食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第647号:2018/9/24!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第647号:2018/9/24
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第647号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、9/21現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
3038神戸物産6,000+360+6.38%、8167リテールPA1,487+57+3.99%、
8142トーホー2,175+75+3.57%、8182いなげや1,793+56+3.22%、
3222USMH1,415+34+2.46%、9919関西スーパ1,244+24+1.97%、
8242H2Oリテイ1,835+33+1.83%、9948アークス2,980+50+1.71%、
8255アクシアル4,090+65+1.61%、9977アオキスーパ2,685+40+1.51%、	

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
3539Jミート2,299-61-2.58%、8267イオン2,619.5-32.0-1.21%、
2655MV東北1,567-13-0.82%、7475アルビス3,020-20-0.66%、
2742ハローズ2,684-17-0.63%、2791大黒天4,445-15-0.34%、
2747北雄ラッキー3,410-10-0.29%、3094スーパーV740-2-0.27%、
9846天満屋ス1,222-3-0.24%、7520エコス1,640-1-0.06%、			
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.バローH、「店舗数から商品力へのパラダイムシフト」へ!
  2.バローH、フタバヤを傘下に!
  3.日本たばこ産業、本決算を見る!
  4.たばこ、10月値上げ、RRPも!
  5.レジ袋、ストロー、プラスチック製、廃止へ!
  6.ツルハ、金秀商事と業務提携!
  7.情報銀行、始動、情報信託機能普及協議会!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34540010U8A820C1000000/
  ・engadget:https://www.engadget.com/2018/09/07/cashierless-store-san-francisco-standard-cognition-amazon-go/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 22, 2018
1.バローH、「店舗数から商品力へのパラダイムシフト」へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/h-dc75.html

PI研コメント:
・この5月に公表したバローHの中期経営計画は、食品スーパー業界にとっては
かなり、ショッキングな、まさに、「パラダイムシフト」かと思います。
食品スーパーのB/Sは資産の大半が新規出店を前提とした土地、建物、
敷金保証金であり、総資産に占める比率は約60%となり、これが原動力となり、
成長戦略が推進されます。今回のバローHの中期経営計画の基本方針は、
「店舗数から商品力へのパラダイムシフト」、この原則を否定したともいえ、
成長戦略の放棄ともいえます。見方を変えれば、当面、成長、すなわち、量よりも
質へ転換、競争力、収益性を高める経営戦略へ、3年間徹しようというもので、
パラダイムシフトといえます。実際、今回のフタバヤの子会社化も、3店舗です
ので、量ではなく、生鮮、惣菜の商品力の充実を目指したといえますので、
この基本方針に合致しています。中期計画では、「少子高齢化による消費・
生産人口の減少、消費者の購買行動の変化やオーバーストア・業態間競争の
激化など、事業を取り巻く環境は大きく変化」と、経営環境の変化を捉え、
「従来の店づくりで店舗数を拡大しても企業価値の向上には繋がらないと
判断」と断定しています。バローHの今回の中期経営計画は、食品スーパーが、
まさに、パラダイムシフトの時代に入り、量を拡大する時代は終焉したと
いえる象徴的な動きといえるかと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%BCh%E5%BA%97%E8%88%97%E6%95%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E5%95%86%E5%93%81%E5%8A%9B%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88%E3%81%B8/1831568486963741/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 21, 2018
2.バローH、フタバヤを傘下に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/h-b559.html

PI研コメント:
・バローHが8/29、滋賀県に3店舗の食品スーパーを展開するフタバヤの
株式取得(子会社化)したとのニュースリリースを公表しました。バローHは、
この4月から「「店舗数から商品力へのパラダイムシフト」を基本方針とする
中期 3 ヵ年経営計画をスタート」したばかりであり、その一環としての
商品力強化が目的といえます。フタバヤは「特に青果・惣菜部門の
売場展開及び販売力に強みを持ち、地域のお客様より高い支持を得て、
・・」と、生鮮食品、惣菜に強みがあるとのことですので、この商品力を
「滋賀県にスーパーマーケット 14 店舗を展開」しているバローHの
食品スーパーに波及させてゆくことがポイントといえます。一般に
食品スーパーが商品力を向上させるには、長い時間と人、物、金の投資が
必須ですが、商品力の強い食品スーパーをM&Aにより、傘下に入れることに
より、より早く、商品力の向上につなげることが可能となります。特に、
食品スーパーは各地に小規模ですが、商品力の強い企業がひしめいて
いますので、今回のケースはまさにそのケースといえます。バローH、
フタバヤの商品力をまずは滋賀県、そして、全店にどう波及させ、
中期経営計画の「店舗数から商品力へのパラダイムシフト」を
実現させてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%90%E3%83%AD%E3%83%BCh%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%A4%E3%82%92%E5%82%98%E4%B8%8B%E3%81%AB/1831538996966690/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 20, 2018
3.日本たばこ産業、本決算を見る!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/post-829a.html

PI研コメント:
・10/1からたばこの値上げが控える中、日本たばこ産業の本決算を集計して
みました。結果は減収減益、たばこの国内市場規模が急激に減少する中、
海外事業の拡大、医療、食品等の多角化事業によるリカバリーが、現時点では
十分に貢献できていない状況といえます。ただ、売上収益は2,139,653百万円
(△0.2%)とわずかであり、通期予想は3.8%増ですので、企業規模は維持、
堅調な数字といえます。課題の国内市場も「RRP 市場の拡大及び趨勢減等」と、
趨勢は減少傾向のようですが、本格的な展開はこれからといえ、今後、
どこまで国内市場をリカバリーできるかがポイントといえます。
そのRRP市場ですが、プルーム・テックが先行する IQOSにどこまで
追いつけるかがカギといえ、特に、本格展開がはじまったコンビニ市場での
争奪戦がポイントといえます。たばこは、今後、数年間、段階的に増税と
なり、特に、来年は消費増税も控え、ダブルでの値上げとなり、より、
厳しい経営環境となります。日本たばこ産業、このような厳しい経営環境の
中、国内での新たな成長市場ともいえるRRP市場、どのような投資を行い、
どのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%9C%AC%E6%B1%BA%E7%AE%97%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B/1830467910407132/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 19, 2018
4.たばこ、10月値上げ、RRPも!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/10rrp-a717.html

PI研コメント:
・たばこの値上げが10/1から実施されますが、マーケティング的な視点で
見ると、興味深い要素をいくつも含んでおり、しかも、流通業界全体への
影響、最新技術の普及等、様々な要素が絡み合っている動きといえます。
今回のたばこの値上げは、来年、消費増税が控えていますので、それに
先駆けての値上げであり、そのショックを和らげる要素もあるといえます。
また、今回はRRP(Reduced-Risk Products)、いわゆる、加熱式たばこが
初めて分離されたといえ、RRPが新たな市場、新カテゴリーとして、
本格的に動き出すことにもなります。この新市場はすでに、たばこ全体の
10%程度に成長しており、新技術も次々に開発、多額の投資を各社実施して
おり、今後、数年で一大市場を新たに形成することが確実といえます。
そのカギを握るコンビニでも本格的な展開がはじまり、常に、商品は
品薄気味とのことです。たばこの値上げは、その意味で、様々な要素を
含んでおり、この10月、消費者がどのように反応し、さらに、来年の10月、
そして、この5年間でたばこがどう変わり、コンビニをはじめ、
流通構造がどう変化してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%9310%E6%9C%88%E5%80%A4%E4%B8%8A%E3%81%92rrp%E3%82%82/1830436653743591/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 18, 2018
5.レジ袋、ストロー、プラスチック製、廃止へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/post-dcc1.html

PI研コメント:
・食品スーパーと極めて関係の深い環境問題、プラスチック製品使用禁止の
動きがアメリカで本格化しはじめました。プラスチック製のストローに
ついては、外食の雄、スターバックスが7/9、「プラスチック製の使い捨て
ストローの使用をやめると発表」し、「2030年までに使い捨てプラスチック
製品の使用を禁じる方針を打ち出し」たとのことです。そして、7/23、
今度は、世界No.1の食品スーパー、クローガーがプラスチック製の
レジ袋を「2020年までに世界で2万8000店超あるすべての店で廃止」との
方針を打ち出しました。スターバックスは2030年までですが、
クローガーは2020年、10年早く、プラスチック製のレジ袋を廃止との
ことですので、さらに速度が速まっています。翻って、日本では、
政府が消極的とのことで、日本経済新聞の報道でも、「日本は消極的だ。
G7の海洋プラスチック憲章には米国とともに署名を見送った。」との
ことです。世界、特に、EU、アメリカが本格的に動きはじめたことに
より、今後、日本もその対応が迫られるといえます。日本の食品スーパー、
そして、外食がどうプラスチック規制問題に対応してゆくのか、
今後の動向が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%AC%E3%82%B8%E8%A2%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A3%BD%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%81%B8/1829541907166399/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 17, 2018
6.ツルハ、金秀商事と業務提携!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/post-4787.html

