地球ことば村メールマガジン

地球ことば村メールマガジン

カテゴリー: 2018年12月23日
 KOTOBA/ITAK/MAL/KHEL/LOGOS/LINGUA/BAHASA/YUYAN/SPRACHE/ZAGA
        地球ことば村 メールマガジン
        2018年12月23日発行  第101号
 LANGUE/PAROLE/LENGUAJE/KAYYIG/NGONNGU/PAHSAH/MOLO/PALABRA
----------------------------------------------------------------
 “ことばの花 咲きみだれる 地球へ”― NPO法人地球ことば村・
 世界言語博物館は、“ことばで人を結ぶ”をキーワードに、世界や日本
 のことばの豊かさを伝える活動をしています。
----------------------------------------------------------------
12月15日にことば村は15周年を迎えました。子どもなら高校生にもな
ろうという年齢ですので、それなりに長い期間、活動を続けてこられた
ということです。これまで沢山のかたに、活動へご協力・ご参加いただ
いたり、関心を持っていただき心より感謝しております。16年目も毎月
のサロンなどを中心に様々な活動を展開していきます。どうぞよろしく
お願いいたします。
================================================================

【目次】
◆ イベントのご案内
 ◇ 2019年1月のことばのサロン「アマゾン先住民・ことばの邂逅(仮)」
 ◇ 2019年2月のことばのサロン「言語学者のニューカレドニア(仮)」
◆ 今月の1冊!
 ◇ 国分拓『ノモレ』
◆「世界言語博物館」最新記事!
 ◇ 世界の文字 書写材料「白樺」
 ◇ ことわざの世界 (20)好きこそ物の上手なれ
◆ 関連情報
 ◇ ことわざに関する新著『ことわざを知る辞典』
◆ Amazonでのお買い物で出来ることば村支援!

================================================================
◆ イベントのご案内 ◆
◇ 2019年1月のことばのサロン
 「アマゾン先住民・ことばの邂逅(仮)」◇
----------------------------------------------------------------

 1月12日(土)に新年最初のサロンを開催します。

 講師の国分拓先生は「隔絶された人々 イゾラド」、「ボブ・ディラン 
ノーベル賞詩人 魔法の言葉」など、NHKスペシャルの名作を手がけたデ
ィレクターです。また、ノンフィクション『ヤノマミ』や『ノモレ』の
作家としても活躍されています。

 1月のサロンでは、ご著書『ノモレ』に描かれたアマゾンの先住民たち、
その生き別れの歴史とことばによる邂逅をお話しいただきます。

 たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています!

日時:1月12日(土)14時~16時30分
話題提供:国分拓先生(NHKディレクター)
会場:慶應義塾大学三田キャンパス西校舎514教室
(JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
アクセス・キャンパスマップ↓
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

参加費:無料
お申込み:不要。直接会場へ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム


----------------------------------------------------------------
◇ 2019年2月のことばのサロン「言語学者のニューカレドニア(仮)」 ◇
----------------------------------------------------------------

 2月16日(土)にことばのサロンを開催します!

 今年8月に『言語学者のニューカレドニアーメラネシア先住民と暮ら
して』を上梓された大角翠先生が、その新著にそってフィールドで未知
の言語をどのように調査するのか、その難しさや醍醐味についてお話し
くださいます。先住民との生活のエピソードも楽しみです。

 たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています!

日時:2月16日(土)14時~16時30分
話題提供:大角翠先生(東京女子大学名誉教授)
会場:東京女子大学同窓会館1階ラウンジ
(JR西荻窪駅より徒歩またはバス、吉祥寺駅よりバス、西武新宿線上石
 神井駅よりバス)
交通アクセス↓
http://www.twcu.ac.jp/univ/access/

参加費:無料
お申込み:不要。直接会場へ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム


================================================================
◆ 今月の1冊!◆
◇ 国分拓『ノモレ』(新潮社、2018年)◇
----------------------------------------------------------------

 ブラジルの奥地や、アマゾン川の上流のペルーなどには文明と接触し
たことのない人間がまだ地球上に存在する。先日もテレビでその映像を
見た。裸で手に槍だけをもっていた。

 南米大陸に西欧人がやって来てから五百年、もはや、文明社会がアマ
ゾンの奥地まで膨張している。先住民の多くは文明と接触し、電気や水
道はないにしても、衣服を着、鉄器をしっている。そうしたなかで、ア
マゾンの奥地には裸で弓矢をもった石器時代の人類が残っているという
のだ。

 南米では、十字架を持った神父がまずやって来て、次に銃を持った軍
隊がやってきた。軍隊が去った後は、ゴムや金を狙った荒くれ者が侵入
した。先住民の多くは、文明に圧倒され、文明を受け入れていった。ア
マゾンでは、文明と接触したばかりの先住民が鉄器を知った場合、その
利便性に驚き、すぐに生活に欠かせないものになるのが常だった。そし
て、鉄器をしらない未開の先住民を滅ぼしていった。そして、一万年以
上続いてきた自給自足の暮らしは終わった。

 先住民はいくつかの部族に分かれていて、言語の異なる場合が多い。
あるとき、先住民族のひとつイネ族が、文明と接触のない先住民に出会
った。彼らの言葉が自分たちの言葉と、単語も抑揚も喋り口も、とても
よく似ていたのだ。先住民は知らない部族の人に会った場合、ことばが
通じればノモレ(友だち、兄弟)として敵対することをやめるという。

 言葉というものは不思議なものだ。言葉が通じれば、先住民の世界で
は弓矢をおろし、通じなければ弓矢を相手に向け続けるのだ。

 言語が近いということは数百年前、二つの部族は同じ仲間であった可
能性がある。彼らは曽祖父たちが生き別れた仲間(ノモレ)だ。その子
孫たちと、數百年ぶりに再会を果たすことができたのだ。

 この物語は文字化されることもなかった未開の先住民のことばによっ
て、人類の文明の歴史が見えてくるという、現代のメルヘンである。こ
とばは文明より以前からあった。

 西欧から初めてスペイン人やポルトガル人がやって来た五百年前、ブ
ラジルには少なく見積っても、数百万の先住民がいたとされている。そ
の人口は五百年で二十万人まで減った。実に人口の九十%以上が失われ
たことになる。文明は銃を持ち込み、免疫性のない未開社会に病原菌を
持ち込む。先に文明化した先住民が、遅れて文明化した先住民を殺戮す
る。二十世紀の百年間で絶滅した先住民の部族はブラジル国内だけで五
十八を数えるという。

 この本はNHKスペシャル「大アマゾン―最後の秘境」の取材をもとに
書かれたものである。(小林昭美)


★ 著者の国分拓先生には1月のことばのサロンでお話しいただきます。


================================================================
◆「世界言語博物館」最新記事! ◆
◇ 世界の文字 書写材料「白樺」◇
----------------------------------------------------------------

 ことば村会員の稲垣徹氏が寄稿してくださっている「世界の文字」で
新しいシリーズが始まりました。文字は様々なものに書かれてきました
が、文字が書かれた材料(書写材料)を紹介するシリーズです。

 まずは樹皮紙「白樺」です。

「白樺」↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_material_1.html

 また、「ドイツ文字」「グラゴル文字」「ギリシア文字」に新しく画像が
載るなど、より美しいページになっています。

「ドイツ文字」↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_europa_4.html
「グラゴル文字」↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_europa_6.html
「ギリシア文字」↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_europa_7.html

 世界各地の多彩な文字が豊富な画像とともに紹介されている「世界の
文字」で、奥深い文字の世界をぜひお楽しみください!

「世界の文字」の目次はこちら↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/writing_systems.html


----------------------------------------------------------------
◇ ことわざの世界 (20)好きこそ物の上手なれ ◇
----------------------------------------------------------------

 世界言語博物館「ことばと暮らし」の連載「ことわざの世界」が更新
されました。ことわざ学会代表理事の北村孝一先生の寄稿です。

 今回は、「好きこそ物の上手なれ」です。

「ことわざの世界」はこちら↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/life100518.html


================================================================
◆ 関連情報 ◆
◇ ことわざに関する新著『ことわざを知る辞典』◇
----------------------------------------------------------------

 ことわざ学会代表理事の北村孝一先生の新著『ことわざを知る辞典』
(北村孝一編、小学館)が刊行されました。

 「ああ言えばこう言う」から「笑う門には福来たる」まで、1500のこ
とわざ解説や文学作品などの用例、さらに「ユーモアと笑い」などの10
編のコラムが載っています。読み物としても面白そうです。

詳しくはこちら↓
https://www.shogakukan.co.jp/books/09504183
試し読みはこちらから↓
http://shogakukan.tameshiyo.me/9784095041834


================================================================
◆ Amazonでのお買い物で出来ることば村支援! ◆
----------------------------------------------------------------

 Amazonでのお買い物で、ことば村の活動を支援していただけます!

 Amazonで書籍などを購入される際に、ことば村サイト・トップペー
ジの右側に設置されているAmazonの検索ボックスから商品を検索し、購
入されますと、代金の3%程度がことば村に還元されます。

 ことば村サイトで紹介している書籍でなくても、すべての商品がご支
援の対象になります。Amazonでのお買い物を通して、ぜひことば村の活
動をご支援ください。よろしくお願いします!

ことば村サイト・トップページ↓
http://www.chikyukotobamura.org/home.html


================================================================
★ 地球ことば村 Facebook & Twitter ★
ことば村の最新情報やことばに関連する情報をお知らせしています!
Facebook → http://www.facebook.com/chikyukotobamura
Twitter → https://twitter.com/kotobamura

================================================================
★ 会員募集中 ★
地球ことば村では会員として活動にご参加、ご協力いただき、財政面で
も支えてくださる方をお待ちしています。地球ことば村に興味はあるけ
れど、いきなり会員には・・・という方のボランティアとしてのご参加、
ご協力も大歓迎です。ぜひ一緒に地球ことば村を盛り上げていきましょ
う!詳しくは下記ページをご覧ください。
→ http://www.chikyukotobamura.org/boshu/boshu.html

================================================================
★ 原稿募集中 ★
ことば村メールマガジンの「今月の1冊!」、「ことば村 cinema」に寄稿
してみませんか?おすすめの本や映画のご紹介をお待ちしています!
詳細はことば村事務局までお問い合わせください。
(e-mail: info@chikyukotobamura.org / tel: 03-5798-2828)

================================================================
★ 投稿募集中 ★
ことば村サイトでは、会員の皆さまからの投稿を募集しています!
会員投稿ページ「みんなでワイワイ・世界のことば」投稿規定↓
http://www.chikyukotobamura.org/muse/life_kitei.html

================================================================
★ バイリンガル絵本『日本の童話』
 (ポルトガル語版/英語版/スペイン語版)★
地球ことば村が刊行している日本語と外国語のバイリンガル絵本のシリ
ーズ『日本の童話』。外国にルーツをもつ子どもたちの母語教育、日本語
学習などに役立てていただけます。「おむすびころりん」から「注文の多
い料理店」まで7つの物語を収録。教育や国際交流に携わる機関・団体・
個人の皆さまには無償でお分けしています(送料は着払いでお願いして
います)。ご希望の言語、冊数を明記の上、地球ことば村事務局
( info@chikyukotobamura.org )までお申込みください。詳しくはこち
ら → http://www.chikyukotobamura.org/welcome/publication.html#1

================================================================
★ 「もっと知りたい人のために おすすめの本」のページ ★
ことば村サイトの「もっと知りたい人のために おすすめの本」のペー
ジでは、メルマガの書評「今月の1冊!」で取り上げた本をはじめ、こ
とばや文化に関連する多数の書籍が紹介されています。ご興味のある1
冊と出会いに、ぜひチェックしてみてください。本のタイトルのリンク
をクリックし、リンク先のAmazonのページからご購入されると、ことば
村へのご支援になります。
→ http://www.chikyukotobamura.org/muse/book.html

================================================================
★ 関連情報募集中 ★
ことば村メールマガジンでは皆さまからの情報を募集しています。こと
ばに関するおすすめの本やサイト、催しなどの情報をお持ちの方は、ぜ
ひことば村事務局(e-mail: info@chikyukotobamura.org )までお寄せ
ください。当方で編集の上、メルマガ上で共有いたします!

================================================================
NPO(特定非営利活動)法人「地球ことば村・世界言語博物館」
URL: http://www.chikyukotobamura.org/
〒153-0043 東京都目黒区東山2-9-24-5F
e-mail: info@chikyukotobamura.org
----------------------------------------------------------------
「地球ことば村・世界言語博物館」では、皆さまからのご意見やご感想
をお待ちしています。
----------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは「まぐまぐ」を利用してお届けしています。
 登録・解除はこちらから→http://www.mag2.com/m/0000199577.html
 バックナンバーはこちら→http://archives.mag2.com/0000199577/
 当メールマガジン中の記事の無断転載を禁じます。記事の使用をご希
 望の際は info@chikyukotobamura.org までお問い合わせください。
 ◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇---◇

地球ことば村メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/23 部数:  294部

ついでに読みたい

地球ことば村メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/23 部数:  294部

他のメルマガを読む