食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第634号:2018/6/25!


カテゴリー: 2018年06月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第634号:2018/6/25
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第634号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、6/22現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
7475アルビス3,395+145+4.46%、9974ベルク5,960+140+2.41%、
9919関西スーパ1,238+29+2.40%、8182いなげや1,873+43+2.35%、
8255アクシアル4,215+85+2.06%、8279ヤオコー6,090+60+1.00%、
2742ハローズ2,689+18+0.67%、8142トーホー2,602+17+0.66%、
8194ライフコーポ2,773+17+0.62%、8198MV東海2,467+15+0.61%、	

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8289オリンピック789-36-4.36%、8167リテールPA1,703-54-3.07%、
3094スーパーV894-16-1.76%、8217オークワ1,165-13-1.10%、
9956バローHD2,500-26-1.03%、8267イオン2,369.0-22.0-0.92%、
9846天満屋ス1,345-12-0.88%、9823マミーマート2,601-16-0.61%、
3539Jミート2,469-10-0.40%、7643ダイイチ743-3-0.40%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度は現在集計中です。
  2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.セブン・ペイ設立、ポイント新たな時代へ!
  2.メルカリ、KPI、ユーザ基盤の拡大×ARPUの向上!
  3.メルカリ、上場、時価総額7000億円、6/19!
  4.日銀、経済産業省、大阪地震、緊急対策公表!
  5.大量出店の時代、終焉、成長戦略転換、外食?
  6.神戸物産、第2四半期決算、増収増益!
  7.スーパー玉出、イセ食品に事業売却へ!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・ITmedia NEWS:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/19/news075.html
  ・nikkei.com:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25444570Z00C18A1I10000/
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 23, 2018
1.セブン・ペイ設立、ポイント新たな時代へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-bf78.html

PI研コメント:
・セブン&アイHが6/21、セブン・フィナンシャルサービス、セブン銀行とともに、
「新会社設立に関するお知らせ 」のニュースリリースを公表しました。
新会社名は、株式会社セブン・ペイであり、「スマートフォンをツールとした
新たな決済サービスを提供する会社」とのことです。セブン銀行はすでに、
「LINE Pay」の入出金サービスに対応しており、今回はセブン&アイHの独自の
ペイ、セブン・ペイを自ら始めるとのことですので、新たな、しかも、スマホでの
本格決済への対応といえます。セブン・ペイは見方を変えればスマホの
ポイントカードともいえますので、ポイントカードの時代がスマホポイント、
セブン・ペイの時代へと移る転機ともいえます。当面は同時並行、カードでの
ポイントとスマホでのペイとが共存してゆくことになると思えますが、
カードのポイントではカバーしきれなかった新たな顧客をカバーしてゆくことに
なるといえます。小売業は顧客との関係を商品だけでなく、ダイレクトに
どう築いてゆくか、それが今後の盛衰を決めるといっても過言ではありませんが、
ポイントカードだけでは十分にカバーできないだけでなく、コミュニケーションも
不十分、さらに、最大のテーマ、決済には不向きですので、これらを満たす
新たなサービスがスマホ、ポイント、決済を兼ねたセブン・ペイといえます。
実際のセブン・ペイのスタートはもう少し先となると思いますが、
セブン&アイHがどのようにセブン・ペイの展開をはかってゆくのか、
小売業のポイントカードの今後の動向を含め、そのゆくへに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%A4%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%B8/1693277867459471/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 22, 2018
2.メルカリ、KPI、ユーザ基盤の拡大×ARPUの向上!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/kpiarpu-2248.html

PI研コメント:
・6/19に上場したメルカリのKPIをまとめてみました。CtoC企業ですので、
何といっても顧客が中心となりますので、基本は売上高を2つに分解、
ユーザ基盤の拡大×ARPUの向上として、捉えていることです。リアルの
小売業が客数×客単価でKPIを構成するのに対し、客数のかわりに
ユーザーをあて、客単価のかわりにARPUをあてています。客数は
レシート枚数ですが、ユーザーは顧客そのもの、メリカリはMAU、すなわち、
月間アクティブユーザーをすえています。また、さらに、ARPUを2つに分解、
購入単価×購入頻度としてとらえています。これも客単価の場合は
PI値×平均単価ですが、頻度をKPIにすえるのがメルカリのKPIといえます。
これはドコモ、ソフトバンクなどの携帯電話会社やゲーム会社などと同様で
あり、今後、C、すなわち、顧客を基盤としたビジネスでは客数×客単価から、
MAU×ARPUへの転換が経営戦略を考える上において、重要なKPIとなると
思われます。この基本のKPIをもとに、メルカリは様々な指標を公開し、
ライバルのアリババ、フェイスブック等と比較をし、その優位性を示して
います。興味深いKPIとしては、「月内での購入・出品重複ユーザ:購入者の
36.7%、出品者の55.2%」であり、出品者=購入者となる、いわゆる併売率を
公表していますが、36.7%対55.2%で出品者の方が購入者となる併売率が高く、
出品者から購入者への流れの方が強いことです。メルカリとしては、取引が
成立し、その数を増やすことが手数料収入を拡大しますので、購入者も
さることながら、いかに、出品者を増やすかも課題ですので、36.7%を
どう引きあげるかも重要なKPIといえます。世界で戦うためには、
このような視点でKPIを抑え、ライバルと比較し、戦略の構築が必要といえ、
メルカリの上場後、約500億円の投資、そして、今後の展開が
気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AAkpi%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E3%81%AE%E6%8B%A1%E5%A4%A7arpu%E3%81%AE%E5%90%91%E4%B8%8A/1688749561245635/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 21, 2018
3.メルカリ、上場、時価総額7000億円、6/19!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/7000619-02e9.html

PI研コメント:
・メルカリが6/19、マザーズへ上場しました。初値が中々つかない中、投資家が
殺到、前場は5,520円で終了しました。この時点での時価総額は748,382百万円、
約7千億円強と、今年に入って、最大の新規上場となりました。メリカリの
最新の決算数値を見ると、びっくりです。赤字決算であることに加え、
利益剰余金が △11,681百万円と、100億円を超えることです。しかも、
自己資本比率はわずか9.8%ですので、単純に経営を俯瞰すると、厳しい
財務状況といえます。自己資本比率が9.8%である理由は有利子負債が
24,262百万円(総資産比 40.27%)と、多額に及び、さらに、未払金が
25,401百万円(総資産比42.16%)と、これも財務を圧迫しているためです。
数字だけ見ると金融業に近い財務構造ですが、実際、メルカリは、
「各サービスにおける手数料率を掛 け合わせて計算される手数料売上」が
メインの事業ですので、金融業といってもよいビジネスモデルといえます。
事実、「決済・金融 関連事業を行う株式会社メルペイの設立」しています
ので、今後、メルペイが重要なビジネス成功のキーとなると思われます。
今回、上場により、調達した資金は500億円を超えるとのことですが、
これを今後の事業の盛衰を握るアメリカ市場へ投入し、「新たな価値を
生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」とのことです。日本が生んだ、
メルカリビジネス、投資家は買いと判断し、期待が集まる中、今後、
アメリカ市場をどう攻略し、世界的なマーケットプレイスに成長してゆくのか、
その動向に大いに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AA%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E6%99%82%E4%BE%A1%E7%B7%8F%E9%A1%8D7000%E5%84%84%E5%86%86619/1688653504588574/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 20, 2018
4.日銀、経済産業省、大阪地震、緊急対策公表!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-45c0.html

