ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り2018年03月09日号」


ひろえのキャズ便り2018年03月09日号です。
 
 せわしなく瞬く切れかけの蛍光灯と、光源を写すべく向けられたカメラ、そし
て耳障りなグロー球の音。肝心の像が奥へ回り込まないと見えないのが気になり
ながら(スクリーンは入り口側に背を向けて置かれている)、とりあえず手前に
ある展示台に目をやると、観光地のお土産にありがちなスノードームが二つ、な
かには広島の原爆ドームと長崎の大浦天主堂……とくれば、その作品名「Critical 
Point(臨界点)」から察するに、まずは核融合とか核分裂みたいなものを連想
するのがお約束かと思われた、小島久弥展『お化けの正体(True colors of ghost)』。
なぜ「お化け」なのか?も気になるところだが、臨界点があらわれるときの物質
の変化も、ある意味、化けることであるとまずは理解しておきたいと思う。
 臨界点といえば、身近なところではロウや水にも見られたりする、物質が三様
態の間をまたぎ越すところに現れる結節点。そして、そのあるやなしやの瞬間に
形を与えるべく、30年あまりにわたって制作を続けてきた小島さん。このたびは、
なぜかリアルな物質の変化を体感できる作品がなく、小島初体験としては心もと
ないのだが(ドライアイスを用いた作品「Critical Point」は映像記録を中心に
展示)、ともあれ、展覧会タイトルは「お化けの正体」なのだし、小島さんが追
い求めてきた「臨界点」とは、おそらく、魔が差すようにしのび込むふとした気
配、あるいはこころのざわつきみたいなものではないかとあたりをつけてみた。
たとえば、「もしかして、幽霊?!」と言いたくなるようなゾクッとする瞬間が
あって、その境目のところからしか見えない「どこからでもない眺め」みたいな
ものがあるのではないか……と一般化を試みるも、正直、他人と共有しがたい体
験ではある。そして、小島さん自身も、臨界的状況に魅力を感じるようになった
始まりを遡ると、「台風の夜の記憶に辿り着く」と語ったりしている。小島さん
曰く、「雨戸をたたく強い風、いたるところが雨漏りした我家では、コップやタ
ライも追いつかず。畳が上げられ縁の下が現れた。そしてついには停電。そんな
ときボクはいつもロウソク係だった」。暗闇のなか、ロウソクの火だけを頼りに
ロウソクを立てる……そんな、正真正銘の非常事態にあっても、久弥少年は冷静
沈着だったようだ。「裏返したビールの王冠にロウを垂らし、そっと立てる。早
すぎても遅すぎても上手くは立たない……」。自分自身の輪郭もおぼつかないな
か、息を凝らして見つめたロウソクの炎。そんな状況から察するに、ロウが形を
変えていくことはもとより、それがそのように「在ること」さえ不思議に思えて
くる瞬間があっても、それこそ不思議ではないだろう。実存的な問いの始まりと
いってしまえばそれまでなのだが、大人になる過程でだれもが乗り越えてくるな
にものかという意味で、これもまた、ひとそれぞれの記憶のなかにある臨界点で
はないかと思われる(以上、引用は作家ホームページのプロフィールより)。
 そして、この人間の成長過程にある臨界点に立ち、奇妙に安定した臨界状況的
なものを視覚化しているのが、本展のもうひとつの作品群「Thanks mom!自画自
参」。このシリーズは、小島さんのお母さんが保管していたという、彼が6、7歳
のころに描いた絵に、大人になった小島さんが描き加え、新たな作品として提示
しているもの。子どものころ目に映っていた世界が、いわば大人になった小島さ
んに見える世界に接続されているわけだが、断絶がありつつ同じ地平にあるその
絶妙な均衡は、地に足がついたままエアーポケットに放り込まれたような、奇妙
な浮遊感を体感させてくれる。見たいものが見たいように描かれた子どもの絵は、
ときに残酷だったりもするのだが(たとえば、親をなくした子ゾウの楽しげな歩
みが描かれた『ぞうのゆめ』)、逆に大人のまなざしは、その自由奔放さを手な
ずけたところにあることがよくわかる。理解の範囲内にあるものだけが存在を許
される暗黙のルールは、安心感であると同時に息苦しさでもあると思うのだが、
そうやって輪郭を与えられているのが社会だったり、ざっくり「世界」と呼ばれ
たりしているものなのかもしれない。
 最後に、冒頭で裏側だけたどった切れかけの蛍光灯の作品に戻っておきたいの
だが、まず、そこに唐突な印象で置かれていたスノードームは、1945年に米国ニュー
メキシコ州で行われた、核実験の成功を記す写真のイメージに似ていることから、
作品に登場するに至ったものだという。一方、スクリーンには、カメラが撮影し
続ける切れかけの蛍光灯の明滅が投影されており、レンズが必死で露光を合わせ
ようとするさまは、断末魔の叫びこそともなわないものの、夜空に浮かんだ巨大
なひとつ目の化け物が、断続的に強烈な光を放ち続けているようにも見える。私
自身はどうしてもミサイルとか空襲とか(スクリーンには大阪のまちに見立てた
影が映っている)を連想してしまうのだが、この光は見ようによっては美しくも
あり、直接見てはいけない(実際のところ、かなりまぶしい)ところに聖性を感
じる見方もあるように思う。そんなわけで、良きものと悪しきものの境目が、歴
史的文脈のあるなしで無効になってしまうのを目の当たりにしている気がするの
だが、この作品が「Critical Point(臨界点)」であることの意味は、このあた
りにあるのかもしれないと思ったりもする。
 思うに、それそのものを見ることはかなわない臨界点を、力業で視覚化しよう
とするところがある小島作品。大切なものは目に見えないのかもしれないけれど、
気配でしかない幽霊を色付けしてでも見たいと思うのが、人間という動物なのか
もしれない。

__展覧会のご案内________________________________________________________

-お化けの正体- 小島久弥展
キュレーション:天野一夫(美術評論家)

http://cas.or.jp/2018/KOJIMA/index.html

■会期 2018年2月17日(土)-3月10日(土) 14:00-19:00 月・木休み

アーティストトーク:3月10日(土)16:00~ (参加費¥500)
 聞き手:天野一夫(美術評論家)

__次の展覧会のご案内____________________________________________________

CAS ACTION COMMITTEE
Scores 金沢健一 (彫刻) + 浦 裕幸 (音楽)

http://cas.or.jp/2018/KANAZAWA/index.html

■会期 2018年4月7日(土)~4月21日(土) 14:00-19:00 月・木休み

    オープニングレセプション:4月7日(土)17:00~¥500(1ドリンク付き)
    パフォーマンス/トーク 金沢健一/浦裕幸:4月21日(土)16:00~(参加費¥500)

------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号 
A.I.R.1963 3階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

 

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 106部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 106部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング