ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り2017年07月21日号」


ひろえのキャズ便り2017年07月21日号です。

 キャズではこのたびが3回目のキュレーションとなる、長谷川新氏による展覧
会『やわらかな脊椎』。長谷川氏というと、なぜかキャズでは二人展ということ
になっていて、2013年の『ハルトシュラ』(Jimin Chun /川村元紀)をふ
りだしに、2015年の『躱(かわ)す』(椎原保/谷中佑輔)、そして、今回
の大寺俊紀/乙うたろう(前光太郎)と、いずれも、にわかには共通点を見出し
にくい二人が、それぞれに個展をするというスタイルが恒例になっている。長谷
川氏いわく、「今のところ(単独の)個展をするつもりはない」とのことで、作
家(あるいは作品)選択以上に、戦略としての二人展(?)といった意味合いが
あるのかもしれない。もっとも、さしあたって気になるのは「西洋の絵は脊椎動
物であるが、日本の洋画は軟体動物である。骨格がない」(外山卯三郎)を受け
ての本展のキーワード、「やわらかな脊椎」。というわけで、ともあれ、大寺/
乙うたろう両氏の作品をたどってみたいと思う。
 まずは、今年77歳、50年以上にわたり一貫して幾何学抽象画を制作し続け
てきた大寺氏の場合。彼が画業をはじめた1960年代というと、SFでしかな
かった宇宙開発が現実のものとなり、新幹線の開通、ジェット旅客機の誕生……
といった具合に、科学がまだバラ色の夢を見ることができたころ。大寺氏が最初
期から描いてきた無機的なモチーフの規則的な繰り返しは、そんな時代の空気そ
のものでもあるようだ。その後、新しさが次の新しさによって更新されていくと
いう、移り気なアートシーンの流行りすたりをものともせず、ひたすら幾何学抽
象に取り組み続けた大寺氏。そんな彼が、40歳代なかばで「聖書を読みなさい」
という神の声を聞いた途端に描けなくなったというのだから、神の啓示とは、と
きに雷でも落ちるような衝撃、あるいは徹底的な内省をうながすものらしい。もっ
とも、この神の一撃以上にすごいのは、「神さまはこの世に必要のないものをお
創りにはならない」という、大寺氏に訪れた思考の大転換かもしれない。そうし
ていったんは全否定した自身の画業を違う仕方で肯定するにいたり、ふたたび絵
筆をとってからは、「神さまに喜んでいただける作品を作り続けている」のだと
いう。そんな経緯のもと、かつての彼の幾何学抽象的な表現の上に、神による創
造の物語が描き込まれるようにもなり今日にいたっている。ちなみに、近年の彼
の作品には、いわば抽象と具象とが接続されたようなものもあり、たとえば、水
や植物の創造が描かれたものは、無機的なフィールドに有機物が現れたような、
植物工場に育つレタスといった印象を個人的には受けた。もっとも、このあたり
の近作については、信仰のあるなしで見え方が違ってくるはず。そういう意味で
は、もはや美術作品というカテゴリーにおさまり切れないところがあるのかもし
れないが、少なくとも、今日の宗教画の一スタイルであることはたしかだと思わ
れる。
 一方、1994年生まれ、昨年、美術系の大学を卒業したばかりという、乙う
たろう氏。いわゆる萌え系マンガ(風?)のキャラクターを、3次元に落とし込
むのではなく壺の表面に描き、2次元でも3次元でもない存在、「つぼ美」に仕
立てる作家である。壺の上で著しくバランスをそこなわれたキャラクターの顔が、
ある位置に立ってながめた途端、本来の形相でもって正しく見えはじめるという
独特の緊張感。われわれの視覚認識が、まずは二次元的であることを否応なく突
き付けてくるその作品体験のルーツは、彼自身が10代のころに早くも見舞われ
たという、底なし沼をのぞき込むような出来事にあるんだといい、しかもそれは、
ごく日常的な場面で不意に訪れたものだったという。いつだったか、なんだか気
持ちが通じない父親と歩いたその夜道の、あまりの手応えのなさがもたらした、
茫漠とした不安。そうして、いつしか妙に現実感のない気分におそわれた始めた
彼の目に、世界がいきなり薄っぺらい書割みたいに映りはじめたんだという。も
しかすると、目の前の風景の向こう側にはなにも存在せず、ただ無が広がってい
るのではなかろうかと……。そんな離人症を思わせる彼の個人的な体験が、あま
りにのめり込み過ぎた石膏デッサンの副作用(?)だったかどうかは知る由もな
いのだが、表も裏も側面もある物体を平面に落とし込む作業に没頭しているとき
の、自分がいつのまにか聖なるモノに仕えているような不思議な感覚もまた、彼
の制作の原点にあるとは乙うたろう氏自身の弁でもある。
 こうして、二人の作品、およびそれぞれの核の部分にあると思われるエピソー
ドをたどってみると、西洋美術史を貫く信仰や宗教と呼ばれるもの、外山が語っ
たように動物の脊椎にあたるものがないというよりは、脊椎そのものが別の仕方
で、つまり、長谷川氏がいうところの「やわらかな脊椎」として存在するケース
もあることを確かめたような、そんな気分になってくる。あるいは、牧師として
の大寺氏の実践を、神が語る理想(2次元的認識?)と、この世に有限な存在と
して生きる人間(3次元的存在?)との間に立つことだと捉えると、2次元と3
次元を行ったり来たりしながら制作する乙うたろう氏との類似性もみえてくるだ
ろうか。もっとも、そもそも現代美術には、失われた神と人間との間を取り持つ
ようなところがある、といってしまえばそれまでなのだが……。なにはともあれ、
新旧をともに取り上げることで、やわらかな脊椎の系譜みたいなものが浮かび上
がってきたのであれば、たかが二人展、されど二人展ということなのかもしれな
い。

___展覧会のご案内_______________________________________________________

大寺俊紀+乙うたろう「やわらかな脊椎」

キュレーション:長谷川新 (インディペンデントキュレーター)
協力:土方大(インストーラー)

http://cas.or.jp/2017/Sekitsui/index.html

■会期 2017年7月1日(土)~7月22日(土) 14:00-19:00 火・水休み

●クロージングトーク 黒嵜想(映像批評家)、長谷川新:7月22日(土) 16:00~ ¥500
________________________________________________________________________

特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号
A.I.R.1963 3階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail mailto:info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/21
部数 106部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/21
部数 106部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング