外回りをしないで会社にいながら顧客を増やすDM営業のコツを教えます!

【あなたの会社に顧客をどんどん連れてくる手紙DM営業法】7号

====================================================================
    
【あなたの会社にどんどん顧客を連れてくる手紙DM営業法】無料講座7号  
             
====================================================================

効率が悪いのをわかっていながら続けている、いまの営業のやり方から「一
刻も早く脱け出したい」と思ったことはありませんか?

もし一度でもそう思われたことがあるのなら、こんな解決方法があります。

====================================================================


言葉やフレーズには、送り手と読み手との間にある温度差をご存知ですか?

送り手が「よい」と思って使っている言葉やフレーズは意外かも知れません
が、実はそれほど読み手のハートをとらえるものではないのです。

コピーライターが好んで使う、特にカタカナ、英語表記でその一言ですべて
を表してしまうような、耳障りのよい、格好いい、おしゃれな言葉やフレー
ズは一見よさそうに思われますが、そうではありません。

DMの文面では、そのような言葉やフレーズは相手の感情に訴えにくいので
注意が必要です。

例「ピュアでフレッシュなジュースです」

飲料の宣伝ではよく用いられるフレーズですが、読み手からすればピンと来
ません。

もっとDMでは具体的に読み手に伝わるようなフレーズに変えるべきです。

「もぎたての香りが漂う鮮度バツグンのジュースです」

DMでは特に相手に届いたとき、その目の前に現物はありません。あるのは
商品写真程度です。

したがって、文章でいかに相手のハートをとらえるかが重要なのです。

その使うべき言葉、フレーズ一つで相手の感情を動かしやすくするか、どう
かが大きく変わってきます。

同様によくあるのが、「私たちは・・・のプロです」。

送り手は効果があると勘違いしてよく使いがちですが、実はそうではありま
せん。

なぜなら、プロという言葉は相手が見た客観的評価であり、本人がいくら声
高に「プロです」と叫んでもそれはそのように伝わらないからです。

もちろん知名度が高くマスコミ等でそのように取り上げられている場合は別
ですが、通常は「プロ」という一言で簡単に片付けられる表現は使うべきで
はありません。

そうではなく、実績等を伝え、こちらが自分で「プロ」と言わなくても相手
が「この人はプロだ」と感じてもらえるように文章を工夫すべきなのです。

DMであなたの商品・サービスを伝える際、カタカナ、英語表記の短い言葉
やフレーズを使って表現するのではなく、文章が多少長くなっても構わない
ので、相手にとって直感的にわかりやすいような表現を第一に心がけること、
これが反応率をアップさせるコツです。

もちろんこれはDMに限りません。あなたが相手に商品・サービスを伝えよ
うとする広告宣伝のあらゆるシーンにおいて意識すると効果が出るノウハウ
です。

ぜひご活用ください。


DMの反応率をよくする書き方のコツ

「その一言ですべてを表すような言葉やフレーズを避けろ、長くなっても具
体的にわかりやすく伝えることを心がけよ」


(次号に続く)



========================================================================


                   編集後記
                

========================================================================


先日の日経新聞に「コンサルティング会社が中国の経営者に日本企業からの
商品案内のダイレクトメールを送るビジネスをはじめた」という記事が載っ
ていました。

新聞によればその仕組みはこうです。

この会社が中国で約5万部を配布しているフリーペーパーの読者向けに1件
約60円で発送します。一種のDM発送代行ビジネスです。

重要なのはDMの送り先である読者層ですが、経営者が中心で購買・発注権
限を持つ人も多いとのことです。

SWOT法則から考えれば、見込み客のターゲット層は悪くないので、後は
オファーとライティングということになります。

この場合、中国現地での見本市への招待というオファーを組み合わせること
ができればベストでしょう。

タイミングもそれに合わせた形でできれば理想的です。

このような前提なら1件60円でできるなら中国向けに輸出を考えている企
業にとっては非常に魅力的だと思われます。

遠く離れたところにいる見込み客にも手が届く、これこそDMの最大のメリ
ットです。

では次号のメルマガを楽しみにお待ちください。
また、1週間後にお会いしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     
  
  ●発行者    株式会社ミラクルレターマーケティング

  ●WEBサイト http://www.1000gets.com

  ●お問合せ   info@1000gets.com
       
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ----------------------------------------------------------------------
     転送は自由です。どうぞお友達にも教えてあげてください。
 ----------------------------------------------------------------------
 
  購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000195717.htm

          または http://www.1000gets.com

  ご意見・ご感想・ご要望等はこちらにお送りください  

          → info@1000gets.com

ついでに読みたい

他のメルマガを読む