あなたのブランド力を劇的にアップさせる声と話し方!

『講師業で事業拡大のためのブランディングを目指す』あなたのブランド力を劇的にアップさせる声と話し方

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
『あなたのブランド力を劇的にアップさせる声と話し方!』 
            発行日6月7日
発行者:web-school.tvナレーター・DJ・MC・話し方教室
代表・話し方コンサルタント 羽田 徹(はだとおる)
http://www.doga-school.com
https://ameblo.jp/hada0505/ブログもよろしく!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんにちは。
トップ講師プロデューサーの羽田 徹(はだとおる)です。
http://www.doga-school.com/profile.htm
Facebookページ

間もなく関東も梅雨入りです。
先日娘と行った小田原城のあじさいが綺麗でした。

さて、今回は、「講師業で事業拡大のためのブランディングを目指す」と題してお送りします。

講師業をする目的は様々だと思います。
講師業そのものを本業とする方もいれば、フロントセミナーや集客目的で行う方もいらっしゃるでしょう。
いずれにせよ、講師業でブランディングをするために必要なのは実績作りです。

実績は、年間○○件登壇している!というものもありますが、お客様に取っての信頼は、どこで講師を行っているか?です。
友達の小さな会社で研修をやりましたと言うよりも、もちろん、大手や上場企業での講演や研修実績の方が信頼は増します。
例えば、私は年間100件程度の登壇をしていますが、大手や名の知れた企業様が大半です。
国内のトップ企業や世界のトップ企業でも毎年研修を担当させていただいています。

では、その仕事、自分で営業を掛けて取ってきたのでしょうか?
とてもじゃありませんが、そんな力は私個人にはありません。
しかも、営業に掛ける時間もありません。

講師業を行う上で、自身で営業をしている方もいるでしょう。
しかし、講師自身が営業をするのは、ブランディング上もあまりお勧めできません。
営業の立場だと、先方の要望を聞いたり、価格交渉をされることもあるでしょう。
値切られて登壇している時点で、講師としてのブランドは下がります。
また、事前準備や先方とのやりとりも講師本人が行っていては、雑務に時間が取られて講師本来の仕事ができません。

とにかく、営業行為そのものは、講師業とは全く別物ですし、講師本来の能力を発揮するためには、そこに時間を割いている場合ではありません。
自社で営業をされる場合は、他の営業担当を置くとよいでしょう。
ただし、小さな会社が大手と取引できるかというと、これもまたハードルが高いのが事実です。
実際に直接依頼を受けて研修をやっている講師の方のほとんどは、紹介です。
もちろん、紹介で仕事ができる方は、その手法を取るのも良いでしょう。
ただし、その紹介さえも、実績が無いとなかなか難しいのが現実です。

そこで、私は、日本有数のコンサル会社と提携して仕事を一緒に進めています。
私自身は営業を直接行いません。
コンサル会社や研修会社の営業担当が営業をし、講師としての依頼が来るのです。

もちろん、営業同行で一緒に営業をする場合もあります。
しかし、その際は、私は営業の立場ではなく、講師の立場で先方とお話をします。
講師の立場からだと、会社の課題や問題をズバッと指摘し、研修の効果や内容も講師の立場としてお伝え出来ます。
ある意味、営業担当が伝えるよりも効果的だったりします。

このように、自身は講師としての仕事に専念し、しかも、力があるコンサル会社や研修会社が大手企業との繋がりが元々あった上で講師の仕事を依頼してくれますので、自動的に大手企業での講師経験の実績が積めるわけです。

また、コンサル会社や研修会社にも大きく分けて、下記2つのタイプがあると思ってください。

1.自社コンテンツがあり、自社コンテンツの講師を求めている会社
こちらは、自社でしっかりとしたプログラムがラインナップとして揃っており、そのプログラムを使って講師をする方を求めている会社です。

2.コンテンツは講師に依存し、営業の代行をしてくれる会社
こちらは、コンテンツ自体も講師に依存し、たくさんの講師を抱えて先方の要望にあった講師を派遣する営業代行の会社です。

1.2.の使い分けは、自身がコンテンツ制作が得意だったり、独自のコンテンツを持ってるか否かによって決めるとよいでしょう。
1.のメリットは、講師としてのパフォーマンスに専念できることです。コンテンツ制作も非常に時間も労力も掛かりますが、その時間も取られません。
デメリットは、その分、講師フィーは2.よりも安くなります。

2.のメリットは、自身のコンテンツを展開できるのと、フィーも1.より高めになることです。デメリットは、自身のコンテンツのため、営業活動にも協力が必要だったり、先方の要望によりカスタマイズや変更が生じたときなど、コンテンツの制作にも時間が掛かってしまうことです。

ご自身の得意、不得意によって、使い分けるとよいと思います。
また、会社によっては1.2.を併せたような手法をとっている会社もあります。

こういった会社と業務提携や講師契約することで、講師としてのクオリティが高ければ、しっかりと実績を積むことができます。
また、実績が実績を呼び、依頼が年を追うごとに増えていきます。
研修を頼む側からすると、その講師のクオリティを図る尺度は、まずは実績です。

大手がなぜ、高い金額で研修を受注できるかというと、その実績が裏付けとしてあるからです。
実際に、同じ講師が研修をしても、企業が支払う研修代金は、個人で請け負うのと、大手が請け負うのとでは数倍の違いが出ます。
同講師でもこれだけの差が出るのはなぜか?
それは、完全に「信頼」の差だと思ってください。

小さなベンチャー企業が知り合いに、知り合い価格で研修を頼んで失敗しても、それほど大きなリスクはありません。
しかし、大手だとそうはいきません。
影響力が全く違います。
だから、その信頼に対して大きなお金を払うわけです。

大手での実績をしっかり作れば、講師としてのブランドもアップしますし、ご自身でセミナーや講師をされている方も、信頼に繋がり自身の事業にも還元されます。
もちろん自身で営業をして取った仕事の方が単価はよいかもしれません。
しかし、実績が無い講師に依頼が殺到することはありません。
まずは、しっかりと実績を作ることが講師としての格を上げ、結果、自身の単価アップにもつながります。

次回は、『意外と知られていない講師にとって大切な技術は?』と題して、講師としてリピートが殺到するために実は知られていない大切な技術について紐解いていきたいと思います。

講師を目指している人は勿論、士業やコンサルタント、コーチ、起業家など、先生業をされているかたは必見です。
是非、連載も楽しみにしていてください。

↓

テレアポ職人竹野さんとのコラボDVD好評発売中!

テレアポできない新人が増えてます。

テレアポの恐怖から逃れたいならこちら!

テレアポ必勝法!話し方の極意DVD
→https://www.telapo.com/study/talking_dvd.html


Amazonランキング スピーチ・話し方第一位!

ビジネスパーソンとしての話し方の基礎を学ぶ。恥を書く前に読もう!

ビジネスマンのためのスピーチ上手になれる本
→http://amzn.asia/gcGnHOW

FACEBOOKもやっています!友達申請してください。

羽田徹FACEBOOKページ
→https://www.facebook.com/topkoushi/

話し方動画教室オンライン

社会人のための話し方が学べる動画講座
→http://www.doga-school.com/member.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
『あなたのブランド力を劇的にアップさせる声と話し方!』

発行者:株式会社web-school.tv 
代表取締役 羽田 徹(はだとおる)
「話し方動画教室オンライン」
http://www.doga-school.com
https://ameblo.jp/hada0505/ ブログもよろしく!
FACEBOOKも羽田徹で検索!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

登録と解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000201726.html

あなたのブランド力を劇的にアップさせる声と話し方!

発行周期: 気まぐれに発行します。 最新号:  2018/09/18 部数:  2,313部

ついでに読みたい

あなたのブランド力を劇的にアップさせる声と話し方!

発行周期:  気まぐれに発行します。 最新号:  2018/09/18 部数:  2,313部

他のメルマガを読む