J-PlatPatを使った[特許検索のコツ]

特許電子図書館を使った特許検索のコツ [e-Patent Search.net: Vol.115, 2016/12/18]


カテゴリー: 2016年12月18日
-Vol.115----------------------------------------------------------------------------------------

無料でできる!

       J-PlatPatを使った【特許検索のコツ】

                        http://e-patentsearch.net/


--------------------------------------------------------------------------------------2016.12.18
------------------------------------------------------------------------------------------------


【本号のテーマ】


          特許分類(IPC・FI)同士のAND演算


------------------------------------------------------------------------------------------------

本メルマガをご登録・ご購読いただきありがとうございます。

このメールマガジンは、世界各国の特許庁データベースを使った特許検索のコツを始めとして、特許調査や
パテントマップ作成を行う上で留意すべき点特許情報分析などに役立つ情報(業界情報・マーケット情報など
の各種情報源)を配信していきます。

※メールマガジンについて
 本メルマガはMSゴシックなどの等幅フォントにて最適にご覧いただけます。
 等幅フォントについては下記ご参照下さい。
 http://help.mag2.com/000045.html

------------------------------------------------------------------------------------------------




■Contents--------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------


 1: 特許分類(IPC・FI)同士のAND演算

 2: セミナー紹介
   - 大阪 1/12 研究開発&特許出願活動に役立つ特許情報調査と検索テクニック入門
   - 東京 1/27 新製品・新事業開発のための特許情報分析手法
   - 大阪 2/15 事業戦略・特許出願戦略のためのパテントマップ活用方法 

 ◇編集後記



1: 特許分類(IPC・FI)同士のAND演算 ------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------

ちょうど1週間前にFacebook上で、特許分類(IPC・FI)同士のAND演算の是非について議論になりました。

毎週日曜日の夜にUSTreamで流している「特許・知財よもやま話~調査・分析系中心~」でこの話をしよう
と思ったのですが、娘と寝ていて寝落ちしてしまい放送できなかったので、久しぶりにメルマガでこの
トピックについて取り上げて配信したいと思います。


まず、私自身がIPC・FI同士のAND演算を使うかというと「使います」。

ただし、IPC・FI同士のAND演算だけで母集団を形成することはなく、あくまでも複数行ある検索式の中の
1つの検索式要素となります。

IPC・FI同士のAND演算では、モレが生じてしまう可能性が高まる一方で、ズバリのものをキーワードなしで
抽出できるメリットもあります。そのため、出願前の先行技術調査や無効資料調査などのように、ズバリの
公報をすぐに見つけたい場合に予備検索・予備調査でIPC・FI同士のAND演算を使うケースが良くあります。

*もちろんIPC・FI同士のAND演算が使えるケースと使えないケースがありますが。

IPC・FI同士のAND演算ではモレが出てしまうので、FTO・侵害防止調査の場合は注意が必要です。とはいえ、
上述の通り、IPC・FI同士のAND演算をあくまでも「複数行ある検索式の中の1つの検索式要素」としていれ
ば別の検索式で網羅性を担保できますので問題はないと考えます。

*例えば FI1 × FI2 × キーワード という検索式があった場合、FI1とFI2ではキーワードを使って
 いないので、調査担当者が当初想定出来ていなかったキーワードについても網羅できる可能性もあります。

調査・分析業務に従事して10数年が経過しますが、

 ・IPC・FI同士のAND演算 賛成派
 ・IPC・FI同士のAND演算 否定派

のバトルは終わりそうにありません。私は賛成派ですが、賛成派も上述の通り、IPC・FI同士のAND演算で
モレてしまう危険性は十分に承知していますが、ピンポイントでズバリ欲しい公報がピックアップできる
かもしれないので、使える場面ではIPC・FI同士のAND演算を積極的に使って行こうという考えです。

一方、否定派の方からはあまり合理的な理由を聞いたことがありません(「IPC・FI同士のAND演算はやって
はいけない、と聞いたから」など)。


特許庁の特許検索ポータルサイトの中に 分類相関解析ツール というものがあります。

こちらを見ると、下のURLの例のように「主分類Aに対して副分類Bが付与されているものの件数」を
見ることができます。簡単にいえば異なるテーマコード同士の相関です。

https://www.jpo.go.jp/cgi/cgi-bin/search-portal/matrix/matrix.cgi?view=2&section=0&x=5H&y=5V

例えば 5C ビデオ配信 と 5L 電子商取引 であれば、対応FIであれば

 5C ビデオ配信 H04N
 5L 電子商取引 G06F17/60、G06Qなど

となります。仮にビデオ配信関係のビジネスモデル特許を簡単に抽出したいのであれば、J-PlatPatの
特許・実用新案テキスト検索で

 FI H04N7/? H04N21/?

 AND

 FI G06F17/60? G06Q?

とします(種別・公開特許公報を選択すると3,400件強がヒット)。ビデオ配信関連のビジネスモデル特許
は上記AND演算で抽出できるので、さらにキーワード等をかければズバリほしい特許を簡単にピックアップ
することができます。


*繰り返しになりますが、IPC・FI同士のAND演算だけを使えというのではなく、IPC・FI同士のAND演算も
 検索式の1つの要素として使うと良いと思いますし、予備検索でアタリをつける段階では有効だという
 ことです。


なおセミナーでも話すのですが、ある技術分野におけるビジネスモデル特許を簡単にピックアップしたい
場合は

 FI ある技術分野

 AND

 FI G06F17/60? G06Q?

とするとピックアップできます。たとえば自動運転車両関連のビジネスモデル特許をピックアップしたい
場合は

 FI G05D1/?・・・陸用,水用,空中用,宇宙用運行体の位置,進路,高度または姿勢の制御,例.自動操縦

 AND

 FI G06F17/60? G06Q?

とすれば抽出できます(無人搬送車などもヒットします)。またコマツのKOMTRAXのような建機の
遠隔モニタリングサービスに関連する特許を抽出したい場合は、

 FI E02F?・・・・掘削;土砂の移送

 AND

 FI G06F17/60? G06Q?

となります。IPC・FI同士のAND演算については、また続けてメルマガで配信していこうと思います。


何かIPC・FI同士のAND演算について疑問や感じたことなどがあれば遠慮なくご連絡ください。


2: セミナー紹介 --------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------

【大阪 1/12 研究開発&特許出願活動に役立つ特許情報調査と検索テクニック入門】

-> http://www.jiiiosaka.jp/kensakutechniqueH28.pdf

2015年10月に刊行した「特許情報調査と検索テクニック入門」の著者・野崎篤志氏によるパソコン演習付の
特許検索講座になります。先行技術調査や無効資料調査・侵害防止調査または特許分析を実施するためには、
適切なキーワードおよび特許分類を選択して検索式を設定する必要があります。

日本語・英語キーワード、FI・FタームやCPC等の特許分類の適切な選択方法、“特許検索マトリックス”と
“検索式の基本パターン”を用いた検索式の組み立て方、さらには作成した検索式の妥当性検証・修正方法
など、特許調査実務の現場で役立つ具体的なテクニックをご指導いただきます。

なお本講座は当日進呈する書籍の内容と一部連動しており、受講後に書籍によって復習していただくことが
可能な構成となっておりますので、受講者皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

★パソコンは主催者側にてお1人様1台用意いたします。



【東京 1/27 新製品・新事業開発のための特許情報分析手法】

-> http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170181.php

本セミナーでは新製品・新事業開発に焦点を当てて、どのような特許情報分析および一般情報調査・分析が
必要となるのか、講義+演習(Excel演習+インターネット検索)形式で習得いただきます。新製品・新事業
開発に必要となる戦略論の基礎知識、分析フロー、FI・Fタームなどの既存特許分類ではない独自分類・評価
指標の設定手法、そして新製品・新事業開発に役立つ情報源などを講義し、実際に講師が準備したケース
スタディを用いて新製品・新事業開発プランを練るための情報分析演習を行っていただきます。特に、
業界・業種の違い、業界内におけるポジション、製品・技術ライフサイクルなども考慮した新製品・新事業
開発時の戦略提言へつなげることができるスキルを身に着けていただきます。

一方向的な講義だけではなく、ミニ演習やディスカッションも盛り込んだ双方向的な講義としますので、
みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。

(備考)本セミナーで用いる演習用Excelデータは当日USBで配布します。また本セミナー用の特別サイト
から後日ダウンロードすることも可能なので、セミナー受講後もそのデータを使って復習していただけます。



【大阪 2/15 事業戦略・特許出願戦略のためのパテントマップ活用方法】

-> http://www.jiiiosaka.jp/patentmapH28.pdf

知財戦略と事業戦略・R&D戦略の経営戦略における三位一体が提唱されてから10年近く経過しましたが、
実際のところ特許を中心とした知財情報を自社の経営戦略・事業戦略立案や、競合他社の戦略分析に十分に
活用できていないのが現状ではないでしょうか?

本講座では、特許情報を調査・整理・分析し可視化したパテントマップを、発明・アイデア創出や自社戦略
立案にどのように活用すれば良いか、戦略論・フレームワークの基本から説き起こして解説いたします。
特許情報の活用方法をベースに講義を進めますが、非知財情報の分析方法についても触れます。

なお、本講座は座学ベースでの学習だけではなく、一部グループワーク形式の演習も取り入れた講座となり
ますので、受講者皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

★グループワーク形式の演習ではポストイット・筆記用具等を使います。


編集後記・ひとりごと----------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------

宣伝ではなく、ちゃんとメルマガ書いて配信するのは約2年半ぶりです・・・また次第にペースを取り戻し
て定期的にメルマガも配信できるようにしたいと思います。


早いもので2016年もあと約2週間となりました。

皆様は今年どのような年だったでしょうか?

私にとって(会社のことは置いておき、私個人として)は赤本・改訂版を書き終えてほっとした年でもあり
ました。ここ数年学会発表等も滞っていたのですが、3i研究会でアドバイザーをさせていただいてから、
学会発表や論文投稿したい気持ちが高まってきましたので、来年以降は自主研究の方も再開したいと考えて
います。その成果が黒本につながれば嬉しいのですが。。。。

なお、年内にあともう1回は配信する予定です(ここで宣言したのでちゃんとやります)。

------------------------------------------------------------------------------------------------
【発行人】    野崎篤志

         プロフィールサイト [経歴・著作・講演など]
         >> http://sites.google.com/site/nozaki1125/

         ソーシャルメディア
         >> Twitter :http://twitter.com/conductor_hvk
         >> Facebook:http://www.facebook.com/anozaki
         >> USTREAM :http://tinyurl.com/a8qujyy
         >> Youtube :http://tinyurl.com/pjh8fw8

【発行者サイト】 e-Patent[知的財産(特許・意匠・商標)のポータルサイト]
         >> http://www.e-patentsearch.net/

         e-Patent Blog
         >> http://ameblo.jp/e-patent

【 連載記事 】 知財コンサルタントが教える業界事情
         >> http://tinyurl.com/pvzpv9b

         自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識
         >> http://tinyurl.com/4kqkwhy

【発行者e-mail】 << atsushinozaki1977@gmail.com >>
         ※ご意見・ご感想をドシドシお送り下さい

【発行システム】 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【 配信中止 】 http://www.mag2.com/m/0000194221.html

※本メルマガに掲載されている情報・広告を利用して発生したトラブル・不利益に関して発行人は一切責任
 を持ちません。情報を利用する際は、皆様の自己責任において行っていただくようお願い申し上げます。
------------------------------------------------------------------------------------------------
   Copyright(C)2016 e-Patent Search.net  All rights reserved.
 

J-PlatPatを使った[特許検索のコツ]

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/05/02
部数 1,666部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

J-PlatPatを使った[特許検索のコツ]

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/05/02
部数 1,666部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング