今までなかった!奇跡のダイエット成功ノート

( 自己観察)奇跡のダイエット成功ノート

今までなかった!奇跡のダイエット成功ノート


              第217回





こんにちは。



ご機嫌いかがですか?

ここ福島も桜の時期です。


強風で少し散ってしまいました。
残念です。

若い時はあまり感じなかったのですが、今はすごく桜が
楽しみで仕方ありません。

しかし桜は本当にいいですねー。




………………………………………………………………………
   今回のお話し
………………………………………………………………………


■  自己観察


………………………………………………………………………



改めましてこんにちは。



私事ですが歯磨きが面倒で、こんな自分に困っています。


近くの歯医者で定期的に検診をうけるようにして数年が経
ちました。

歯を大切にしようと、近年遅まきながら気づいたからです。


ですが、歯医者に行くたびに磨き方が悪いと言われ、
そのたびに指導を受ける始末です。

分かってはいるんですが、何分面倒なことが嫌いな性分して、
チャチャっと簡単に終わらしちゃうんですよねー。



はっきり言って歯磨きは面倒です。



こんな面倒臭がりやの私ですが、困りに困った食欲障がい
には正面から向き合い、現在に至っています。





さて、食べ過ぎ病、食べたい病をまとめて「食欲障がい」
と呼んでいることは、何度もお話ししていますね。


この食欲障がいとは、早い話「食べる機能が病気になる」
ことです。


この「食べる機能が病気になる」って、
とても分かりにくい表現で恐縮しています。


それは食べ過ぎること、そして太ることですね。



そして更に、この影響が又大きいのです。

それは複数ありますが次のようなことです。



1)食べるたびにカロリーを気にし、どのくらい食べるのかを
 その都度決めなくてはなりません。

2)食べ終わっても食べることが頭を離れなません。
 (食べていない時も食べることが頭を離れません)

3)食べることがいつも頭にあることで、他の事への関心、
 集中力が散漫になります。




冒頭にも出てきましたが桜。

こんなにも素敵で美しい桜。


他の事への関心、集中力が散漫になるので、
こんな見事な桜の感動さえも薄れてしまいます。



実はこれはとても大変なことなんですよ。


そしてこれは桜だけではありません。
全ての事に当てはまるのです。


ただこれは私自身の経験であって、他の方がそうであるか
どうかは分かりません。




そしてこれは「病的な精神状態です」と、いうのが私の
持論です。


このことは何度も言い続けています。



ですから「体重を減らせば成功」といった方法が多い、
今のダイエットの流れの中にあっても、読者の皆さんだけは
惑わされることなくいて欲しいものです。




食べるということは生きるための大切な行為。

他の何にも勝るとも劣らない重要な事です。


自分は「食べる機能が病気なんだ」ということをしっかりと
自覚し、雑音に流されることなくいてほしいと思っています。



………………………………………………………………………



食べ過ぎ病と食べたい病の二つのうち、最も酷いのは
食べたい病です。


それは先ほども申しましたが、食べ終わっても更に食べたい
思いに駆られますし、食べていない時も食べることが頭を
離れないほど、食べることに縛られるからです。


しかし食べたい病は、カロリー制限をやめて、規則正しい
食生活を続けると、思ったより早く病状が回復してきます。


しかし食べ過ぎ病はとても厄介で、回復までとても長い時間
を必要とする、というのが私の実感です。



どちらにしても「食べる機能が病気」の中、毎日食べて行か
なくてはなりませんので大変苦労します。



でもこの状況の中で、私はこれを逆手にとり、食べる自分を
客観的に観察して学んで来ました。

つまり、自分を実験台にすることによって問題を解明して
きたのです。


まあ、ずいぶんと立派なことを言ってしまいましたが、
実際ば劣悪な心理状態の中から、やっとのこと這いずり
出て来た、というのが本当の事です。


では「自分を実験台にすることによって問題を解明し
てきた」

これを満腹感を例に挙げて説明しましょう。


私が食欲障がいに陥り、どうしたら良いのか考え初めたころ、
満腹になるまで食べると食べ過ぎることに気が付きました。

同時にそれは当時の満腹感が間違っていることに気が付いた
時でもありました。



それならば「正しい満腹感」が分かれば問題は解決するのでは?

「正しい満腹感」に沿って食べれば食べ過ぎないだろうと
考えたのです。



そう考えてから、食事の度に満腹感を探りながら食べました。

今が満腹なんだろうかか?
それとももっと食べれるか?

と、言ったようにです!



でも正しい満腹感は見つかりませんでしたね。

その理由の一つが、満腹感は決まったパターンに
収まらないものだったからです。






今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



感謝しています。







ご意見、ご感想、お待ちしています。
http://ws.formzu.net/fgen/S37668956/




食べたい病、食べ過ぎ病の方を支えます。

どんな質問にも丁寧にお答えします。
http://ws.formzu.net/fgen/S37668956/





 ■ブログ
  http://ameblo.jp/kenkou-yaseru/

  ■発行者:  食欲改善ダイエット術
           アドバイザー遠藤 洋介
   
  ■登録.解除はこちら
 http://www.mag2.com/m/0000196056.html 
                        
 ■このマガジンの掲載記事を無断で、転載・使用することを禁じます。

  ■当メールにより生じる損害等について責任は負いません。 

 ■このマガジンは「まぐまぐ!」から配信しています。

今までなかった!奇跡のダイエット成功ノート

発行周期: 不定期 最新号:  2019/01/11 部数:  432部

ついでに読みたい

今までなかった!奇跡のダイエット成功ノート

発行周期:  不定期 最新号:  2019/01/11 部数:  432部

他のメルマガを読む