PI研コメント:
・6/18の大阪府北部を震源とする地震に対する政府の対策が順次公表されて
いますが、金融、産業面ではどのような対策が公表されたのかを日本銀行、
経済産業省の公表記事から抜粋しました。ポイントは「災害救助法が適用」で
あり、こに基づき、「大阪府大阪市、豊中市、吹田市、高槻市、守口市、
枚方市、茨木市、寝屋川市、箕 面市、摂津市、四條畷市、交野市、
三島郡島本町内」の被災者、被災中小企業・小規模事業者、すなわち、
個人と法人に対して対策が講じられるといえます。金融面では「各金融機関、
証券会社等、生命保険会社、損害保険会 社、少額短期保険業者及び
電子債権記録機関」とすべての金融関係機関へ日銀から要請がなされ、
第1番目が「預金証書、通帳を紛失した場合でも、災害被災者の被災状況等を
踏まえた確認方法をもって預金者であることを確認して払戻しに応ずること」
と、証書、通帳等の紛失に対する対応です。被災後の現金の確保を最優先で
対応することがポイントであり、これは法人対応も同様です。経済産業省は
「セーフティネット保証4号の適用」をあげており、「大阪信用保証協会が
一般保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証するセーフティネット
保証4号を適用」と、法人に対して現金の確保を優先しています。被災した
場合、小売業は食料をはじめ、衣料、住関連の商品の提供が主な対応と
なりますが、そのもととなる現金は政府が対応しないと命にかかわることです
ので、重要な対策といえます。そして、これに、医療が加わることにより、
被災後の緊急対応の体制が整ってゆくことになりますが、これらの対策が相互に
連携し、大阪府北部の被災された方、法人の安定につながればと願います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%97%A5%E9%8A%80%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%9C%81%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%9C%B0%E9%9C%87%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%AF%BE%E7%AD%96%E5%85%AC%E8%A1%A8/1688547831265808/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 19, 2018
5.大量出店の時代、終焉、成長戦略転換、外食?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-f8f5.html

PI研コメント:
・6/16の日本経済新聞に「外食「大量出店」に限界、ガスト・すき家、
年10店程度に抑制 市場飽和で人手も足りず」との記事が掲載されました。
これ以外にも、ここ最近、このテーマの記事が各報道機関で特集、掲載されて
おり、外食産業の成長戦略に転機が来たといえます。約3年前、2014年の
すかいらーくの再上場も同じ経営課題といえ、外食産業における成長戦略=
大量出店の時代の終焉が鮮明になったといえます。今回、このテーマを
取り上げた理由は、この構図は外食に限らず、小売業全体、特に、
食品スーパーでも同様であり、いわゆるチェーンストアの成長戦略が
新規出店に頼る時代が終焉したと思えるからです。ちなみに、食品スーパーの
B/Sを見ると、最大の資産は新規出店にかかわる資産、土地、建物、敷金・
保証金等であり、これらが総資産の約70%近くを占めており、経営=資産の
取得=売上高=成長という構図になっているのが実態です。B/Sの資産の
増加なしにP/Lの成長はありえず、さらにCFではここへ営業キャッシュフローの
ほぼ100%を配分しているという実態があります。これが、これまで
食品スーパーを支えてきた成長戦略の根幹図式であり、今回の記事は外食の
話ですが、そっくり、食品スーパー他、チェーンストア全体にも当てはまると
いえます。その意味で、小売業界としては、今後、これまでの成長戦略の
黄金比率が崩れたといえますので、新たな成長戦略の構図をどう見出すか、
業界再編を超えた根本的な経営課題を突き付けられたといえそうです。
その意味で、前回、本ブログでも取り上げた「スーパー玉出、イセ食品に
事業売却へ!」は、この問題に答えを見出す可能性を秘めた、
成長戦略再構築の転機となる第1歩かもしれません。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E5%87%BA%E5%BA%97%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E7%B5%82%E7%84%89%E6%88%90%E9%95%B7%E6%88%A6%E7%95%A5%E8%BB%A2%E6%8F%9B%E5%A4%96%E9%A3%9F/1685600994893825/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 18, 2018
6.神戸物産、第2四半期決算、増収増益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/2-75f2.html

PI研コメント:
・神戸物産が6/13、2018年10月期の第2四半期決算を公表しました。結果は、
営業段階では増収増益、経常段階では増収減益、そして、当期純利益段階では
大幅増収となる、やや複雑な決算結果です。投資家も微妙に反応、決算後は
売りでしたが、ここへ来て買い、6/15の食品スーパー関連の株価では5,280円、
+220+4.35%でトップとなり、乱高下といえます。その要因はデリバティブ取引きに
あります。神戸物産は輸入依存度が高く、円高、円安で業績が大きく左右され
ます。1円のブレが1億円近くになるとのことで、円高では営業利益は有利に
なりますが、円安では不利となります。そのため、この不安定さを相殺する
ためにデリバティブ取引を行っており、結果、今期はデリバティブ評価損が
420百万円、前期はデリバティブ評価益が446百万円と真逆に働き、利益の
安定を図っています。結果、当期純利益は16.3%増ですので、好調な決算と
見て、よさそうです。小売業は本来ドメスティックな業態ですが、神戸物産の
ように輸入依存度が高いと、ディリバティブは必須の経営の武器といえ、
ここまで配慮しないと経営の本質が見えないといえますので、独特な小売業と
いえます。ただ、今後、日本の小売業の輸入依存度もあがり、海外進出も
増加してゆくと、このような為替相場も経営に大きな影響を与えるといえます。
神戸物産、主軸の業務スーパーは堅調ですので、今後、為替がどう動くかも含め、
次の半期、どのような成長戦略を打ち出すのか、注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E7%89%A9%E7%94%A3%E7%AC%AC2%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%8F%8E%E5%A2%97%E7%9B%8A/1684292368358021/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 17, 2018
7.スーパー玉出、イセ食品に事業売却へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-68ef.html

PI研コメント:
・スーパー玉出が鶏卵生産大手「イセ食品」へ売却との記事が報道各社から6/15、
報じられました。一見、この2社の組み合せが結びつないように思えますが、
キーワードはインドのように思えます。日経新聞によれば、イセ食品は、
「スズキと組んで2020年をめどにインドでの鶏卵生産に乗り出す」ことが
決まっており、「自動採卵や低温輸送など「イセ・モデル」を導入し、
インドの鶏卵消費量の5%に当たる「年間40億個の生産をめざす」」との
ことです。そのインドの動向ですが、「インド政府は農業振興策の一環として、
食品部門に限ってスーパーなどマルチブランド小売事業を外資に開放することを
検討中」とのことで、この動きを受けて、「伊勢会長も「(外資規制緩和が)
実現したらぜひ食品小売事業にも参入したい」と表明した」と報じられています。
したがって、今回のスーパー玉出のイセ食品によるM&Aは、このインド戦略の
延長にあると思われます。さらに、イセ食品は、「近年イセ食品はアジアへの
進出を加速。タイとベトナムでは2017年から卵の出荷を開始。フィリピンや
バングラデシュ、インドネシアでも地元企業との協議を進めている」との
ことですので、東南アジア全域を視野に入れたビジネス構想を進めています
ので、その一環とも思えます。日本の食品スーパーがそのままインド、
東南アジアで新店開発が可能かというと厳しい面があるといえますが、
最も可能性のある食品スーパーを検討した結果、スーパー玉出がイセ食品の
目に留まったのはないかと思われます。イセ食品、今後、スーパー玉出を
どのように成長させてゆくのか、そして、インド、東南アジアへの本格参入は
あるのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E7%8E%89%E5%87%BA%E3%82%A4%E3%82%BB%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AB%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E5%A3%B2%E5%8D%B4%E3%81%B8/1683122545141670/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度は現在集計中です。
  2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人! 
 
 2018年
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第1回全体会で講演! 
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/19
部数 976部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/11/19
部数 976部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング