食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第660号:2018/12/24!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第660号:2018/12/24
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第660号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、12/21現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
2742ハローズ2,292+118+5.43%、2791大黒天4,140+115+2.86%、
7475アルビス2,347-4-0.17%、8217オークワ1,146-8-0.69%、
9993ヤマザワ1,675-14-0.83%、9846天満屋ス1,200-11-0.91%、
8287MV西日本1,775-19-1.06%、3094スーパーV481-6-1.23%、
7465MV北海道4,015-65-1.59%、9919関西スーパ959-18-1.84%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8289オリンピック659-89-11.90%、8167リテールPA1,026-91-8.15%、
9823マミーマート1,880-158-7.75%、2655MV東北1,443-88-5.75%
9974ベルク4,960-270-5.16%、8182いなげや1,290-66-4.87%、
3539Jミート1,927-96-4.75%、3038神戸物産3,030-145-4.57%、	
3171MV九州2,598-124-4.56%、8279ヤオコー5,900-280-4.53%、			
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
    *サンプル分析:https://limited.learno.jp/l/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%80%81%E6%B1%BA%E7%AE%972017%EF%BC%9A%E8%B2%A1%E5%8B%993%E8%A1%A8%E9%80%A3%E7%92%B0%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%88%E3%82%8A/1071
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.Payの時代か、ドコモ、楽天、LINE、・・!
  2.セブン・イレブン、NEC、省人化店舗、実証実験!
  3.ダンハンビー、三井物産と合弁企業設立、10/15!
  4.岡山のマルイ、データ活用、精肉、競合対策、・・!
  5.ソニーマーケティング、優良顧客獲得の改革へ!
  6.ポイント、最大20%還元の時代へ、LINE Pay!
  7.PayPay、20%還元(100億円)、10日で終了!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・全国スーパーマーケット協会:https://www.facebook.com/superkyokai/
  ・毎日新聞:https://mainichi.jp/articles/20181207/k00/00m/040/142000c?fbclid=IwAR155O-SZqEvlsOIB9Skbe4aUPryKMx_MEUy_fUGjw618A8iZOoKw8FUmiw
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 22, 2018
1.Payの時代か、ドコモ、楽天、LINE、・・!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/payline-99df.html

PI研コメント:
・PayPayの総額100億円、20%還元キャンペーンがPayの普及に拍車をかけたと
いえ、ここへ来て、LINE Payも20%を還元をはじめました。一気にPayが
浸透しはじめたといえます。この流れを受ける形で、12/19、日経XTRENDが
「総額はPayPay超え? ドコモ1700億、楽天2000億のポイント還元」の記事を
配信しました。総額では、PayPayよりもはるかに巨大なキャンペーンが
今後続々と続くとのことです。しかも、本命のLINE Payをはじめ、ドコモ、
楽天も本格展開の準備中とのことで、このまま、来年の消費増税へと続くと
いえます。消費増税では政府もさらに巨大なポイント還元を日本全土で
展開しますので、来年度はポイント還元が入り乱れる年となりそうです。
翻って、これまで地道に取り組んできた食品スーパー、ドラッグストア等の
ハウスカードでのポイント還元がこの流れにどう対応してゆくのか、
果たして、その存在価値を発揮できるのか、正念場といえます。ちなみに、
これらは現状0.5%から1.0%が相場ですので、還元率では厳しい状況であり、
消費者が今後とも、しかも、Payが本格化する来年後半、継続使用するかどうか、
厳しい局面が予想されます。思い切って、Payにのりかえ、ハウスカードを
やめるという選択も予想されます。その意味で、Payの時代はこれまでの
ポイントカード戦略を必然的に見直すことを余儀なくされ、根本から
顧客一人一人への還元を考えることになると思われます。ポイントカードが
どこへ収束してゆくのか、Payはどこまで普及するのか、
来年、2019年度の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/pay%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%8B%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%A2%E6%A5%BD%E5%A4%A9line/1964076597046262/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 21, 2018
2.セブン・イレブン、NEC、省人化店舗、実証実験!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/post-fc1f.html

PI研コメント:
・12/17、セブン‐イレブン・ジャパン、日本電気が「マイクロ・マーケットに
対応した初の『省人型店舗』「セブン‐イレブン三田国際ビル20F店」を
オープン」とのニュースリリースを公表しました。コンビニ新時代の到来と
いえます。ポイントは、「マイクロ・マーケット」です。最小のコンビニ店舗は
どこまで商圏を狭めることができるか、この限界への挑戦といえます。通常、
コンビは半径500m商圏と言われていますが、今回の実証実験店舗は、その1/10、
50mといえそうです。ただ、距離だけではなく、密度もポイントといえ、結果、
オフィスビルや病院、工場等が商圏となると思われます。そして、このマイク・
ロマーケットの中で採算を合わすための工夫がITとAI、そして、物流体制と
いえます。今回の店舗は、「顔認証による決済」、「ターゲット広告
サイネージ」、「設備の稼働管理」、「AIを活用した発注提案」がキワードで
あり、これらを集約すると、「店舗の省人化」につながるといえます。
この市場はもはや、単なるFCビジネスでは解けるビジネスではなく、全く新たな
スキーム、コンセプトのビジネスであるといえ、恐らく、誰も経験していない
世界への挑戦といえます。セブンイレブンが今後、この新ビジネスをどう軌道に
乗せてゆくのか、実証実験店舗から本展開へいつ移行するのか、そして、
コンビニの新たな成長戦略の柱となるのか、今後の株価の動向を含め、
そのゆくへに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B3nec%E7%9C%81%E4%BA%BA%E5%8C%96%E5%BA%97%E8%88%97%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E5%AE%9F%E9%A8%93/1959320487521873/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 20, 2018
3.ダンハンビー、三井物産と合弁企業設立、10/15!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/1015-21a0.html

PI研コメント:
・10/15、ダンハンビーと三井物産が合弁会社、「ダンハンビー・
三井物産カスタマーサイエンス」を設立しました。日本経済新聞でも12/5、
「三井物産、小売店顧客の購買分析 英分析大手」との見出しの記事を配信して
います。また、Diamond Retail Mediaも、「ダンハンビー最高経営責任者 
ギオーム・バクーヴィエ「日本のデータビジネスを変える」総合商社とタッグを
組み日本事業に本腰」との記事を掲載しています。数年前からダンハンビーは
日本法人をつくり、日生協等と取り組みをしてきましたが、新CEOとなり、
いよいよ、本格的に日本へ参入といえます。「三井物産は国内で独占的に
ダンハンビーのノウハウを提供できる契約を結び」とのことで、三井物産を
パートナーとして選んだといえます。三井物産はセブン&アイHとも関係が
深いといえますので、今後、セブン&アイHでダンハンビーのノウハウが
展開される可能性も高いといえます。日本でも、いよいよ、ID-POS分析の
本命、ダンハンビーが本格参入といえますので、今後、流通小売業への
コンサルティング体制が大きく変わる可能性が高いといえ、POS、
ID-POSデータ分析も一変するかもしれません。2019年度、「ダンハンビー・
三井物産カスタマーサイエンス」がどのような展開を図るのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E4%B8%89%E4%BA%95%E7%89%A9%E7%94%A3%E3%81%A8%E5%90%88%E5%BC%81%E4%BC%81%E6%A5%AD%E8%A8%AD%E7%AB%8B1015/1958733174247271/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 19, 2018
4.岡山のマルイ、データ活用、精肉、競合対策、・・!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/post-ebc2.html

PI研コメント:
・日経XTREND、ITmedia等、IT関連の雑誌が岡山の食品スーパー、マルイを
あいつで取り上げています。日経XTRENDは「地方スーパー驚異のデータ経営、
在庫適正化で肉商品の売上2割増」、ITmediaでは、「岡山のスーパーが、
膨大なデータを分析するワケ」というタイトルであり。いずれも、
データ活用に焦点を当てています。ポイントはBIツールのDomoを導入したことに
より、データのリアルタムの可視化が可能となり、業務改革が急激に進み始め、
大きな成果が出始めたことによるといえます。「2017年11月に、BIツール
「Domo」を導入」とのことですので、まだ導入1年といえ、はじまったばかりと
いえます。ただ、この1年での成果は大きく2つ出ているとのことです。ひとつは
精肉、「ミニプロセスセンター」をつくり、「大型のディスプレーを
確認しながら作業を進める。ディスプレーに表示されているのはスーパーの
肉売り場の映像と、各店舗のリアルタイムな商品の販売データだ。」とのこと
です。店舗からの発注からセンターがモニターを確認してのプッシュ型の納品に
変えたとのことで、これまでの常識を覆す方法を採用したとのことす。業績も
「精肉商品の売り上げを2割増加」と好調だそうです。そして、」もひとつは
約35万人の会員データを瞬時に分析、「競合対策実施までの期間を8分の1に」
したとのことです。商品データと顧客データ、双方でのBIツールを駆使した
データ活用が本格的に始まったといえます。食品スーパーの本格的なデータ活用、
マルイが今後、どのような活用方法を生み出してゆくのか、まだまだ始まった
ばかりですが、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%B4%BB%E7%94%A8%E7%B2%BE%E8%82%89%E7%AB%B6%E5%90%88%E5%AF%BE%E7%AD%96/1957883690998886/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 18, 2018
5.ソニーマーケティング、優良顧客獲得の改革へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/post-1f85.html

PI研コメント:
・ソニーマーケティングの興味深い記事が12/17、日経XTRENDで公開されました。
タイトルは「広告効果が2倍に ソニーマーケを変えた「優良顧客獲得」改革」
です。記事の骨子は2点であり、ひとつは、顧客一人一人を独自の8つの
視点からスコアリングしたこと、そして、もひとつはこれも独自に作成した
カスタマージャーニーをもとに、スコアリングした顧客に的確な
マーケティングを行い、「複数回の購入へと誘い、最終的にソニーファン
(優良顧客)になってもらおう」という試みを行っていることです。結果、
「リターゲティング広告については半分のコストでCVR(成約率)が約3倍に
高まり、ROAS(広告費用対効果)を約2倍に高めることに成功」とのことで、
その効果は絶大だったとのことです。ID-POS分析はともすると統計的な分析に
終わり、マスマーケティング、すなわち、平均値へ近づける政策に終わって
しまうことがありますが、このように顧客のスコアリングにもとづき、
個別政策を打ち出すことで、効果的、効率的にコンバージョンにつなげる
ことが可能であることを実証したといえます。この2つは密接に絡んでいると
いえ、まさに、「インサイトの逆算」といえ、興味深い手法といえます。
ID-POS分析、このような観点から、さらにAIを入れるとどのような仕組みが
できるのか、挑戦したいテーマといえます。ソニーマーケティングの
新たな試み、まだまだ進化しそうであり、今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%84%AA%E8%89%AF%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%81%AE%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%81%B8/1957447634375825/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 17, 2018
6.ポイント、最大20%還元の時代へ、LINE Pay!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/20line-pay-7449.html

PI研コメント:
・PayPayの20%還元キャンペーンがわずか10日で終了した12/13、翌日2/14には
LINE Payの20%還元キャンペーンがスタートします。ポイント還元はこれまで
食品スーパー、ドラッグストア等、流通業のリアル店舗では当たり前の
サービスでした。基本0.5%から1%還元であり、最大でも10倍、しかも短期での
還元であったといえます。今回、PayPayにより、その業界慣習、構造が
根底から崩れ、20%還元、しかも中長期が当たり前のように実施される次元に
入ったといえます。リアルではなく、サイバーの世界であるがゆえの戦略と
いえますが、今回の動きは、これがサイバー空間に留まらず、フィジカルの
世界、しかも、Payという新たな仕組みで展開されることです。これまでO2O、
オムニチャネルなどというネットとリアルの融合という話はたくさん
ありましたが、今回は、その接点がポイント還元に絞られ、ここで連結し、
しかも、ネットの世界がそのままリアルの店舗に入り、攻守逆転したことが
これまでと次元の違う動きといえます。ポイント還元、いよいよ、20%還元の
時代へと突入といえ、今後、この動きがどう流通業全体に影響があるのか、
全く読めない状況になったといえます。今後、各社のポイント還元戦略が
どこに向かうのか、当面、その動き、鍵は消費者、顧客ですが、
その動向をしっかり見極めることが重要といえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E6%9C%80%E5%A4%A720%E9%82%84%E5%85%83%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%B8line-pay/1954496631337592/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 16, 2018
7.PayPay、20%還元(100億円)、10日で終了!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/paypay2010010-1.html

PI研コメント:
・PayPayの20%還元、総額100億円のキャンペーンが予定の3月末までではなく、
12/13、わずか10日間で終了とのニュースリリースがPayPay 株式会社から12/13、
公表されました。「「100億円あげちゃうキャンペーン」、開始から10日間で
終了!」との見出しです。予想外の速さでの終了といえます。これについて、
様々なブログでのコメントがありますが、成功、失敗、半々です。成功の
意見は次のキャンペーンを期待しての意見が多く、失敗の意見は
ロケットスタートは良かったが、2段目、3段目への配慮が十分でないと
いうものです。確かに、仮に、これでPayPayのキャンペーンが終わるので
あれば、次のステップに入れるのか、入った場合、そこでの強力な競合、
かつ、先行しているLINE Pay、felica等と、どう伍してゆくのか、現時点は
見えないといえます。しかも、今後は「利用金額の0.5%相当の“PayPay”を
還元」ですので、20%還元との落差は大きく、PayPayをはじめて使った人が
使い続けるのか、他のPayを使っている人が乗りかえるのか、厳しい還元率と
いえます。PayPay、認知度は確実に上がりましたので、次の展開、特に、
今回はじめてPayPayを使った人にまた使ってもらえる仕組みをどう促し、
さらに、最大のライバルであるLINE Pay、felica等へのキラーコンテンツを
どう打ち出すのか、次の一手に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/paypay20%E9%82%84%E5%85%83100%E5%84%84%E5%86%8610%E6%97%A5%E3%81%A7%E7%B5%82%E4%BA%86/1952943294826259/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1. 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
 
 2018年
  *第3回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *第2回POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *第2回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第2回全体会で講演! 
  *第1回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第1回全体会で講演! 
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/18 部数:  959部

他のメルマガを読む