食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第608号:2017/7/25!


カテゴリー: 2017年12月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第608号:2017/12/25
 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第608号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、12/22現在の週末の食品スーパーのベスト10、ワースト10の
株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
9846天満屋ス1,219+17+1.41%、8274東武ストア2,987+32+1.08%、
8182いなげや1,853+19+1.04%、7643ダイイチ1,326+10+0.76%、
8142トーホー2,794+16+0.58%、8217オークワ1,173+6+0.51%、
2742ハローズ2,582+10+0.39%、2655MV東北1,411+4+0.28%、
8242H2Oリテイ2,265+6+0.27%、8287MV西日本1,808+4+0.22%、			

  一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
9823マミーマート2,363-32-1.34%、3038神戸物産4,430-45-1.01%、
8167リテールPA1,390-10-0.71%、9948アークス2,640-17-0.64%、
9974ベルク6,710-40-0.59%、7475アルビス4,020-15-0.37%、
8255アクシアル4,205-15-0.36%、2747北雄ラッキー655-2-0.30%、
9956バローHD2,607-7-0.27%、3222USMH1,155-3-0.26%、				
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!
                                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼今週の目次▲
  1.Preferred Networks、注目のAIベンチャー!
  2.イオン、デジタルシフト、2020へ向けて!
  3.AIビジネス推進コンソーシアム、設立!
  4.AIシフト、政府も民間も!
  5.弁護士業にAI登場、Watson搭載!
  6.PKSHA Techonology上場、初値2.3倍、PER354倍!
  7.ブロックチェーン、働き方改革へ、セゾンIS、株価急騰!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・Preferred Networks, Inc.:https://www.facebook.com/PreferredNet/  
  ・PaintsChainer:https://www.facebook.com/PaintsChainer
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 23, 2017
1.Preferred Networks、注目のAIベンチャー!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/preferred-netwo.html

PI研コメント:
・Preferred Networks、日本でいま最も注目されているAIベンチャーです。
「世界トップレベルの知能化関連技術(機械学習、深層学習、
ビッグデータ処理等)」を武器に、世界でともいっていいかと思いますが、
唯一、googleにも勝てる可能性を秘めた企業といえます。西川社長自ら公言して
いますが、googleの不得意分野はIoTとAIを結びつける視点がどちらかというと
弱い点であり、これに対し、Preferred Networksは、ここに社運をかけてAIに
取り組んでいるがゆえに、この分野では、勝つ可能性があるとのことです。IoTは
物作り、日本のお家芸でもあり、AIをここに集中させることは、日本にとっても
AIの自然な活用ともいえます。実際、ロボットのファナックは早くから出資し、
ロボットにAIを取り入れており、ここ最近ではトヨタも100億円以上の資本を入れ、
筆頭株主となり、自動運転を目指し、AIを活用しています。一方で、この1月には、
ChainerというAIを搭載したお絵かきソフト、PaintsChainer(ペインツチェイナー)を
発売したり、京都大学iPS細胞研究所の山中教授と共同研究をしたりと、IoT以外の
AIの活用にも取り組んでいます。日経新聞によれば、今年の世界最高峰の
AI国際学会「NIPS」に参加した日本企業はPreferred Networks、1社だけ
だったとのことで、いまや日本を代表するAI企業ともいえます。この会議は
スタンフォード大学などの優秀なAIの研究者をリクルートする場でもあるとの
ことですので、豊富な資金で世界最高峰の頭脳がさらに増えるのではないかと
思います。残念ながら、これまでの動向を見ると、Preferred Networksがまだ流通の
世界には本格的に取り組んでいないようです。ただ、流通業界も物流、在庫管理、
店舗開発など、IoTの波が押し寄せており、さらに、POS、ID-POS、EC、さらには、
SNS、天候情報、地図情報などとの連携を含め、ビッグデータの時代に入りました
ので、いずれ、Preferred Networksもこの世界にAIを本格導入する時が来るのでは
ないかと思います。流通業界も、まずは、この企業に数10億円投資し、
AIの共同研究に入って欲しいと思いますし、同時に、流通業界も本格的なAIの
研究体制、人材確保を本気で検討するAIシフトの時代に入ったのではないかと
思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/preferred-networks%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E3%81%AEai%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC/1501620979958495/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 22, 2017
2.イオン、デジタルシフト、2020へ向けて!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/2020-ee9f.html

PI研コメント:
・イオンの岡田社長が12/12、「イオングループ2020年に向けて」の記者会見を
開きました。その時のビデオと資料がイオンのホームページに公開されていますが、
それを見ると、冒頭の約30分、岡田社長が力説したのは、「デジタルシフト」です。
その象徴的な言葉が、「デジタル改革で我々は相当、出遅れた。」、店舗は、
「言っているほどお客さま第一じゃない、便利じゃない。」とのことで、アマゾンを
多分に意識した会見といえます。現在、売上高は、イオングループのわずか
0.7%とのことで、ここを飛躍的に伸ばさないとイオンの将来は厳しいとの認識
です。結果、2020年には12%にもってゆきたいとことです。その方向ですが、
岡田社長の説明では、「モルタルの世界で圧倒的に一番、食い合いに勝つ」との
ことで、デジタルシフトの前提が店舗で勝つことであり、その中で
マーケットプレイスを立ち上げるとのことです。「ネットとリアルの融合」に
活路を見出そうとしているといえますが、仮にアマゾンに本格的に対抗するので
あれば、イオンそのものをデジタルシフトさせるくらいの戦略転換が必要といえ、
モルタル、すなわち、店舗で勝つ、しかも圧倒的に一番ということを掲げて
いますので、投資が大きく分散、結果、十分にデジタルシフトへ資金配分が
できるか、気になるところです。しかも、本格的にデジタルシフトをしようと
すると、当然、AIへの投資が必須であり、いまやAI技術者は、Amazon、
フェイスブック、google、アップル等が世界的規模で競い合って人材獲得に
入っていますので、イオンがどこまで人材確保できるか、年俸もうなぎのぼり
ですので、既存の給与体系を壊しかねず、この面の企業改革も必要といえます。
イオン、デジタルシフト、目標数値と方針は宣言しましたが、今後、どう各論を
つめ、実現へ向けて動いていゆくのか、その動向が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%882020%E3%81%B8%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%A6/1500677833386143/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 21, 2017
3.AIビジネス推進コンソーシアム、設立!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/ai-b518.html

PI研コメント:
・民間でもAIに関する本確定なコンソーシアムが動き始めました。12/13、
「発起人であるグリッドの代表取締役の曽我部 完氏」が記者会見をし、
「AIビジネス推進コンソーシアム」の設立を宣言しました。グリッドの
ニュースリリースによれば、AI分野は「実証実験や検証の段階にある事例が多く、
ビジネスでの利用につい ては未だ黎明期の状態」とのことで、「各社の AI に
ついての知見や事例を共有し、技術的な底 上げを図る必要」があり、
「人工知能を社会に役立て、ビジネスや研究活動を活性化・推進するため
「AI ビジネス推進コン ソーシアム」」を設立したとのことです。理事兼事務局を
兼ねるグリッドを含め、現在、「伊藤忠商事株式会社 伊藤忠テクノ
ソリューションズ株式会社(理事就任) OSIsoft Japan 株式会社 
株式会社グリッド(理事就任) 株式会社 zero to one TIS 株式会社(理事就任) 
富士通株式会社(理事就任) 丸紅株式会社 丸紅情報システムズ株式会社
 三井情報株式会社 三井物産株式会社 」の11社が参加しており、コンソーシアムが
動きはじめました。すでに、グリッドが先行して、「ReNom」を公開しており、
これを見ると、「実際のケーススタディや、基本的なノウハウについて、
チュートリアルという形で共有」できるサイトになっています。機械学習、
ディープラーニングがメインですが、野球データの可視化、企業決算情報の
可視化ではトポロジーを活用したユニークな分析事例が公開されており、
今後、AIが様々な分野で活用されるものと思われます。AI、人工知能の活用は
まだはじまったばかりといえ、このようなコンソーシアムが今後次々に生まれる
ものと思われます。2018年度は、まさに、AIシフトの幕開けになるといえ、
その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ai%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E6%8E%A8%E9%80%B2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%A0%E8%A8%AD%E7%AB%8B/1496476760472917/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 20, 2017
4.AIシフト、政府も民間も!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/ai-4bd3.html

PI研コメント:
・「AI予算倍増、1000億円超 政府方針 技術革新後押し」との記事が
産経ニュースにて、12/5に配信されました。今後、AI関連の予算を倍増、
昨年度からで見ると3倍増だそうです。それだけ、国がAIシフトに入ったという
ことで、2018年度はAIへ国をあげて取り組むことになるといえます。特に、
政府が注目しているのは、AIやモノのインターネット(IoT)の分野であり、
結果、「人づくり革命」「生産性革命」へつながると判断したことによると
いえます。一方、民間でも同様な動きがあいついでおり、PC Watchが8/1に
公表した記事では、マイクロソフトが、「今年の予算配分はAIで決めた。
日本マイクロソフト平野社長、2018年度は社内外でAIを訴求」とのことです。
社内の予算をAIが決めたとのことで、事業予測を人間とAIがしたところ、
「1対3の結果でAIが勝利」したとのことで、「2018年度の予算配分はAIの決定に
従って行なった」とのことです。実際、マイクロソフトはAIシフトに急激に
動いており、同社のクラウド、AzureにはAIが入り始め、いずれ、officeもAIが
搭載されることになると予想されます。こう見ると、2018年度は国、民間を
あげてAIシフトが本格化するといえ、AIの時代が本格的にはじまるといえます。
その意味で、消費の根幹を担う、流通業界もAIをいかに経営に取り入れ、
経営革新を図ってゆくか、勝負の年となりそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/ai%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%82%82%E6%B0%91%E9%96%93%E3%82%82/1495344687252791/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 19, 2017
5.弁護士業にAI登場、Watson搭載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/aiwatson-cb4b.html

PI研コメント:
・AIが弁護士の仕事を代行する時代に、という記事がNHKから12/13配信されました。
Holmesというサービス名で、すでに営業を開始しています。笹原健太弁護士が
はじめたもので、AIにはIBMのWatsonが活用されており、現時点で300種類以上の
契約書に対応できるとのことです。「契約書の作成からシームレスに締結できるのは
Holmesだけ」とのことで、しかも、モバイルでも対応しているとのことです。
いよいよ、AIが法務業務に本格的に参入する時代がきたといえ、今後、様々な
文章関係、データ分析関係等、これまで経験を積んだ方が時間をかけていた
業務がAIに代わっていく時代に入ったといえます。Holmesはまだはじまった
ばかりですので、今後、企業、個人に浸透することにより、さらに進化すると
同時に、笹原健太弁護士以外の弁護士も同様なサービスをはじめると思われます。
また、弁護士に限らず、いわゆる、様々な仕業にも展開が可能ですので、
あらゆる先生業に波及するといえます。来年、2018年度はまさに、
AIがサービス業を変革し、働き方が変わり、生産性が飛躍的に改善できる時代に
なりそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E6%A5%AD%E3%81%ABai%E7%99%BB%E5%A0%B4watson%E6%90%AD%E8%BC%89/1494596183994308/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 18, 2017
6.PKSHA Techonology上場、初値2.3倍、PER354倍!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/pksha-techonolo.html

PI研コメント:
・AIのベンチャー企業、PKSHA Techonologyが9/22、東証マザーズに上場しました。
現在は株価は約1万円と落ち着いていますが、初値は2.3倍と異常な人気ぶりです。
結果、約50億円の資金が集まり、今期9月決算時の年商は約10億円ですので、
5倍の資本です。PERも異常値、354倍、PBRも23.97倍ですので、これも異常値、
さらに、時価総額は1,327.74億円と130倍ですので、さらに異常値です。
それだけ、AIに対する投資家の視線は熱いといえ、PKSHA Techonologyの
もつ機械学習/深層学習技術・自然言語処理技術への異常な期待感といえます。
本決算時の財務諸表も通常ではありえない構造となっており、現金が54.60億円と
総資産の93.31%を占めており、この潤沢な現金を今後どう活用するか、
その経営判断が課題といえます。P/Lを見ると、原価36.3%、この中には
エンジニアの人件費が含まれますので、ここが今後増加し、それが売上高と
どうバランスをとるかがポイントといえますが、そのカギを握るのがAIですので、
AI=人件費といっても過言ではないといえます。実際、資産を見ると、
固定資産はほとんどなく、無形固定資産1.14億円が最大の資産ですので、これが
ソフトといえますので、AI=人件費=ソフトとなる構図であり、いかにAIの
優秀な技術者を確保できるかが成長のポイントといえます。PKSHA Techonology、
来期以降、豊富な現金をもとに、どうAIの優秀な技術者を確保し、どのような
AIソフトを作り、成長をはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/pksha-techonology%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E5%88%9D%E5%80%A423%E5%80%8Dper354%E5%80%8D/1493791230741470/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
December 17, 2017
7.ブロックチェーン、働き方改革へ、セゾンIS、株価急騰!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2017/12/is-d376.html

PI研コメント:
・12/11、セゾン情報システムズがブロックチェーンの技術を活用した社内コインを
スマートフォンで管理運用できる仕組みを、まずは社内ではじめるとのニュース
リリースを公表しました。これを受けて、株価は急騰、投資家からの買いが
殺到しています。今回の仕組みは、「Bitcoin Core ブロック チェーン技術を
ベース」とのことで、これがスマホと連動し、社内で流通、「社内仮想通貨の
残高確認や、簡単な操作で利用者間での社内仮想通貨の授受 が可能な仕組み」
であり、さらに、この仮想通貨を使って、「専門のバリスタが常駐するカフェ
「inno Base」を設置し、就業時間中は誰でも利用」できるとのことです。
結果、「くつろぎの時間を提供するとと もに、コミュニケーション機会の増大を
図り、新たな発想やイノベーションが創出されることを期待」とのことで、
まさに、働き方改革につながる仕組みといえます。この流れは、既に、
2011年頃から、ディスコがアメーバー会計に社内コインを導入、劇的な働き方
改革につなげており、今年の3月には、その成果が認められ、「最優秀賞
(厚生労働大臣賞)を受賞」しており、「第1回 働きやすく生産性の高い企業・
職場表彰」されています。今回のセゾン情報システムズはこれを
ブロックチェーンとスマホに置き換えた技術の開発環境ができたともいえ、
今後、この技術が様々な企業に導入されることで、ディスコが培ってきた
働き方改革の実現のための環境整備が進むと思われます。ブロックチェーン=
仮想通貨と思われていますが、この技術は、自社内のアメーバー経営(経営改革)、
働き方改革へもつなことを示したといえ、今後の動向に大いに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%81%B8%E3%82%BB%E3%82%BE%E3%83%B3is%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E6%80%A5%E9%A8%B0/1493682937418966/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□
お知らせ:
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/gaivaetrae
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人! 
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/20
部数 989部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/20
部数 989部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング