアドバイザー 等

 このメルマガに関するお問い合わせ・感想、発行者の略歴、FPオフィスOOKAWA
 のサービス内容等が知りたい人は、下記ホームページからメール送付願います!

 → ホームページ ★ http://www.ookawa-fp.com ★ 


■今日のブログ■

 皆さん、こんにちは!

 先日、京都で食べた味噌汁が美味しかったので、今日は「味噌と醤油」の話です。
 味噌は大豆から作られる為、醤油の仲間である事から醤油と味噌の開祖は同一人物で、
 臨済宗の禅僧「覚心(後の法燈国師)」である、と言われています。
 覚心は中国(当時は宋)へ渡り、杭州で修行しましたが、あまりの厳しさに根をあげ、
 典座(寺の厨房で働く事)修行に励みました。
 当時の禅宗では、普通の修行と典座修行は同一と考えられていました。
 そこで覚心は、金山寺で醤油の原型である味噌の作り方をマスターした後、帰国して、
 南紀・由良に興国寺を開き、中国仕込みの味噌・醤油を広めていったとされています。
 又生まれ故郷である信州でも広め、これが「信州味噌」のルーツになったと言われて
 います。
 味噌・醤油、共に何処にでもある何気ない調味料ですが、美味しい醤油・味噌を使った
 料理は、美味しいですよ(笑)!

 今日は、ここまでです。

 ______________________________________________ 

■発行者:FPオフィスOOKAWA HP → ★ http://www.ookawa-fp.com ★
■発行周期:毎週金曜日 、マガジンID:0000203601
■このメールマガジンは、「まぐまぐ!」を利用して、発行しています。
 注)このメールマガジンの掲載内容は、正確に書いてるつもりですが、メルマガの内容
   に関して発生するいかなる損害に対しても、当方では一切の責任を負いかねます
   ので、ご了承下さい。
____________________________________   

現役FPが語るファイナンシャルプランニング

発行周期: ほぼ 週末刊 最新号:  2019/02/22 部数:  86部

ついでに読みたい

現役FPが語るファイナンシャルプランニング

発行周期:  ほぼ 週末刊 最新号:  2019/02/22 部数:  86部

他のメルマガを読む