食品スーパーマーケット最新情報!

週間!食品スーパーマーケット最新情報、第673号:2019/3/25!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■週間!食品スーパーマーケット最新情報!■  
      - 経営コンルタント鈴木が独自に編集し、発信します。-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第673号:2019/3/25

 週間!食品スーパーマーケット最新情報、第673号をお届けします。
本メルマガは、ブログ、食品スーパーマーケット最新情報の週間版です。

  今週の株価速報、3/22現在の週末の食品スーパーのベスト10、
ワースト10の株価です。

 まずは、食品スーパー、週末株価、値上がり率ベスト10ですが、
8194ライフコーポ2,388+48+2.05%、8182いなげや1,352+27+2.04%、
8142トーホー2,212+35+1.61%、3539Jミート1,898+24+1.28%、
8255アクシアル3,475+35+1.02%、7475アルビス2,389+22+0.93%、
8242H2Oリテイ1,547+14+0.91%、2791大黒天3,840+30+0.79%、
9948アークス2,454+17+0.70%、9956バローHD2,761+19+0.69%、		

 一方、食品スーパー、週末株価、値下がり率ワースト10ですが、
8167リテールPA1,183-43-3.51%、3094スーパーV569-10-1.73%、
8171MV中部1,374-16-1.15%、8267イオン2,318.5-22.0-0.94%、
8279ヤオコー5,730-50-0.87%、8287MV西日本1,724-13-0.75%、
9846天満屋ス1,225-5-0.41%、8217オークワ1,159-4-0.34%、
7465MV北海道3,560-10-0.28%、9993ヤマザワ1,685-4-0.24%、			
です。
			                  
━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人!
 3.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
    *サンプル分析:https://limited.learno.jp/l/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%80%81%E6%B1%BA%E7%AE%972017%EF%BC%9A%E8%B2%A1%E5%8B%993%E8%A1%A8%E9%80%A3%E7%92%B0%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%88%E3%82%8A/1071 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今週の目次▲
  1.M&Aの時代へ、廣済堂、MBO!
  2.Google、ゲームへ本格参入、5Gの時代!
  3.クローガー、いよいよ、ロボット宅配開始!
  4.ワークマン、第3四半期決算、大幅増収増益!
  5.ワークマン、ブルーオーシャン?
  6.ダイナミックプライシング元年、2019!
  7.デサント、第3四半期決算、増収、減益!

■■ facebook、食品スーパーマーケット最新情報(facebookから)■■■■  □
  ・ITmedia PC USER:https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1903/20/news114.html?fbclid=IwAR2bPR57fQ0dTfBh6z6SbysyHwu-Qry07cQ-2gMZ3dUUOTE8N6jg85pa0z4
  ・Recordnet:https://www.recordnet.com/news/20190318/kroger-using-self-driving-cars-to-deliver-groceries?fbclid=IwAR18jVcOdkM9-h0NPvXLea9nUf19XnDS9nalxnlJpUQ8dSZSJgmbc5J7B30
■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 23, 2019
1.M&Aの時代へ、廣済堂、MBO!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/post-e6fb.html

PI研コメント:
・デサントの敵対的TOBが成立し、ままならない状況の中、今度は
村上ファンド系の企業、南青山不動産とレノが3/20、廣済堂のTOBを実施、
50%以上の株価の取得を目指すとのことです。廣済堂は、すでに、この1月から
MBOをベインキャピタルを仲介に実施しており、本来、3/25には成立の
予定でした。ところが、この間、村上ファンド系の企業が株式購入に動いた
ため、株価が急騰、MBO価格610円が成立せず、700円に引き上げ、それでも
成立せず、急展開、村上ファンド系のTOB、750円となったといえます。
本公開買付けの経緯を見ると、そもそもMBOの提示価格が「買付価格が
対象会社の1株当たり純資産を大幅に下回る」とのことで、「既存株主への
軽視」と村上ファンド系が受け止めていたことが大きいといえます。実際、
「対象会社 株式の PBR は長年1倍を下回って推移」しており、3/20現在、
PBRは0.67倍、BPS は1,099.00円です。この時点の株価が 737 円ですので、
PBRは、737円/1099円=0.67倍となります。このTOBは3/20に
はじまったばかりですので、今後、成立するか、それとも、双方の交渉で
終結するのか、予断を許さない状況が続くと思われます。今後、PBRが
1.0倍を大きく下回る企業は、TOB、しかも敵対的なTOBを強いられる
可能性が高く、かつ、その価格がBPSから乖離する場合は、さらに、
対抗、あるいは、敵対的なTOBがかかりかねないと思われます。
今回、村上ファンド系がTOBに動いたことで、現在、PBR1.0倍を
大きく下回る企業の動向が気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%EF%BD%8D%EF%BD%81%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%B8%E5%BB%A3%E6%B8%88%E5%A0%82%EF%BD%8D%EF%BD%82%EF%BD%8F/2097882983665622/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 22, 2019
2.Google、ゲームへ本格参入、5Gの時代!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/post-fdac.html

PI研コメント:
・3/20、googleがネット経由でゲームができる「STADIA(スタディア)」を
「米カリフォルニア州サンフランシスコで開催中のゲーム開発者向け会議
「Game Developers Conference 2019」の基調講演」で公表しました。
5G時代の先進的な手法でのゲームサービスであり、まさにゲームチェンジと
なる可能性を秘めたサービスといえます。日本経済新聞でも同日報道、
海外のマスコミでも一斉に報道しています。「世界のゲーム市場の規模は
2018年で1349億ドル(約15兆円)に達し、・・」とのことで、現在は
「ハード機器を持つ任天堂とソニー、マイクロソフトが3強」とのこと
ですが、ここにgoogleが総力をあげての参入、割って入る形となります。
しかも、ハード機器は5Gに置き換わり、スマホ=ハード機器となる
可能性が高く、ゲームチェンジが起こると予想されます。当然、
ゲーム市場で先行する3社も対応を余儀なくされますので、新たな巨大な
市場を生むことになると思われます。5G、自動運転等への活用も
期待されていますが、まずは、ゲームから始まる可能性もあり、
今後、どのような時代に生まれ変わってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/google%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%B8%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E5%8F%82%E5%85%A5%EF%BC%95g%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3/2097264403727480/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 21, 2019
3.クローガー、いよいよ、ロボット宅配開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/post-badb.html

PI研コメント:
・クローガーが約1年の実証実験を経て、いよいよ、ロボット宅配を
本格スタートさせます。3/14、クローガーが
「Kroger and Nuro Launch Autonomous Delivery Service in Houston」との
ニュースリリースを公表、マスコミ各社が同内容を報じています。
宅配ロボットはトヨタのプリウスであり、開発元はソフトバンクが
約1,000億円を出資したNuroです。スタートはこの春とのことで、
ヒューストンの2店舗からはじまるとのことです。週7日、毎日、
Kroger.com or the Kroger appでの注文も受け付けるとのことです。
代金は $5.95 flat fee; no minimum order、一律約700円とのことです。
これは、自動運転の前倒しともいえる動きであり、いよいよ、
宅配から自動運転が始まるといえ、自動運転の実用化の事実上の
スタートともいえます。今後、一気に自動運転にゆくのか、それとも、
物流の方へ向かってゆくのか、何ともいえませんが、今回の車に
トヨタのプリウスを使ったことを見ると、自家用車での自動運転も視野に
入っているといえそうです。食品スーパー、いよいよ、
サイバー&フィジカルの時代に入ったといえ、クローガーがどのような
スピードで宅配ロボットの導入店舗を広げてゆくか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%84%E3%82%88%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%AE%85%E9%85%8D%E9%96%8B%E5%A7%8B/2095207180599869/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 20, 2019
4.ワークマン、第3四半期決算、大幅増収増益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/3-36aa.html

PI研コメント:
・ワークマンの株価が異常値、投資家が殺到していますが、その最大の関心事は
ワークマンプラスの動向にあるといえます。この第3四半期決算はそれを
占う上で重要な決算といえます。その結果ですが、大幅、増収増益、好決算
です。この間、「新業態「ワークマンプラスららぽーと立川立飛店」」が
順調にスタートし、「特筆すべきは全国のワークマン既存店 への波及効果が
高く、売上拡大に大きく貢献」と、既存店への影響が大きかったとのことで、
「ワークマンプラス4店舗」とまだはじまったばかりですが、経営へ大きな
インパクトとなっているとのことです。また、この好決算の公表と同時に、
上方修正に加え、株式分割のニュースリリースも公表、さらにPER、PBRともに
約40倍、約6倍と高騰していますので、投資家から高い関心を呼んでいると
いえます。それにしても、ワークマンは約90%がフランチャイズ店舗であり、
ここが売上の源泉、今後、いかにフランチャイジーを増やすかが成長の要と
いえます。その意味で、ワークマンプラスが直営店では順調にスタートを
切りましたが、フランチャイジーがどう受け入れるかが、今後の大きな
ポイントといえます。今後、本決算は上方修正し、好調な決算が予想され
ますが、来期以降、ワークマンプラスがどうフランチャイジーに受け入れ
られ、新たなオーナーとの契約が増加するか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A4%A7%E5%B9%85%E5%A2%97%E5%8F%8E%E5%A2%97%E7%9B%8A/2090878004366120/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 19, 2019
5.ワークマン、ブルーオーシャン?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/post-f306.html

PI研コメント:
・ワークマンプラス、いよいよ、本格出店の体制が整ったようです。新店は
もちろんですが、業態転換もありですので、今後数年で数百店舗が視野に
入ったといえます。しかも、本文にもあるように、ブルーオーシャン市場、
唯一、これから日本に上陸するフランスのデカトロンが競合にあたるか
ですが、規模、商品、立地内容等を比較すると直競合とはいえず、
ブルーオーシャン市場といえそうです。ただ、まだ、ワークマンプラスは
数店舗の新規出店ですので、今後、大量出店、大量業態転換が成功するかは
未知数であり、もうしばらく、状況を見極めることがポイントかと思います。
株価を見ると、昨年9月に1号店が新規出店したあたりから上昇基調に転じ、
2月の第3四半期決算が、大幅増収、大幅増益の好決算、本決算の上方修正、
さらには、株式分割が加わり、株価は急上昇、この1ケ月はうなぎ上りと
いえます。それだけ、投資家の期待は熱いといえ、小売業では久々の
大商いの株といえます。ワークマン、時価総額が4,000億円を超え、
今後、どのようなスピードで成長を続けるのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3/2090655104388410/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 18, 2019
6.ダイナミックプライシング元年、2019!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/2019-76e2.html

PI研コメント:
・2019年は流通業界にとって、DP(ダイナミックプライシング)元年と
なりそうです。3/15の日経ビジネスで「ダイナミック・ プライシング 
買わせる時価、買いたい時価」の特集記事が公開されました。全体を3パートに
分けての公開であり、「PART1:一晩で4倍増も、 「アマゾン価格」を解剖、
PART2:隣の人と値段が違っても、納得できる?、PART3:300年越しの
価格革命が始まった」です。DPはすでにホテル業界で本格導入が始まって
おり、スポーツ関係、特に、大リーグ、Jリーグなどでも導入が進んで
いますが、流通業界はでは実験段階にとどまっており、まだ、本格導入は
ないといえます。ただ、Amazonエフェクト、その勢いが増す現在、
記事にもあるようにAmazon自身が1日250万回という桁違いのDPを実施して
いる以上、ネットの世界では当たり前であることを考えると、今後、
リアルの世界でもDPをせざるをえない状況に追い込まれる可能性があると
いえます。記事の事例でもAmazonのペットフードはすでに本格的なDPが
導入されていますので、その影響は増すと思われます。
「PART3:300年越しの価格革命が始まった」では、トライルカンパニーの
新店の電子棚札とDPとの関係に言及していますが、DPはまさに、300年間の
日本の小売業の常識を覆す革命であるといえ、今後、その対応如何が
小売業の盛衰を決めかねないといえます。ただ、DPはAIと連動しています
ので、必然的にAIを組み込み、これをITで管理し、DPを導入という流れに
なりますので、流通業がまずはAIを取り入れ、IT化することができるかが
課題となります。ホテル業界のOYOの動向を見ていると、いきなり、外資が
参入ということも十分考えられますので、今後、DPを巡る動向は
国内だけでなく、ネット、そして、海外動向も視野に入れた展開となると
思われます。DP、2,019年、いよいよ動きはじめたといえ、
今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%85%83%E5%B9%B42019/2090463877740866/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
March 17, 2019
7.デサント、第3四半期決算、増収、減益!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2019/03/3-aaaf.html

PI研コメント:
・伊藤忠の敵対的TOBにゆれるデサントですが、その直近の決算、1/30の
第3四半期を見ると、増収、減益、特に、利益はいずれの段階でも2桁減となる
厳しい決算です。その減益の要因ですが、原価の改善は見られますが、それを
大きく上回る経費の上昇が利益を圧迫しているといえます。デサント自身も
「売上拡大に向けた自主管理売場やEコマースへの先行投資などによる販管費の
増加」とコメントしており、先行投資等が響いているとのことです。
また売上に関しても2.0%増、進捗率は68.19%ですので、今期4.9%増を
予想していますが、厳しい推移といえます。こう見ると、売上、利益ともに、
大株主の伊藤忠から見ると、経営改善を求めたくなる決算数値ともいえ、
これもTOBの一因と思われます。3/15にはTOBが成立したことにより、
経営体制が今後大きく変わる可能性があるといえます。実質経営の支配権を
もった伊藤忠が、現在のこの決算数値をどのように改善してゆくのか、
今期決算は残すところわずかですが、来期の数値計画、
そして、経営体制の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

Facebook:
https://www.facebook.com/notes/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%87%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E7%AC%AC3%E5%9B%9B%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A2%97%E5%8F%8E%E6%B8%9B%E7%9B%8A/2089400207847233/

■■■■■■■■■  □□□□□□□□□  ■■■■■■■■■  □□□□□□

━━━━━━━━  お知らせ!  ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設:800人!
 3.New、リリース! 2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
  *http://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/
  *お申し込みはこちら:http://form.mag2.com/juuoujiama
    *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
    *サンプル分析:https://limited.learno.jp/l/%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%80%81%E6%B1%BA%E7%AE%972017%EF%BC%9A%E8%B2%A1%E5%8B%993%E8%A1%A8%E9%80%A3%E7%92%B0%E5%88%86%E6%9E%90%E3%82%88%E3%82%8A/1071 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2019年
  *小売業、AI&ID-POS緊急セミナーで講演!
  *メーカー・卸、AI&ID-POS緊急セミナーで講演!
  *第4回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
 
 2018年
  *第3回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *第2回POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *第2回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第2回全体会で講演! 
  *第1回、AI&ID-POSセミナーで、AIをテーマに講演!
  *AI&ID-POS協働研究フォーラム、第1回全体会で講演! 
  *ID-POS協働研究フォーラム、第4回全体会で講演!
  *AI&ID-POS分析セミナー(メーカー・卸向け)
  *AI&ID-POS分析セミナー(小売業向け)
  *POSデータ分析基本徹底セミナー(POS分析千本ノック)で講演!
  *ID-POS協働研究フォーラム、第3回全体会で講演!
  *「新春特別セミナー」で講演(日本経営コンサルタント株式会社 主催)!
 
 2017年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第13回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第12回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第11回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第10回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第8回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第6回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第5回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第4回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第3回!

 2016年
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第2回!
  *隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第1回!
  *食品商業、2016年7月号:食品スーパーの本決算分析を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年05/01号:ID-POS協働研究フォーラムを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年03/15号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2016年3月号:併売率、洗たく槽クリーナーを投稿
  *DAIAMOND Chain Store、2016年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2015年
  *食品商業、2015年11月号:PI値活用法を投稿
    *DAIAMOND Chain Store、2015年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
    *DAIAMOND Chain Store 2015年05/1号:iD付POS協働研究フォーラム2015を投稿
  *Chain Store Age、2015年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2014年
  *DRUGSTRE NEWS、2014年10月号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年09/15号:洗たく槽のクロスMDの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年08/15号:ノルウェーサーモンの分析を投稿
  *Chain Store Age、2014年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年6月号:シャボン玉石けんのリフト値分析を寄稿
  *Chain Store Age、2014年03/15号:iD付POS協働研究フォーラムを解説
  *Chain Store Age、2014年02/15号:iD付POS分析実証実験の解説を投稿
  *Chain Store Age、2014年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2014年2月号:漢方のiD-POS分析を寄稿
 2013年
  *Chain Store Age、2013年12/15号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年12月号:ガスター10のiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年11/15号:無・減MDのiD-POS分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年10月号:リアップのiD-POS分析を寄稿
  *販売革新、2013年9月号:F(頻度)を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年8月号:ロキソニンのiD-POS分析を寄稿
  *Chain Store Age、2013年07/15号:小容量のiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:リポビタンDのi D-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2013年06/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *DRUGSTRE NEWS、2013年6月号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2013年02/15号:iD-POS分析、ポイント還元を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2012年度
  *Chain Store Age、2012年11/15号:iD-POS分析の実証実験結果を投稿
  *Chain Store Age、2012年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2012年6月号、しゃぼん玉せっけんはみがきのiD-POS分析
  *DRUGSTRE NEWS、2012年4月号、しゃぼん玉せっけんのID-POS分析
  *Chain Store Age、2012年03/1号:ID-POS協働研究フォーラムを寄稿
  *Chain Store Age、2012年03/1号:バナナ、極撰のPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2012年01/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
 2011年度
  *Chain Store Age、2011年12/01号:ゼナのPI値分析を投稿
  *Chain Store Age、2011年07/15号:ガムのPOS分析を担当
  *Chain Store Age、2011年07/01号:震災後の消費動向を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/15号:パワーカテゴリーの解説を投稿
  *Chain Store Age、2011年06/1号:リポビタンDのPI値分析を投稿
  *DRUGSTRE NEWS、2011年2月号:アルフェネオのiD-POS分析を実施
  *Chain Store Age、2011年01/15号:ワインのiD-POS分析を投稿
  *Chain Store Age、2010年01/15号:パワーカテゴリーの解説

ついでに読みたい

食品スーパーマーケット最新情報!

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/25 部数:  961部

他のメルマガを読む