食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第632号:2018/6/11!


カテゴリー: 2018年06月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第632号:2018/6/11
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第632号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、6/8現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
8267イオン2,351.0+80.5+3.55%、3094スーパーV918+18+2.00%、
3539Jミート2,353+42+1.82%、9993ヤマザワ1,854+16+0.87%、
8142トーホー2,638+19+0.73%、3222USMH1,438+5+0.35%、	
8274東武ストア3,085+10+0.33%、9919関西スーパ1,221+4+0.33%、
8287MV西日本1,808+5+0.28%、7643ダイイチ740+2+0.27%、	

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
7475アルビス3,345-100-2.90%、8167リテールPA1,760-38-2.11%、
8194ライフコーポ2,794-41-1.45%、8242H2Oリテイ1,841-27-1.45%、
2791大黒天5,470-60-1.08%、9948アークス2,960-24-0.80%、
3171MV九州2,511-19-0.75%、9956バローHD2,614-18-0.68%、
8217オークワ1,095-7-0.64%、8255アクシアル4,190-25-0.59%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度は現在集計中です。
  2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人! 
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.食品スーパー、外敵に揺れる?
  2.アメリカ小売業、閉店、ラッシュ!
  3.サツドラ、EZOCA、道内世帯カバー率50%!
  4.ダイナミックプライシング、横浜F・マリノス、導入!
  5.トライアル、AI実証実験、F(頻度)、リコメンド!
  6.セブン&アイ・データラボ、スタート、6/1!
  7.食品スーパー業界、総額表示の動きに反発!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・日経XTREND:http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/feature/00064/00008/?n_cid=nbpnxr_fbbn
  ・BUSINESS INSIDER:https://www.businessinsider.jp/post-1440
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 09, 2018
1.食品スーパー、外敵に揺れる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-de92.html

PI研コメント:
・6/7、日経ビジネス ONLINEで興味深い記事が掲載されました。タイトルは、
「ウェルシア、ドンキ…外敵に揺れる食品スーパー」です。神奈川県川崎市の
食品スーパー、東急ストア、ライフコーポレーションをめぐる「スーパー業界の
最近の構図を象徴する”激戦地”」を取材した内容をもとに、現在の
食品スーパーがかかえる経営課題を取り上げた内容です。「老舗スーパー、
劣る収益構造」の節では、いなげや、ライフコーポレーションの
「売上高販売管理費比率が29.5%、 30.2%と高く」、ドンキホーテの
「売上高販売管理費比率が19.6%と低く」と、対照的な経営構図になって
しまった食品スーパーの劣勢を分析し、結果、「スーパー23社が減益か
赤字に」と、構造的な経営課題になりつつある食品スーパーの現状を
解説しています。その最大の要因は、「これまで各社が出店競争を続けた
結果、店舗の「供給過剰」がはっきりしてきた」と、出店競争による
供給過剰である点をあげています。まさに、いま、アメリカで起こっている
大量閉店の時代を思わせる構図といえ、ここに新興勢力であるドラッグストア、
ドンキホーテ等が低い売上高販売管理費比率を武器に、食品を強化し、
参入していることが、さらに食品スーパーの経営を圧迫しているとのこと
です。記事では、新たな流れ「グローサラント」が光明になる可能性を
成城石井を例に、また、都心型モデルを追求する「八百幸」を取り上げ
ますが、最後の〆は、「抜本的な経営改革も求められる」で結んでいます。
食品スーパー、現在、2018年度本決算を集計中ですが、確かに、
売上高販売管理費比率が他の食品を扱う業種と比べ、極端に高い水準に
あり、経営を圧迫しているといえます。今後、食品扱い業種全体の
供給過剰をどう調整してゆくか、特に、攻める業種と守る業種の攻防、
今後、数年、厳しいせめぎあいが続くといえ、食品スーパーにとっては
冬の時代に入りつつあることを取り上げた象徴的な記事といえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E5%A4%96%E6%95%B5%E3%81%AB%E6%8F%BA%E3%82%8C%E3%82%8B/1674770322643559/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 08, 2018
2.アメリカ小売業、閉店、ラッシュ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-35a0.html

PI研コメント:
・BUSINESS INSIDERが6/4、「閉店が続くアメリカ小売業「最期の日々」」という
タイトルのセンセーショナルな記事を配信しました。「2018年、アメリカでは
3800以上の店舗が閉店」するとのことで、いよいよ、アメリカで大量閉店の
時代が本格化したとの内容です。記事では大量の閉店関連の写真がアップ
されており、それを見るとアメリカの小売業がまさに最後の日々をむかえつつ
あるような印象をうけます。BUSINESS INSIDERではその要因について、
別の記事で特集を組んでおり、昨年の7/26の「アマゾンではなかった…… 
アメリカの小売業を低迷させた2つの元凶」では、「小売業者の過剰出店と
アメリカ人の消費習慣の変化」が原因と分析しています。今後、これらの
実態をもとに専門家による様々な分析が公表されてくると思われますが、
アメリカでの店舗の大量閉鎖は当面続くと思われます。そして、
この大量閉鎖後、アメリカの小売業がどのような構造変化に突入するのか、
アマゾンの動向も含め、注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E9%96%89%E5%BA%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/1673938889393369/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 07, 2018
3.サツドラ、EZOCA、道内世帯カバー率50%!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/ai50-61e6.html

PI研コメント:
・日経XTRENDで特集していた8回シリーズ、「リアル店舗の逆襲~日本発、
アマゾン対抗のリテールAI戦略」が6/5、8回目を迎え、完結しました。
最終回なので、どうのようなまとめとなるか、気になっていたのですが、
まさかのサツドラ、しかも、社長の富山氏が自ら執筆するとは意外な
結末でした。てっきり、トライアルで〆るのかと予想していましたので、
びっくりです。それにしても、サツドラの「EZOCA」、「会員数は
150万人を超え、道内の世帯カバー率も50%を超え」とのことで、ここまで
地域シェアを急速に拡大したカードは稀であり、しかも、その背景に
並々ならぬAI、ITへの経営シフトがあり、次の展開に期待をもてる最終回に
ふさわしい企業といえます。通常、AIもITも専門企業と組み、連携を
取りながら経営に活用してゆく手法を取りますが、サツドラは、
「AI TOKYO LAB(東京・千代田)の北出宗治社長と話をしているうちに
一緒にやっていこうということになり、16年6月に同社をグループ会社と
して迎え入れた」とのことですので、経営のふところに取り入れてしまうと
いう決断をしており、AIに対する強い執着、決意を感じます。
このシリーズは九州のトライアルにはじまり、北海道のサツドラで終わると
いう、結果、日本の南北両極の企業がメインの企画であったといえ、
革新は辺境から起こるという格言を地で行くといえます。両企業の今後は
もちろんですが、AIが流通業全体に今後どうインパクトを与え、
変革につながってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%89%E3%83%A9ai%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88%EF%BD%85%EF%BD%9A%EF%BD%8F%EF%BD%83%EF%BD%81%E9%81%93%E5%86%85%E4%B8%96%E5%B8%AF%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E7%8E%8750/1672961799491078/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 06, 2018
4.ダイナミックプライシング、横浜F・マリノス、導入!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-b070.html

PI研コメント:
・ダイナミックプライシングがいよいよ日本でも様々な分野で展開される時代が
はじまったといえます。6/1の日本経済新聞に、「AI活用、価格日替わりに 
マリノスのチケット 天候などで」との見出しの興味深い記事が掲載されました。
横浜F・マリノスが、「6月18日から、対戦相手や前売り券の販売状況、
天候などのデータをもとに人工知能(AI)を使い一日ごとにチケット価格を
変える「ダイナミックプライシング」を導入」とのことです。その背景には、
三井物産がTicketmasterからライセンスを取得し、新会社を設立、日本での
本格的なAIを活用してのダイナミックプライシング事業を展開することが
あるといえます。日刊工業新聞によれば、「2020年に娯楽関連産業で、
400億円規模のチケット販売を目指す」とのことで、横浜F・マリノスは
この流れの中にあるといえ、今後、プロ野球、「スポーツや娯楽の
興行チケットに加え、駐車場や交通、物流などにも展開」するとのこと
です。これらの記事の中には小売業への展開はありませんが、当然、
小売業でも電子タグとID-POSデータが連動すれば可能であり、トライアルでは
すでに取り組み始めたとのことで、食品スーパー、ドラッグストア等でも
時間の問題といえそうです。今後、日本の小売業もEDLP、ハイローの
価格政策に加え、ダイナミックプライシング政策がAI、IoTとセットで
展開されるのも近いといえ、どこが、いつ、どのように
ダイナミックプライシングを展開しはじめるかの注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%A8%AA%E6%B5%9C%EF%BD%86%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%B9%E5%B0%8E%E5%85%A5/1668563893264202/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 05, 2018
5.トライアル、AI実証実験、F(頻度)、リコメンド!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/aif-1675.html

PI研コメント:
・6/1の日経XTRENDに「買いそうな顧客をAIで絞り込み、日用品では9倍の
成果」の見出しの記事が掲載されました。「リアル店舗の逆襲~日本発、
アマゾン対抗のリテールAI戦略」シリーズの第7回(全8回)の記事です。
トライアルが主体となったリテール研究会の実証実験がはじまったとの
内容であり、その中間報告の記事といえます。実証実験内容は、
「ボディーソープ、オーラルケア、生理用品、消臭芳香剤の4カテゴリー」と
のことで、このカテゴリーの全購入顧客をID-POS分析にかけ、仮説を
つくって進めるわですが、その際、重視した指標はF(頻度)だそうです。
このF(頻度)をもとに顧客セグメントを行い、ここに、Amazonが
採用している協調フィルタリングのアルゴリズムをかけ、リコメンド分析を
検証するというものです。AIがどこに使われているのか、ややわかり
にくいですが、トライルのAIの実験店舗、アイランドシティ店で
実施されたことがポイントといえそうです。結果は、
「ハイポテンシャルと予測された20代前半女性のグループは圧倒的な
金額構成比と買上率の伸長を見せており、買上率は891%とほぼ9倍の
伸長」とのことで、予想以上の効果があったとのことで、滑り出しは
順調といえそうです。ただ、課題もあるとのことで、「実際の
売り場を立ち上げるための棚割りや、コンセプトを伝えるための
POP作成など、リテールAIによってサポートされていない領域」、
ここを今後どう補ってゆくかがAIとの関係で課題とのことです。
食品スーパー業界では10年前ぐらいに一世を風靡したMD研究会、
ここ最近ではID-POS分析でのMD研究会が主流ですが、トライアルが
AIの実験店舗での実証実験をスタートさせたことで、今後はAIの
実証実験がはじまったといえます。トライアルの次の実証実験、
できれば本格的なAIを駆使した実証実験に期待したいところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%ABai%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E5%AE%9F%E9%A8%93f%E9%A0%BB%E5%BA%A6%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%89/1668504006603524/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 04, 2018
6.セブン&アイ・データラボ、スタート、6/1!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/61-fc19.html

PI研コメント:
・セブン&アイHが6/1、「「セブン&アイ・データラボ」を、複数の業界に
跨る リーディングカンパニーと共に立ち上げ、取り組みを開始」との
ニュースリリースを公表しました。前日、日経がスクープしており、それを
受けてのニュースリリースとなりました。セブンイレブンをメインとした
セブン&アイHの「1日当たり約2300万人の消費データ」が基盤となり、
これに、ドコモの携帯の位置情報、東急グループの沿線店舗の消費データ
などを組み合せ、AIの視点も入れて様々な知見を見出し、
「「データ活用による生活課題・ 社会課題の解決」に積極的に取り組んで、
・・」とのことです。これまでセブン&アイHの顧客販売データは外部と
連携し、活用することは稀でしたが、今回の「セブン&アイ・データラボ」は、
むしろ逆、積極的に匿名加工情報ですが、公開し、様々なビッグデータと
組み合せ、さらに、AIの研究機関とも提携、新たな価値を創造して
ゆこうという積極的な試みといえます。ビッグデータ、IoT、AI、
匿名加工情報の時代となり、データ活用も様変わりしつつあり、
この「セブン&アイ・データラボ」は、その象徴ともいえる動きと
いえます。今後、研究開発体制が充実するに伴い、様々な成果も
生まれると思われ、特に、今回は国ではなく、純民間企業の試みですので、
その動向に大いに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8861/1667711773349414/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
June 03, 2018
7.食品スーパー業界、総額表示の動きに反発!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2018/06/post-2de5.html

PI研コメント:
・食品スーパー業界で、総額表示反対、消費税還元セールの解禁への反発が
広がりはじめたといえる動きの報道が増えています。5/25、食品新聞社が、
「政府の総額表示推奨に「強い憤り」 新スーパー協、復活阻止へ他団体と
連携」との記事を掲載しました。この中で 、「新日本スーパーマーケット
協会の増井?太郎副会長」が「政府が次期消費増税時の経済対策として
消費税総額表示の推奨を掲げたことに「強い憤りを感じている」と述べ、
税別表示を認める現行制度の恒久化に向けて他団体と連携していく考え、
・・」との内容を報道しています。また、5/21の記事では「消費税問題 
政府が総額表示推奨へ 重大なデフレリスク再来 スーパーなど反発必至」
との見出しの記事を配信し、「日本スーパーマーケット協会の
川野幸夫会長(ヤオコー会長)は、昨年末の記者会見で食品スーパーの
業績が14年以降、堅調に推移した最大の要因として税別表示への
切り替えを挙げ、現行制度の恒久化を求めていく考えを示した、・・」と
報道しています。いずれも、総額表示への強い反発を示しており、
今後、総額表示の問題が食品スーパーにとって重要な政策課題となると
いえます。消費増税の時期は、来年10月の予定ですが、
今後、食品スーパー業界がどう動くか、その動向が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E6%A5%AD%E7%95%8C%E7%B7%8F%E9%A1%8D%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%AE%E5%8B%95%E3%81%8D%E3%81%AB%E5%8F%8D%E7%99%BA/1667236606730264/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度は現在集計中です。
  2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人! 
 
 2018年
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/15
部数 981部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/15
部数 981部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング