食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第663号:2019/1/14!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第663号:2019/1/14
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第663号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、1/11現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
8194ライフコーポ2,408+227+10.41%、7515マルヨシ3,520+70+2.03%、
9919関西スーパ1,014+18+1.81%、7643ダイイチ649+8+1.25%、
9846天満屋ス1,285+15+1.18%、8142トーホー2,163+17+0.79%、
7520エコス1,847+14+0.76%、2791大黒天4,070+25+0.62%、
9823マミーマート1,921+6+0.31%、8171MV中部1,535+1+0.07%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8267イオン2,100.5-96.5-4.39%、3038神戸物産3,570-110-2.99%、
3539Jミート1,703-47-2.69%、7475アルビス2,367-61-2.51%、
9956バローHD2,615-58-2.17%、8255アクシアル3,610-75-2.04%、
9948アークス2,503-49-1.92%、8279ヤオコー6,050-110-1.79%、
3222USMH1,150-20-1.71%、3094スーパーV525-9-1.69%、			
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
    *サンプル分析:https://limited.learno.jp/l/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%80%81%E6%B1%BA%E7%AE%972017%EF%BC%9A%E8%B2%A1%E5%8B%993%E8%A1%A8%E9%80%A3%E7%92%B0%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%88%E3%82%8A/1071
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.ダンハンビー、小売業ランキング2019、公表!
  2.自動運転、食品スーパーが先行か?
  3.CLOSING THE DISTANCE、ユーザーと医療、LINE!
  4.紅白2018、流入、流出、視聴率!
  5.食品スーパ、1/7、上場企業の株価!
  6.アークス横山社長、新日本スーパーマーケット同盟を語る!
  7.ホールフーズマーケット、成長戦略に舵?

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・Supermarket News:https://www.supermarketnews.com/consumer-trends/trader-joe-s-takes-top-spot-grocery-retailer-ranking?fbclid=IwAR0vf-J45Ox8hF0I0W0nNHPQI8HDoDc57SsrUTHshNingj8zOgn39Am2j-I
  ・Business Insider:https://www.businessinsider.jp/post-182898?fbclid=IwAR2ym0LlS9qsMwuTfVZH-tS95wt0D3ekKaOf8cLd2pcOGkrNh1wTc3MwkjE
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 12, 2019
1.ダンハンビー、小売業ランキング2019、公表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/2019-8f61.html

PI研コメント:
・ダンハンビーが1/9、恒例のRetailer Preference Index (RPI)、2019を
公表しました。ダンハンビーが全米の主婦7000人へのネットアンケート調査と
財務等の公開データをクロス分析し、独自にランキングを作成したものです。
対象企業は、Acme、Albertsons、Aldi、Amazon、Big Y Foods、Bi-Lo、
BJs Wholesale、Brookshires、Costco、Food City、Food Lion等、
55社(バナー)です。この中からベスト13社が公表され、トップは
Trader Joe’sです。No.2はCostco Wholesale、No.3はAmazonとなりました。
以下、H-E-B (No. 4), Wegmans Food Markets (No.5), 
Market Basket (No. 6), Sam’s Club (No. 7), 
Sprouts Farmers Markets (No. 8), WinCo Foods (No. 9), Walmart (No. 10), 
Aldi (No. 11), Peapod (No. 12) and The Fresh Market (No. 13)と
なります。ちなみに、評価のポイントは分析結果から、
Price and Quality Matter Most、すなわち、価格と品質、このバランスが
重要とのことです。そのベストバランスがTrader Joe’sとのことですので、
改めて、Trader Joe’sの評価の高さが浮き彫りになったといえます。
ダンハンビー、昨年、日本に本格進出したことでもあり、
是非、日本でも同様な調査を実施し、ランキングを公表して欲しいところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B02019%E5%85%AC%E8%A1%A8/1992972954156626/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 11, 2019
2.自動運転、食品スーパーが先行か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/post-c2ef.html

PI研コメント:
・自動運転がAIとともに今後の大きな課題となっていますが、意外に、
食品スーパーが先行する動きがここへ来て出てきています。1/9、
THE WALL STREET JOURNALが「自動運転車、人間より先に食べ物が乗る理由」、
サブタイトルは「人間を乗せなければハード・ソフトの両面で設計の自由度が
格段に上がる」との記事を配信しました。「人間を乗せなければ」が
キーワードであり、結果、食品スーパーの宅配に自動運転を活用する動きが
活性化しはじめたとのことです。LOGISTICS TODAYの8/17の記事では、
「自動運転車で食品配達、米アリゾナ州で試験運用」との見出しで、
クローガーが実証実験に取り組んでいるとのことです。この事例に限らず、
アメリカでは「ニューロ、スターシップ、ユデルブ、ロボマート、
ボックスボット、オートX、キウイボット、マーベルなど多数の新興企業」が
この市場に参入しているとのことですので、プレイヤーが犇めいているとの
ことです。残念ながら、日本ではまだこのような話は聞きませんが、
アメリカでは実用化、一歩手前まで来ているといえ、意外に、
食品スーパーにて自動運転が先に実用化される可能性が高いといえます。
自動運転、今後、注目の技術であり、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E8%87%AA%E5%8B%95%E9%81%8B%E8%BB%A2%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%8C%E5%85%88%E8%A1%8C%E3%81%8B/1991303794323542/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 10, 2019
3.CLOSING THE DISTANCE、ユーザーと医療、LINE!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/closing-the-dis.html

PI研コメント:
・LINEとM3が業務提携、新会社、「LINEヘルスケア株式会社」を設立との
ニュースリリースをLINEが公表しました。LINEのコーポレートミッション、
「CLOSING THE DISTANCE」を目指し、医療とLINEのユーザーとの DISTANCEを
縮める試みです。LINEのユーザーは月間約7,800万人、M3は日本の臨床医の
約9割にあたる27万人をカバーしていますので、両者のDISTANCEを
どう縮めるかが事業の目的といえます。まずは、遠隔健康医療相談サービスの
開始、ここから始まり、処方薬の宅配サービスへと進むようですが、
将来的には、「ユーザーと医療を最適な距離に近づけ、あらゆる医療・
社会問題の解決」するとのことです。時代はサイバーとフィジカルの
融合へ向けて動き出していますが、LINEとM3はまさに医療分野でこれを
実現する試みといえます。これまでは、これらの試みは政府、官庁が
取り組むべきテーマだったと思いますが、サイバーの時代となり、主導権が
逆転しつつあるといえ、政府、官庁の方がこの動きを、法整備等を通じて、
どうサポートするかが課題、ある意味、ネックとなりつつあるといえます。
LINEとM3が医療をどのように変革してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/closing-the-distance%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%A8%E5%8C%BB%E7%99%82line/1991096094344312/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 09, 2019
4.紅白2018、流入、流出、視聴率!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/2018-9887.html

PI研コメント:
・「紅白で視聴者を魅了したのは・・・」とのタイトルの記事が1/7の
YAHOOニュースに掲載されました。興味深い内容です。視聴率だけでは
判断できない歌手の魅力度を視聴者の流入、流出を時間帯ごとに追い、
さらに、裏番組との関係も明らかにすることにより導き出しています。
これは見方を変えれば、POS分析とID-POS分析の違いともいえ、
特にID-POS分析特有の併売を駆使し、視聴者の増加、減少を数値化して
います。ID-POS分析でも流入、流出という分析はありますが、時間帯ごとに
分析することは稀であり、しかも、時間帯ごとに商品が入れ替わることは
あまりないため、ここまできれいに数値が算出されることはないといえます。
テレビ番組で、紅白のように数分ごとに歌手が時系列で変わって
ゆくからこそ活用できる分析といえます。特に、この分析では流入よりも
流出を、魅力をはかる指標として重視しており、その視点で見ると、
「『チコちゃん』コーナーも高く支持」、「歌手別視聴率1位だったサザンは、
2位の米津玄師に及んでいなかったようだ。」など、単なる視聴率では
わからない深層を抉り出しており、興味深いといえます。ID-POS分析も、
このような指標の開発は重要といえ、流入、流出を再評価するだけでなく、
新たな指標づくりも課題といえます。それにしても、店舗と違い、時間が
重要なキー概念であると、改めてテレビの価値が鮮明になった分析といえ、
ID-POS分析にも取り入れるべき分析手法のひとつかと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E7%B4%85%E7%99%BD2018%E6%B5%81%E5%85%A5%E6%B5%81%E5%87%BA%E8%A6%96%E8%81%B4%E7%8E%87/1990444261076162/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 08, 2019
5.食品スーパ、1/7、上場企業の株価!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/2019-a742.html

PI研コメント:
・食品スーパー、約50社の上場企業の1/7、前場の株価を集計してみました。
全体的に上昇基調であり、値下がり株は数社です。トップは9823マミーマート、
ベスト5は、以下、8289オリンピック、9974ベルク、2655	MV東北、
3539Jミートとなります。注目は、昨年、年末公表があった
新日本スーパーマーケット同盟の3社ですが、9948アークス2,546+44+1.76%、
8167リテールPA1,173+16+1.38%、9956バローHD2,646+23+0.88%と、
いずれも上昇、投資家は買いとみているようです。この同盟を機に、
今年度は業界再編の誘発が予想されますので、食品スーパー関連の株価の
動向は注目といえます。食品スーパー業界、2019年度はどう動くか、
新日本スーパーマーケット同盟を含め、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%912019%E5%B9%B4%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E5%88%9D%E5%80%A4/1988412871279301/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 07, 2019
6.アークス横山社長、新日本スーパーマーケット同盟を語る!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/post-af68.html

PI研コメント:
・リアルエコノミーが3回に渡って、「アークス横山清社長が激白!
独占インタビュー」の記事を配信しました。興味深い内容です。横山社長自らが
今回の同盟の狙いを語っています。動機のひとつが「一昨年12月にイオンが
中期計画を発表」にあったとのことです。「比較的競争が緩くて寡占化すれば
シェアが取れるということをイオンがハッキリと打ち出した」ととらえており、
イオンが「武装をした上で地方に攻め込む」と見ています。ここで同盟を
打ち出さないとイオンに攻め込まれてしまうととらえており、見方を
変えれば反イオン勢力の結集と見ることもできます。また、これは
「口約束だけではなく互いに約60億円の投資をする。紙縒り(こより)では
ないステンレスチェーンの締結」と、ステンレスを強調しており、
ゆるやかとはいえ、確固たる意志を明確にした同盟とのことです。また、
ネーミングについては「『連盟』、『同盟』、『連合』」の3択だった
そうですが、「『同盟』の声が西の方にあって、そうしよう」と、
横山社長の一押しではなかったことを告白しています。
新日本スーパーマーケット同盟、今後、イオンに対抗する他の
食品スーパーマーケットの参加が増え、業界再編へ突き進んでゆくのか、
まずは、2019年度、3社がどのような具体的な同盟を確固たるものへ
固めてゆくのか、次の一手に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E7%A4%BE%E9%95%B7%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%90%8C%E7%9B%9F%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B/1982646048522650/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
January 06, 2019
7.ホールフーズマーケット、成長戦略に舵?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/01/post-24cf.html

PI研コメント:
・Amazonがホールフーズマーケットの今後の方針を決めたようです。
ここへ来て、各報道機関がAmazonの新たな動向を報じています。アメリカの
流通業専門の業界誌、Chain Store Aageが1/2、
「Online giant reportedly planning retail store expansion」との
タイトルの記事を公表しました。Marketwatchが12/31に公表した
「Amazon plans to expand reach of its Whole Foods stores」の記事を
ベースにした内容です。
要点は「expansion of its Whole Foods Market portfolio」であり、
アマゾンがホールフーズマーケットの成長戦略に舵を切るというものです。
ホールフーズマーケットはすでにAmazonのプライム会員向けに店舗から
2時間以内のデリバリーサービスを実施していますが、新店開発を含め、
エリアを拡大してゆくとのことです。すでに、
「in Idaho, southern Utah and Wyoming」等へ視察し、候補を絞って
いるとのことですので、準備ははじまっているといえそうです。Amazon、
ホールフーズマーケットへのM&A、2年目に入り、いよいよ成長戦略に
シフトする針が固まりつつあるといえ、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%88%90%E9%95%B7%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%AB%E8%88%B5/1982578201862768/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1. 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
 
 2018年
  *第3回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *第2回POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *第2回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第2回全体会で講演! 
  *第1回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第1回全体会で講演! 
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/21 部数:  972部

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/21 部数:  972部

他のメルマガを読む