ひろえのキャズ便り

「ひろえのキャズ便り4月29日号」

ひろえのキャズ便り4月29日号です。

 「昭和歌謡カラオケ大会」でいきなり妙な盛り上がりを見せたグループ展、
「昭和は遠くなりにけり」。各人の選曲にその人らしさみたいなものがうかが
われて興味深かったのですが、もしかすると、これと同じ光景が明日の「作品
オークション」でも繰り広げられるのでは?とひそかに期待しているわたし-
というのも、昭和を感じる琴線がひとそれぞれ違うんじゃないかと思うんです
ね。いったいだれが、どんな作品にどれほどの値をつけるのか……う~ん、そ
れを現場で目撃するだけでワクワクするかもですが、せっかくなら、見てるだ
けより少しはオークションに参加するほうが楽しいかもしれませんね。カラオ
ケだって、だれかが歌うのを聞いてるよりも、自ら歌うほうが断然盛り上がり
ますから……。
 とはいえ、カラオケとは違って、オークションにはお小遣いで参加できない
よなぁ~みたいなお財布事情でも大丈夫。「五百円からお願いします。テキトー
でバッチリー!」と書かれた作家自らの指示がある、冨永奇昂さんの作品があ
ります。「ガチョーン!」「キビシー!!」「聞いてないよ~」みたいな脱力
系のことばが、なんとなく色あせた短冊状の紙に、ちょっと気の抜けた筆致で
書いてある、そんな作品です。ぼんやりながめていると、植木等あたりが演じ
たステロタイプな昭和のサラリーマンを思わせる、おかしみとやる気のなさが
表現されているようにも思えてくるのですが、気合を入れずに書いても、もと
もと書家である冨永さんのこと、「ちゃんとした(?)いい加減な書き方はで
きなかった」といいます。そんなこんなで、のーてんきなことばがどこか品の
ある面持ちで行儀よく収まってしまっているのですが……いえいえ、昭和のサ
ラリーマンだって、自分の立ち位置くらいはわかったうえで、無責任な自分を
演じていたようなところがあったのかもしれません。そしてなによりも、根無
し草的なサラリーマン層が大量に生みだされたことは、紛れもなく昭和という
時代の要請による、ひとつの社会現象だったはず……。
 そういえば、人間の世界はミクロにもマクロにもどんどん成長していくとだ
れもが信じて疑わない、そんな時代がかつてはありました(青木万樹子さんの
成長するおっぱいの絵?)。敵や味方がいまよりもずっとくっきりした輪郭を
持っていたあの時代(藤木正則さんのささやかなプロテストの記録?)、よう
やく普及し始めた家電製品だって、いまではあり得ないしっかりした感触と、
不必要なまでの存在感を持っていた(昭和家電が充満する笹岡敬さんの作品?)
-そんな昭和の記憶に出会えるのも今日、明日限り。ぜひ、お越しください。

__展覧会のご案内________________________________________________________

Pilot Plant-昭和は遠くなりにけり-

http://pilotplant.net/2011Namba/

会期:4月9日[土]-4月29日[金]
開館時間:14:00~19:00  水、木休み
会場:CAS、roomA.
大阪市浪速区元町1丁目2番25号 A.I.R.1963 3階
協力、後援:roomA.

オープニング・レセプション:4月9日[土]18:00- 
              ¥500[1ドリンク付]

__オークションのご案内__________________________________________________

展覧会終了後、展示作品をオークション形式で販売
出品作品オークション:4月30日[土] 16:00- [14時開場]
主催:なんばでアートの会

売上金のうち出品作家取り分を除いた半分(以上)を東北地方太平洋沖地震の被
災者の皆さんへの義援金として、残りを特定非営利活動法人キャズに寄付します。

http://nambadeart2.web.fc2.com/
   
------------------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人キャズ(CAS)
大阪市浪速区元町1丁目2番25号 
A.I.R.1963 3階
TEL/FAX 06-6647-5088
Web http://cas.or.jp/
E-mail info@cas.or.jp
________________________________________________________________________

ひろえのキャズ便り

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/13 部数:  109部

ついでに読みたい

ひろえのキャズ便り

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/13 部数:  109部

他のメルマガを読む