外回りをしないで会社にいながら顧客を増やすDM営業のコツを教えます!

【あなたの会社にどんどん顧客を連れてくる手紙DM営業法】103号

=======================================================================
    
【あなたの会社にどんどん顧客を連れてくる手紙DM営業法】無料講座103号  
             
=======================================================================

このメルマガ無料講座は、「DM営業を成功させ、新規顧客を増やしたい」と
お考えの方、低いDM反応率にお悩みの方のために、DMを使った顧客の集め
方や反応率をアップさせるDMの書き方のツボをお教えするものです。

ぜひこのツボを押さえてDM営業を成功させてください。

=======================================================================

「今回の東日本大震災により被災された方、また、ご家族、ご友人、お知り合
いで被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

今後どのようになるのか、まだまだ見通しが立たないことが多く、元通りの正
常な生活に戻るのにはかなりの時間を要すると思われますが、日本国民一人一
人がこの苦境を踏ん張り、耐え忍びながらも、希望を持ち、毎日少しずつでも
明るい未来を見据えることができれば、きっと日本、東北も復活することと思
います。

テレビや新聞のニュースですでにご存知のように、世界の人々も暖かい心で日
本の復興を応援してくれていることも本当にありがたいことです。

私事で恐縮ですが、知り合いのスイス人が勤め先の工場の従業員34名全員勢
揃いで、日本の国旗を描いたカードを掲げ、

「KEEP GOING JAPAN!」

というメッセージを添えた写真で、応援のエールを送ってくれました。

「世界が日本を応援してくれている」そう思うと熱いものが込み上げてきまし
た。

日本国民みんなが力を合わせれば、必ず新しい日本を創生できるはずです。
いまこそ共に力を合わせて頑張りましょう。」

=======================================================================


リスクを最大限に考慮したビジネスモデルを作る


このような大震災を経験すると、改めて「世の中何が起きるかわからない」とい
う思いが強くなるのではないでしょうか。

サブプライムローン問題に端を発したリーマンショックからまだ数年も経たない
うちに今回の未曾有の東日本大震災が起きたのです。

ビジネスでもこれからの優先順位は「いかにリスクを最小限に抑えるか」を第一
に置く必要があります。

例えば、いままで地域に集中しているビジネスモデルは、地域分散型にするには
どうすればよいかを考えるべきです。

今回の大震災で東日本だけでビジネスを行っていた会社は非常に大きな打撃を受
けています。

しかし、ネット通販ビジネスといった全国を相手にした商売では、中部、西日本
のマーケットがあるので、ビジネスリスクは前者よりも小さいわけです。

わかりやすいイメージとしては、中部以西を一つの国、東日本を一つの国と考え
るとよいでしょう。

中部以西の国に売るという発想で、自分のビジネスモデルが作れないかを検討す
る必要があるのではないでしょうか。

遠く離れた見込み客にアプローチする方法は、インターネットとDMの二つが有
効です。

自分のビジネスがそれぞれで使えるよう、モデルを改良すべきです。

「モノを売るビジネスならわかるが、うちはサービスを売るビジネスなので難し
い」と思われる方もいるかも知れません。

しかし、サービスは相手の問題解決を図るものであるわけですから、自分が相手
のところへ直接いかなくても問題解決が図れるように、その方法をモノの形にし
て売るという発想をすればどうでしょうか。

本はまさにその典型です。

著者が読者のもとを訪れ、サービスを提供しなくとも、読者が本を読むことでそ
れに近い効果が得られるわけです。

私が本やテキスト等、出版物にこだわる理由もまさにここにあります。



(次号に続く)



========================================================================


                   編集後記
                

========================================================================


リスクを最小限に抑える基本発想は、とにかく「集中」よりも「分散」です。

・販売地域、生産地域を分散させる

以外でも

・販売先をできるだけ増やし、主要顧客に対するウエイトをできるだけ減らす
・毛利元就の三本の矢の教えのように、三つの販売・収入ルートの確保を目指す
・ビジネスの種類を増やす
・取引金融機関を増やす

等が挙げられます。

その実現のためには、DMやインターネットの活用が欠かせないものになります。

すなわち「新規の顧客を増やす」、それも「できるだけ広範囲に」が必要になる
のです。

したがって、やはり重要なのは「マーケティング」ということになります。

これからリスクを最小限に抑える経営にはこれがキーになり、いま学ぶべきは、
ネットやDMでの集客力をいかに高めるかです。

そのような点から最近私が読んだビジネス書でオススメなのが、つぎの二冊です。
偶然にも二冊ともダイヤモンド社からの出版物です。

・「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法(著者 岡本達彦)

・見せるだけで売れてしまう「事例広告」の方法(著者 村中明彦)

これらを読むと「マーケティングは常に進化している」というのがよくわかりま
す。

ある方法が公になり、それがいいとなれば、みんなが「右へならえ」で採用する
ので、時間ともにそのマーケティングノウハウは効果が薄くなってきます。

そのため、常に新しい方法を他社よりも積極的に取り入れ、効果の高いうちにで
きるだけ多くの見込み客を集め、顧客を増やすことが必要になるのです。

この二冊はそのような点では、新しいマーケティングノウハウを学ぶのにはうっ
てつけです。

「いつも学ぶ、絶えず学習する」そうした日頃の積み重ねが必ず力になります。

震災の後、出版物の売上が落ちているそうです。

「本どころではない」というのが実情でしょうが、ビジネスに対する影響に関し
てはと言うと、いまはまだ序章にすぎません。

これから夏に向けてどんどんあらゆる方面にもっと大きな影響が出て来ることが
予想されます。

自分のビジネスを環境変化に適応できるようにするためにも、いま必要なのは、
物質的な投資よりも知的な部分における情報投資です。

いまこそ本を読み、自分のビジネスに欠けている部分を補うよう備えをすべきで
はないでしょうか。

私はそう感じており、最近読んだなかでマーケティングに関する上記の二冊を紹
介させて頂きました。

それともう一つ、「いつ発売予定か」とお問い合わせの多い、私の第2弾も出版
社に原稿を提出した段階に入りました。

なのでもうしばらくお待ちください。


【お知らせ】


DMを使った顧客開拓に関して「こんなことが知りたい」、「こんな質問がある」
という方はご遠慮なくメールをください。
順番にこのメルマガ誌面で回答させて頂きます。

ご質問はお気軽にこちらへどうぞ

→ faq@1000gets.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     
  
  ●発行者    株式会社ミラクルレターマーケティング

  ●WEBサイト http://www.1000gets.com

  ●お問合せ   info@1000gets.com
       
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ----------------------------------------------------------------------
     転送は自由です。どうぞお友達にも教えてあげてください。
 ----------------------------------------------------------------------
 
  購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000195717.htm

          または http://www.1000gets.com

  ご意見・ご感想・ご要望等はこちらにお送りください  

          → info@1000gets.com

ついでに読みたい

他のメルマガを読む