PI研コメント:
・9/13、ツルハHがニュースリリース、「当社子会社による「金秀商事株式会社」
とのフランチャイズ契約締結に関するお知らせ」を公表しました。ツルハHの
子会社、ツルハが金秀商事と業務提携し、沖縄に本格的にドラッグストアを
展開してゆくというものです。地元紙、沖縄タイムス、琉球新報によれば、
「初出店から3年で50店、5年で100店舗を目指す」というものです。
ドラッグストア同士のM&A、業務提携ではなく、ドラッグストア、
食品スーパーの業務提携であり、今後の両業態の関係を占う上でも注目の
動きです。特に、今回は食品スーパーの金秀商事の店舗の業態転換、
新業態開発も検討してゆくということであり、ドラッグストア主導の
業務提携といえ、今後、このような地方の食品スーパーと全国展開を
はじめたドラッグストアとの提携が各地で起こる可能性も高いといえます。
食品スーパーはまだ全国展開を目指している企業はイオンの
マックスバリューを除き、ないといえますので、今後ともこの動きが
進んでゆくのではないかと思えます。その意味で、業態そのものが
大きく変化する時代に入ったといえ、今後の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%8F%E9%87%91%E7%A7%80%E5%95%86%E4%BA%8B%E3%81%A8%E6%A5%AD%E5%8B%99%E6%8F%90%E6%90%BA/1825464270907496/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
September 16, 2018
7.情報銀行、始動、情報信託機能普及協議会!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/09/post-9d3e.html

PI研コメント:
・情報銀行が本格的に動き始めそうです。日経XTREND、9/11に「個人データ
活用が一変「情報銀行」の認定団体が決定」とのテーマで特集が組まれました。
「「情報銀行」事業者の認定団体が、日経クロストレンドの取材により
明らかになった。」との書き出しではじまり、日経XTRENDがスクープした
との内容です。「認定するのは情報信託機能の普及を推進することを目的に
設立された民間団体「情報信託機能普及協議会」」とのことですので、
認定団体が明確になったことにより、そこで審査、認定されれば日本でも
本格的な情報銀行がはじまるといえます。すでに、様々な企業が実証実験に
入っていることからも、恐らく、来年春には認定業者が数社、
誕生するのではないかと思います。記事の中では、「三菱UFJ信託銀行、
電通テックなどが相次いで参入を発表」とのことですので、この2社は
確実だと思われます。情報銀行は政府では総務省と経済産業省が
統括しているとのことで、総務省からは「情報信託機能の認定に係る
指針ver1.0」がリリースされ、情報銀行の詳細が解説されています。
情報銀行、いよいよ、個人のパーソナルデータが個人で管理でき、
それがビジネスに直結する時代になったといえます。これまでのように、
小売業が独占する時代はいずれ終わるといえ、今後は小売業も個人へ
収集したパーソナルデータを返還する義務が発生するといえます。
必然的にスマホ対応で個人情報のやり取りが個々の消費者と契約を
結んだ上でなされてゆくことになり、個人情報は個人のものとなり、
個人の同意を得た上でビジネスを展開する時代に入るといえます。
情報銀行、いつ、サービスがどの企業ではじまるか、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%A7%8B%E5%8B%95%E6%83%85%E5%A0%B1%E4%BF%A1%E8%A8%97%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%99%AE%E5%8F%8A%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A/1825410270912896/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1. 1.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人! 
 
 2018年
  *第2回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第2回全体会で講演! 
  *第1回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第1回全体会で講演! 
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  971部

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  971部

他のメルマガを読む