ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り2016年9月8日号」


ひろえのキャズ便り2016年9月8日号です。

 赤、白、黄と色とりどりの作品たちが、絵具箱のチューブよろしく各々の色を
主張しているような、そんな印象の明楽和記展。たとえば、みるひとをまず出迎
えてくれる『6色』と題する展示では、色も形も素材もそれぞれ異なる作品たち
が、壁には白、緑は床置き、天井近くには黄とバランスよく配置されていて、ま
ずはみるひとを心地よく楽しませてくれる、にぎわいのある空間がひろがってい
ます。
 もっとも、そんなまっとうな印象にもかかわらず、多くのひとがほどなく何か
がおかしいことに気づくんですね。「ん?!この真っ赤な毛沢東ってアンディ・
ウォーホルの作品じゃなかったっけ……?」。かくして、展示されている作品そ
のものは、すべて作家自身が借りるか購入するかして集めたものであることが判
明するわけですが、そうすると鑑賞者は、否応なくなにかがねじれた空間に迷い
込むことになります。明楽自身の作品はなく、というか形あるものとしては存在
せず、ホワイトキューブに「置く」という行為を、ストイックに、あるいは純粋
にとり行ったことが彼の仕事であり作品である……発注したり既製品を使ったり
なんてことはあたりまえの現代美術の世界でも、これはウルトラ級の離れワザか
もしれません。その一方で、『6色』『12色』といった作品タイトルにそって
選んだ作品を展示することで、白いキャンバスに「描く」行為を、色を置くこと
に還元してみせたとも言えそうで、描けないことを逆手にとって(?)、あるい
は、なにもかも描き尽されてしまった「終わりのはじまり」みたいな諦めがある
のかどうかはわかりませんが、正統な美術の制度というか文脈をふみはずしてい
るわけではないあたり、たんなる奇をてらったパフォーマンスというわけではな
さそうです。
 思えば学生時代、電動の犬のぬいぐるみに硯(すずり)の周りを歩かせて、自
身が制御不能なところで和紙に残された墨の軌跡を作品にしていた明楽和記。今
回は本展のキュレーターが彼の指示のもとで描いた『24色』なんて作品もあっ
たりなんかして、彼にかかったらキュレーターもぬいぐるみ扱い(!?)という
か、作品を批評する立場さえ、まずはその特権をリセットしてしまう徹底ぶりに
は、アートをめぐる共同幻想的なものへの冷徹なまなざしを感じさせるものがあ
ります。人工知能が巨匠になりかわり新作を発表なんてことも夢ではなくなりつ
つある昨今、それでもひとにしかできないアートがあり得るとしたら、それはも
うアートそのものに疑問を投げかけ、問い続けることでしかない―そう思い定め
たのかどうかはわかりませんが、明楽和記のふるまいには、あくまでも「『ある』
ことがあって、なぜ『ない』ことがないのか?」みたいなところに立ち戻って考
えようとする、不器用な哲学者の愛すべき生真面目さに通じるものがあるように
思うんですね。あるいは、わたしたちが自明として生きているこの世界を、とき
には生まれたてのまなざしで眺める素朴さを失わないためのアート(?)みたい
な……。いっけんあまのじゃく的にも思われる明楽展ですが、実はアートの世界
が思考停止に陥らないための、未来に向けた布石だったりするのかもしれません。

___展覧会のご案内_______________________________________________________

明楽 和記展
キュレーション:平田 剛志[美術批評]

http://cas.or.jp/2016/AKIRA/index.html

協力:今井 祝雄、越野 潤、椎原 保、冨井 大裕、福田 真知(敬称略)

■会期 2016年8月27日(土)~9月10日(土) 14:00-19:00 火・水 休み

●アーティストトーク:9月10日(土)16:00~(参加費¥500) 聞き手、平田 剛志

___次の展覧会のご案内___________________________________________________

アウラの行方

國府 理、末永 史尚、冨井 大裕

キュレーション:藤井 匡(東京造形大学 准教授)
協力:アートコートギャラリー、YUMIKO CHIBA ASSOCIATES、Maki Fine Arts

http://cas.or.jp/2016/Aura/

■会期 2016年9月17日(土)~10月8日(土) 14:00-19:00 月・木 休み

●オープニングトーク:9月17日(土)17:00~¥500(1ドリンク付き)
    末永 史尚(出品アーティスト)
    冨井 大裕(出品アーティスト)
    江上 ゆか(兵庫県立美術館 学芸員)
    藤井 匡(東京造形大学 准教授)

●クロージングトーク:10月8日(土)16:00~ ¥500(1ドリンク付き)
    小林 公(兵庫県立美術館 学芸員)
    牧口 千夏(京都国立近代美術館 主任研究員)
    藤井 匡(東京造形大学 准教授)
    笹岡 敬(アーティスト、CAS 運営委員長)
------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号
A.I.R.1963 3階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/21
部数 106部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/09/21
部数 106部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング