食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第658号:2018/12/10!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第658号:2018/12/10
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第658号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、12/7現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
7520エコス2,261+83+3.81%、3038神戸物産3,285+115+3.63%、
8267イオン2,683.0+76.0+2.92%、8217オークワ1,169+33+2.90%、
3222USMH1,290+30+2.38%、8194ライフコーポ2,574+56+2.22%、
9948アークス2,704+54+2.04%、8255アクシアル4,015	+70+1.77%、
9993ヤマザワ1,768+24+1.38%、8182いなげや1,527+20+1.33%、

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8289オリンピック805-27-3.25%、9919関西スーパ1,046-15-1.41%、
7475アルビス2,770-30-1.07%、8142トーホー2,288-14-0.61%、
2742ハローズ2,511-14-0.55%、3539Jミート2,028-11-0.54%、
8198MV東海2,526-4-0.16%、7465MV北海道4,410-5-0.11%、
9823マミーマート2,299-1-0.04%、2655MV東北1,670 0 0.00%、			
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
    *サンプル分析:https://limited.learno.jp/l/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%80%81%E6%B1%BA%E7%AE%972017%EF%BC%9A%E8%B2%A1%E5%8B%993%E8%A1%A8%E9%80%A3%E7%92%B0%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%88%E3%82%8A/1071
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.ペプシコ、PEPWORXでクローガーのMD支援!
  2.食良品館、食品スーパーとダイソーが融合!
  3.AR(拡張現実)が日経ヴェリタスに登場!
  4.Amazon Personalize、リコメンドサービス、スタート!
  5.アマゾン、リコメンド分析を開放!
  6.その2:情報銀行、実証実験、大日本印刷、JTB!
  7.その1:情報銀行、実証実験、大日本印刷、JTB!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・SUPERMARKET NEWS:https://www.supermarketnews.com/marketing/using-data-help-retailers-get-closer-customers?fbclid=IwAR3QvazE_ImSikY8n0xuasX4LLKIrNGdPP4wIci0x05W61-2krpTmYvMSJA
  ・新潟日報:http://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20181205436730.html?fbclid=IwAR2Juk_0b6RcPnQap0o5qkN66TPtkr4GVjgtXPNPiUk90Pg18n9ovITZdgY
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 08, 2018
1.ペプシコ、PEPWORXでクローガーのMD支援!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/pepworxmd-2169.html

PI研コメント:
・ペプシコが6/15、PEPWORXの商標登録を取得し、クローガー、ダラーストア等、
食品を扱う小売業へのマーチャンダイジング支援サービスをはじめました。
SUPERMARKET NEWSの8/31号の配信記事に詳細が報道されています。同様な
仕組みは数10年前のウォルマートのリテールリンクに近いといえますが、
ID-POS分析を駆使し、全米の菓子、飲料関連を網羅していますので、
市場調査機能も兼ね備えており、新時代のマーチャンダイジング支援
サービスといえます。ちなみに、その規模ですが、「24 million households 
from its data set of 110 million U.S. households 」とのことですので、
2,400万世帯/全米1億1千万世帯のID-POSデータとのことですので、規模、
精度ともに高いといえます。さらに、「both brick and mortar and online」と、
サイバー&フィジカルにも対応しているとのことです。事例ではシリアルに
ついて、冷蔵庫で一晩、牛乳やヨーグルトに漬け、朝食にする世帯の
分析結果などを上げていますが、このような様々な分析支援がクローガーで
はじまったとのことです。これまでは小売業がデータをメーカーに公開し、
提案をもらうというスタイルが一般的だったといえますが、ペプシコは逆、
オンラインも含め、自らデータを収集し、小売業に提案といえ、メーカーから
小売業支援の新たな動きがはじまったといえます。いわゆるMD研究会の終焉とも
いえ、いずれ、日本でも同様な動きが起こるのではないかといえます。
日本のメーカー、自ら商標登録をし、どこがその一歩を踏み出すのか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%9A%E3%83%97%E3%82%B7%E3%82%B3pepworx%E3%81%A7%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AEmd%E6%94%AF%E6%8F%B4/1943335372453718/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 07, 2018
2.食良品館、食品スーパーとダイソーが融合!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/post-18d4.html

PI研コメント:
・ドラッグストアが食品を取り込み、成長著しい中、食品スーパーは
どうドラッグストアに対応するか、その答えのひとつが12/5にオープンした
食良品館、新津店といえます。 「ひらせいホームセンター(新潟市西区)は、
運営する食品スーパーと100円ショップ「ダイソー」を融合させた
店舗づくり」とのことで、「食品とダイソー商品の融合店舗は昨秋、
長岡市内に初めて本格導入し、今回は2件目」とのことです。食品スーパーは
以前は雑貨売場もそれなりに充実を図っていましたが、ここ最近は
ドラグストアの隆盛により、競合の激しい店舗は大幅に雑貨売場を縮小、
その分、生鮮、日配を増やす傾向がありました。食品スーパーに雑貨は
必要なのか、収益を生むことができるのか、ここは大きな課題であったと
いえます。ひらせいホームセンターはこれに対して、ひとつの回答を
出したといえます。平均100円という食品スーパーの1/2の平均価格に
絞った雑貨であれば可能ではないかという視点です。通常、雑貨は
食品スーパーの2倍の平均価格ですので、全く逆の発想です。実際、
ダイソー他、キャンドゥなどと共存する食品スーパーは多いといえ、
相性は良かったといえます。ひらせいホームセンターはこれをさらに
踏み込み、新業態へ挑戦したといえます。今回の新津店が2号店との
ことですので、今後、さらに、この新業態に磨きがかかるといえ、
今後の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E8%89%AF%E5%93%81%E9%A4%A8%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%81%8C%E8%9E%8D%E5%90%88/1942134052573850/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 06, 2018
3.AR(拡張現実)が日経ヴェリタスに登場!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/ar-ce38.html

PI研コメント:
・12/2号の日経ヴェリタスでAR(拡張現実)がリリースされたとのことで、
実際に使ってみました。アプリをスマホにダウンロードし、紙面を
スキャンすると、ポケモンGOのような世界が表れ、びっくりです。
1面の空飛ぶクルマの写真をスキャンしましたが、画面に立体で動くクルマが
飛び出し、360度、どの角度からも見ることができます。さらに、P.50では、
「新興国の稼ぐ力、・」をスキャンしてみたところ、記事の解説が図表、
グラフではじまり、視覚的に内容を理解でき、これもびっくりです。
新聞記事の写真だけではなく、図表や絵でも可能であり、用途は広いと
いえます。新聞は読むものだけではなく、見るもの、イメージの世界と
つながったといえ、新たな時代に入ったと実感できます。今回が最初の
ARコンテンツだとのことですので、次回の日曜日、どのようなコンテンツが
AR化されるのか、そして、新聞がどう変化し、さらに、ARがどう生活に
浸透してゆくのか、ポケモンGOの世界がまさに拡張現実しつつあるといえ、
今後の展開が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ar%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E3%81%8C%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%81%AB%E7%99%BB%E5%A0%B4/1938779579575964/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 05, 2018
4.Amazon Personalize、リコメンドサービス、スタート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/amazon-personal.html

PI研コメント:
・Amazonのリコメンデーションサービスが11/29、アマゾンのHPでリリース
されました。サービス名は、「Amazon Personalize」、サブタイトルは、
「すべてのユーザにリアルタイムパーソナライゼーションと
レコメンデーションを」です。キーワードはリアルタイムと
パーソナライゼーションであり、ユーザーへの推奨(リコメンド)を
リアルタイムで支援するというものです。「20年以上もの間、 Amazon.com は、
商品検索から決済まで購買経験のいたるところでパーソナライズされた
レコメンデーションを統合しながら、大規模なレコメンデーションシステムを
構築」と、アマゾンの20年間のノウハウが集約されたリコメンドサービスと
いえます。手順は5つ、ポイントはレシピであり、すでに様々なレシピが
出来上がっており、そこからひとつ選択し、独自のレコメンドが完成との
ことです。レコメンドは単純そうに見えますが、その中身は複雑、
さらに、経験による知識が必要といえます。今回、アマゾンのノウハウを
共有できることにより、世界の様々な企業で商品と顧客との関係が
Amazonレベルにまで深まってゆくと思われます。「Amazon Personalize」、
日本ではどの企業が採用するのか、恐らく、小売業のID-POS分析に
導入される日も近いといえ、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/amazon-personalize%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88/1935068949947027/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 04, 2018
5.アマゾン、リコメンド分析を開放!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/post-fb80.html

PI研コメント:
・時代が大きく展開しています。Amazonが伝家の宝刀を抜く時が来たようです。
ZDNet Japanが11/29、 「アマゾン、自社で使ってきたAI機能をサービス化
--レコメンドと時系列予測機能を提供」との見出しの記事を配信、
日本経済新聞も11/30、「アマゾン、20年の「知見」を外部に開放 推薦や
売り上げ予測をクラウドで」と、同様の内容の記事を配信しました。
ポイントは、「アマゾンが創業以来20年以上かけて、ネット小売りなどで
培ってきた技術」、その推薦技術(リコメンド)をオンライン小売りや
動画配信事業に開放するとのことで、すでに、アマゾンのホームページでは
このサービスの販売がはじまっています。今後、アマゾンのホームページで
見られる「この商品を買った人はこんな商品も買っています」が、様々な
サイトで見られることになると思われます。技術的にはAIによる
リコメンドのアルゴリズムですが、アマゾン独自のノウハウが加わっていると
思われます。Amazon自身も、「Jassy氏は、このサービスは「従来の
サプライチェーンソフトウェアの10分の1のコストで、これまでよりも
最大50%正確な予測を提供できる」と主張」とのことです。それにしても、
時代がこれだけ早く動くとは驚きであり、今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%92%E9%96%8B%E6%94%BE/1934997116620877/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 03, 2018
6.その2:情報銀行、実証実験、大日本印刷、JTB!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/2-a9e6.html

PI研コメント:
・大日本印刷、JTBとの取り組みに続き、11/29、中部電力とも情報銀行の
実証実験に取り組むとのニュースリリースを公表しました。タイトルは、
「地域内の情報流通で生活支援を行う「地域型情報銀行」を構築」であり、
豊田市で、キュレーションズ、豊田市、豊田まちづくり、山信商店と、
連携をとり、「地域型情報銀行」の社会実装」を目指すとのことです。
自治体、食品スーパー、健康関連企業も入っており、まさに、地域一体と
なった情報銀行構想といえます。「地域内の消費活性化や地域課題の
解決などへ寄与する事業モデルについて検証」を「12月中旬より約3か月間、
豊田市で実証事業を実施」とのことです。情報銀行は、総務省・
経済産業省が「情報信託機能の認定に係る指針ver1.0」」を公表し、
いっきに加速化しており、今期、来年にかけて様々な実証実験が
スタートします。本ケースの大日本印刷を含め、今後、どのような
実証実験がスタートするか、そして、来期以降、どう実践段階に
入ってゆくか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%81%9D%E3%81%AE2%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%B0%E5%88%B7%EF%BD%8A%EF%BD%94%EF%BD%82/1933598433427412/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 02, 2018
7.その1:情報銀行、実証実験、大日本印刷、JTB!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/12/post-c681.html

PI研コメント:
・大日本印刷が11/29、「大日本印刷とJTB 観光分野での情報銀行(情報信託機能)
サービスを共同で開発」とのニュースリリースを公表しました。「旅行者の
パーソナルデータを情報銀行(情報信託機能)で集約・活用」するための
実証実験を上野と京都で12月に開始するとのことです。すでに、
「次世代トラベルエージェントサービス」を開発しており、これを通じて、
「旅行者とサービス事業者の双方に有益で、効率よくデータの流通と活用が
できる情報銀行の在り方や新しい価値の創出を検証」するとのことです。
情報銀行は原則、消費者が自らの意志でパーソナルデータを情報銀行に
預けることが前提ですので、その利活用は個人情報保護法にも抵触せず、
利活用が可能となります。従来の小売業のID-POSデータやgoogle、
facebook等のSNSとも発想が違うビジネスモデルであり、これにより
新たな顧客IDを基盤にすえたビジネスが可能といえます。このケーズは
その旅行版ともいえ、旅行者とサービス事業者を情報銀行が媒介、
「最適なコミュニケーションを実現」することを目指すといえます。
このニュースリリースではAIというキーワードは出ていませんが、
ここにAIを絡めると、さらにマッチングの充実が図れるのではないかと
思います。情報銀行、いよいよ、実践段階に入ったといえ、
今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%91%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%B0%E5%88%B7%EF%BD%8A%EF%BD%94%EF%BD%82/1933573080096614/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1. 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
 
 2018年
  *第3回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *第2回POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *第2回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第2回全体会で講演! 
  *第1回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第1回全体会で講演! 
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/14 部数:  972部

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/14 部数:  972部

他のメルマガを読む