ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り2016年3月24日号」


ひろえのキャズ便り2016年3月24日号です。

 いかなることばも寄せ付けそうにない無音の映像が、まるで居心地のわるさだ
けを連ねたような身ぶりで迫ってきて、そのやや暴力的なわけのわからなさでもっ
て、いきなり頭の中が真っ白になってしまった、笹岡敬展『TIMES 2016』。「LUMINOUS」
では光、「WATER」では水そのものが可視化されてきたように、今回、シリーズ初
となった「TIMES」では、時間そのものが表現されている─と、とりあえず書きな
がら、過去、現在、未来なんてことばで手なずけられる手前にある、時間とさえ
いえない「なにものか」の気配を感じたような気もしていて、「それ(it)」と
しかいえないことがらを言語化することの無意味さ、あるいは無力感に、軽い吐
き気をもよおしそうになった……とでもいいましょうか。もしかすると、車酔い
に耐えながらのドライブ(?)を思わせる映像のせいかもしれないなんてことを
思ったりもしますが、無心にながめているとなぜか自ずと連想される、ある「気
分」みたいなものがあったりします。たとえば、それほど親しくもなく、でもまっ
たく気遣いがいらないほど距離があるわけでもない微妙な相手が運転する車の助
手席で、流れる景色をひたすら眺めながら、ひとり手持ちぶさたな時間をもてあ
ましている、みたいな感じだなと……。そうして刻々と過ぎていく時間とのにら
めっこは、いわば「時間を忘れる(ほど楽しい)」と表現される状況の対極にあ
るわけですが、そう考えると、絶え間なく「すること」に埋め尽くされ、時間に
追いかけられながらも、実は自ら追いかけているようなところもある私たちの日
常は、時間そのものから目をそらし、直視しないことでつつがなく守られている、
といえそうな気もしてきます。
 こんなふうに、「時間」と呼ばれるものにはりついたある事情を考えあわせな
がら思うのは、笹岡作品のざわつき感は、おそらく、そんな守りの姿勢をゆるさ
ないところに由来するのではないかということ。そう、時間をなんらかの尺度で
測ることはもとより、適当な気晴らしでうめることも拒絶するような態度が、み
るひとを限りなく不安にさせるのです。一方、作品のテクニック的なことでいえ
ば、同じ二つの映像が、ひと連なりの映像にもみえる仕方で投影されているとい
う、ただそれだけのことだったりするのですが、映像のわずかなずれのところ、
あるやなしやの亀裂のところに、時間にまつわる救いのなさみたいなものが、ひょ
いっと顔をのぞかせているような感覚もあります。いまといった瞬間にいまでな
くなる時間を後追いせよ─そんなメッセージのようにも思われるその映像は、居
心地の悪いドライブにも似て、なにもしなくてもある時間の不思議というか不気
味さを、みるひとにじわりと感じさせてしまう……。
 「神秘的なのは、世界がいかにあるかではなく、世界があることなのである」
(『論理哲学論考』、6.44)みたいなことをいわざるを得ない事情が時間にもあ
ることを、さらっと表現してみたといった風情の笹岡さんの新作。そのことに思
い至ったところで幸せにはなれないにしても、世界があることの不思議にとりつ
かれた哲学者の気分にはなれるかもしれません。

__展覧会のご案内________________________________________________________

笹岡敬展 TIMES2016

http://cas.or.jp/2016/SASAOKA/index.html

■会期 2016年3月12日(土)~3月26日(土) 14:00-19:00 月・木休み

●アーティストトーク:3月26日(土)16:00~(参加費¥500)
  笹岡敬、奥村泰彦(和歌山県立近代美術館)

------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号
A.I.R.19633階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 106部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/27
部数 106部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング