ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り2016年5月31日号」

ひろえのキャズ便り2016年5月31日号です。

 右を向いても左を見ても……みたいな感じで、展示空間がくまなく「瀧弘子」
で埋め尽くされている、瀧弘子展『うつしみ』。作家自身が何人も重なり合うよ
うに描かれた鏡が床に置かれ、それが壁に大きく投影されたところに、さらに彼
女のパフォーマンス映像が重ねられている……そんな展示なのですが、セミヌー
ド的な絵柄の上に、一糸まとわぬ姿で息を切らしながらぴょんぴょん飛び跳ねて
いる映像があまりに刺激的すぎて、折しもパフォーマンスが予定されていたオー
プニングレセプションで、もしやこの調子でやっちまうのか!?なんてことを思
いながら待つこと1時間あまり。ようやく私たちの前に現れた瀧さんなのですが、
懐中電灯を手に自らの作品を確認するようにひとしきり歩いてまわったかと思う
と、あっけにとられる私たちをよそに、なんの口上もなく足早に去って行ったの
でした……。
 照明が落とされた展示空間で、懐中電灯に照らされるたびにその輪郭をあらわ
にしていた、鏡に描かれた瀧弘子の「うつしみ」(映し身)たち。壁に現れては
消えていく人型が、なんとなく亡霊的なものを連想させたのですが、一方、ただ
そのありさまをみているようだった「現身」(うつしみ)である瀧さん自身も、
人形に仕える文楽の黒子よろしく、どこか気配のある影(幽霊?)のようでもあ
り、その現身(うつしみ)から生霊があらわれているような雰囲気もありました。
というか、彼女のパフォーマンスにただよう鬼気迫る感じには、みるほうが思わ
ず襟を正されるところがあると思うんですね。「自分が好きだ。自分の全てを知
りたいと思う」という強い意志のもと、全身全霊ということばそのままに自らを
客体化してきたその制作のありようが、ただの自分探しではない、どうにも出ど
ころをはかりかねるエネルギーを感じさせるからです。自分のことが好きなら、
もうそれで十分ではないのか……いや、そうはいかないんですね。「自分への問
いかけは他者へとぶつかり、反響して私に伝わる」と自らのホームページに記す
瀧さん。彼女の表現の大胆さは、まさに他者に体当たりするためにこそあるのか
もしれません。
 もうひとつ、鏡に描かれた自分の似姿のなかに自ら映り込み、その動かぬアウ
トラインに挑むように瀧さんがさまざまに表情を変えていく映像作品は、自分の
影のような存在を相手に格闘するその無意味さでもって、ひとをその現れで規定
しようとする圧力や、逆にそこに自らをはめ込んで自由を放棄する惰性へのプロ
テストのようなものを感じさせます。そう、おそらくみる、みられる関係のはざ
まに生きる「うつしみ」(現身)である人間は、みなひとしく傷つきやすさのも
とにあり、しかもその弱さは、他者の存在なしには傷つくこともできないところ
に投げ出されているという、徹底的な裸性に由来する……そんなことを考えなが
ら、それでもこの身もふたもない絶望感をまるごと引き受け、乗り越えようとし
てきたひとだけに与えられる、強くしなやかな美しさがあるのかもしれないとい
う気持ちにさせられた、瀧弘子展『うつしみ』なのでした。

__展覧会のご案内________________________________________________________

瀧弘子展 うつしみ
キュレーション:三井知行(大阪新美術館建設準備室学芸員)

http://cas.or.jp/2016/TAKI/index.html

■会期 2016年5月14日(土)~6月4日(土) 14:00-19:00 火・水休み

●アーティストトーク 聞き手 三井知行(大阪新美術館建設準備室学芸員)
 6月4日(土)16:00~ (参加費¥500)



__上映会のご案内________________________________________________________

下山由貴「こっちへおいでよ」上映会

制作:下山由貴
出演:原田ちあき、ニロタカ、SHIZUKA

http://cas.or.jp/2016/SHIMOYAMA/index.html

■会期 2016年6月11日(土)~6月18日(土) 火・水 休み
  各日15:00~/17:30~ (約90分、最終日の18日は15:00~のみ) 

●アーティストトーク 「現代美術は正しいか?」:6月18日(土)17:00~(参加費¥500)
    下山由貴、辻大地、前田裕哉、ニロタカ、SHIZUKA

------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号
A.I.R.1963 3階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

ひろえのキャズ便り

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/13 部数:  108部

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/13 部数:  108部

他のメルマガを読む