カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

【KKJ】617 「ルールが変わった」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
 KKJ 【簡単・効果的な・時間管理術】
 ビズアーク時間管理術研究所 メールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2018/01/29  Vol.617    http://www.bizark.co.jp/ 
□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご愛読ありがとうございます。

 今週も『時間管理術研究所メールマガジン』をお届けします。
 あなたの時間をより活用するために、ご活用ください!

 (執筆者:水口和彦プロフィール)
    http://jikan.livedoor.biz/archives/50993622.html 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第617回■ 「ルールが変わった」
_______________________________
 目次

【1】今週のテーマ:「ルールが変わった」
【2】時間管理術研究所ブログ Topics
【3】最新情報
【4】編集後記


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【1】今週のテーマ
   「ルールが変わった」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 こんにちは。水口です。
 
 先週行った講座で、こんな主旨の
 ご質問を頂きました。
 ―――――――――――――――――
 長時間労働を是正しないといけない
 (長時間残業するのはよくない)と
 いうことを、上の人たちに納得して
 もらうには、どう言えばいいか?
 ―――――――――――――――――
 という主旨のご質問です。ご質問に
 ある「上の人たち」というのは部長
 級以上の方だと思います。
 
 ちなみに、私はいろいろな会社で話
 を聞きますが、役員や部長職の方の
 残業に対する意識には、かなり差が
 あると感じます。
 
 私もそうですが、この年代の方たち
 は若い頃に長時間残業をしていた人
 が多く、その頃の感覚のままでいる
 方もおられます。
 
 一方で、このままではよくないと
 いう危機感を持って、残業の削減に
 積極的で、自ら旗振り役をされる方
 もおられます。
 
 両極端というか、個人差が大きい
 年代だと思います。
 
 
 ■ どう納得してもらうか?
 
 先ほどのご質問に戻ります。
 ―――――――――――――――――
 長時間労働を是正しないといけない
 (長時間残業するのはよくない)と
 いうことを、上の人たちに納得して
 もらうには、どう言えばいいか?
 ―――――――――――――――――
 
 考え方を変えてもらうためには、個々
 の問題点をあげていくのもいいと思い
 ます。
 
 いまどきサービス残業なんかしてたら
 コンプライアンス上の問題になります
 し、労基署が入ってあわてた企業の話
 もよく聞きます。
 
 また、労働時間は採用にも影響してる
 という話を耳にするようになりました。
 
 就職説明会などでも話題にのぼってい
 ると聞きますし、転職サイトの広告が
 「残業時間で求人を絞りこめる」とい
 う機能をアピールしてたりします。
 
 いろいろ厳しくなっているわけですが、
 現在の状況は、外堀が埋められ、そろ
 そろ内堀も・・という感じがします。
 
 
 ■ ルールが変わった
 
 こんな状況を私は「ルールが変わった」
 と表現することが多いです。
 
 スポーツでもルールが改正されること
 はありますよね。それに対応できない
 選手は成績を下げていきます。
 
 経営でも法改正があれば、それに対応
 しなければいけません。たとえば個人
 情報保護など、面倒くさいと思っても
 やることはやらないといけません。
 
 残業などに関する話も、基本はこれと
 同じだと考えるべきです。
 
 サービス残業なんかはもともとが違法
 なので、ルールが変わったというより
 は「ルールが厳密に守られるように
 なった」というべきなんですが・・。
 
 労基署の指導や、社会的な風当たりも
 含めて「ルールが変わった」と考えて
 いいんじゃないですかね。
 
 
 ■ 会社のために残業しない
 
 昨年、このメルマガ(574号)で、
 「会社のために残業しない」という
 言葉を紹介しました(↓これです)。
 ―――――――――――――――――
 「会社のために残業する」のではなく、
 「会社のために残業しない」ことが
 求められる時代になっています。
 
 いいか悪いかは別です。企業を取り
 巻く環境、時代が変わり、ルールが
 変わったようなものです。
 ―――――――――――――――――
 これは、どちらかというと労働者自身
 に向けた言葉だったのですが、経営層
 に対しても私は同じことを言ってます。
 
 いいか悪いかの問題ではなく、ルール
 が変わったんだから対応するしかない
 (選択の余地はない)という認識を
 持つことは必要だと思います。
 
 もちろん、言葉でそう言ったとしても、
 伝わる人、伝わらない人はいますけど。
 もし使う機会があれば使ってください。
 
 
 あともうひとつ個人的な感想としては、
 会社のトップが旗振り役をする企業は
 (特に部長クラスの方の)意識改革が
 早いですね。
 
 社長から強めに言われることでルール
 が変わった(選択の余地はない)と
 実感するのかもしれませんね。
 
 
 では、また来週お届けします!
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2】時間管理術研究所ブログ・メルマガ情報
_______________________________

 最近のメールマガジンのバックナンバーページです。
 お読みでないものがあれば見てみてください。

2018/01/22 : 【KKJ】616 「いまの1分」と「あとの5分」(その2)
 http://archives.mag2.com/0000190033/20180122180000000.html 

2018/01/15 : 【KKJ】615 「いまの1分」と「あとの5分」
 http://archives.mag2.com/0000190033/20180115180000000.html 

2018/01/09 : 【KKJ】614 同じ土俵に乗せる
 http://archives.mag2.com/0000190033/20180109180000000.html 
 
 メールマガジン不着については下記ページをご参照の上、
 下記の窓口にご連絡頂けると対処してもらえるそうです。

  http://help.mag2.com/000335.html (対処法のページ)
  reader_yuryo@mag2.com    (メルマガ読者様専用窓口)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【3】時間管理術研究所 最新情報
_______________________________

【活動のお知らせ:執筆・取材など】
 ――――――――――――――――――――――――――
 以前紹介した、Work × IT(ワーク・イット)という
 サイトでの、第2弾の記事がアップされていますが、
 もうすぐ、第3弾もありそうです。

 研修などでお伝えしていることを、このサイト向けに
 まとめてみたものです。

 『上司が今すぐ取り組むべき残業時間削減、
  仕事効率化7つの施策』
  https://workit.vaio.com/i-7-tips-to-make-work-efficient/ 
 (VAIO株式会社のサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 5月に発売された、私が監修したタイムマネジメントの
 DVD、なかなか好評だそうです。

 タイムマネジメントで働き方改革 (DVD全2巻)

  http://www.nikkeibookvideo.com/item-detail.php?class_code=V0321 
 (日経ブック&ビデオクラブのサイトです)
  http://www.nikkeibpm.co.jp/item/2619/2619/index.html 
 (日経BPマーケティングのサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 上記以外にも執筆と取材のご依頼を複数頂いております。
 掲載されたら紹介しますね!

_______________________________

【活動のお知らせ:講演など】

 一般の方が受講できるセミナーのお知らせです。
 ――――――――――――――――――――――――――
 新しいセミナーです。1月から3月にかけて東京日本橋に
 ある早稲田大学の施設で早朝セミナーを行います!

 実践的タイムマネジメントスキル

 2017/1/30スタート:全5回
 (早稲田大学社会人教育事業室 WASEDA NEO事務局 主催)
  https://wasedaneo.jp/waseda/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=105076 
 ――――――――――――――――――――――――――
 先週、日経BP社「日経ビジネス Basic」セミナーで 
 タイムマネジメントの講座を行いました!

 働き方改革のためのタイムマネジメント基礎講座
 ~自分の仕事もチームの仕事も効率化できる時間管理術~
 (日経BP社 主催)

 2018/ 1/26(金) 13:00~17:00
 http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/0930/time/180126/index.html 
 ――――――――――――――――――――――――――
 2月に技術者・研究者向けのセミナーを行います!
 私も元研究開発部門でしたので、得意分野なんです。

 技術者・研究者のための効果的な時間管理術
 ~仕事の時間対効果を高める実践的タイムマネジメント~
 (株式会社情報機構主催)

 2018/ 2/13(火) 13:00~17:00
  http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC180205.php 
 ――――――――――――――――――――――――――
 もうひとつ2月に技術者・研究者向けのセミナーを
 行います!

 技術者、研究者のための実践的な時間管理
 (R&D支援センター主催)

 2018/ 2/28(水) 10:30~16:30
  https://www.rdsc.co.jp/seminar/180248 
 ――――――――――――――――――――――――――
 企業や自治体などでの講演・研修は随時行っております。
 お気軽にお問い合せください。
_______________________________

【おすすめ書籍の紹介です】

 「リーダー」的な立場をこなすために使える手法を
 紹介している本です。

 『部下を持つ人の時間術』 (実務教育出版)
  http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4788910438/ 



【4】編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 まだタイムマネ
 ジメントをやる
 前の話ですが、
 以前勤めていた
 会社で、一時的
 に残業が規制さ
 れたことがあり
 ました(業績の
 関係で一時的な
 対応として)。

 そのとき私なん
 かは、残業でき
 ないことに文句
 言ってましたが、
 社長が率先して
 電気を消しに回
 るくらいでした
 から、文句言っ
 ても仕方ないと
 あきらめました。

 トップが率いる
 こと、毅然とし
 た態度でいるこ
 とは大事ですね。

 では、また来週!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ KKJ【簡単!効果的な!時間管理術】
┃ ビズアーク 時間管理術研究所メールマガジン
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【発行者】 (有)ビズアーク 時間管理術研究所
┃【執筆者】 水口和彦
┃ プロフィール http://jikan.livedoor.biz/archives/50993622.html 
┃
┃ 【URL 】   http://jikan.livedoor.biz/   (ブログ)
┃        http://www.bizark.co.jp/     (HP)
┃
┃【このメールマガジンバックナンバーはこちら】
┃       http://archive.mag2.com/0000190033/index.html 
┃      (引用時はバックナンバーのURLを明記ください)
┃
┃ Copyright 2005-2017 All rights reserved. 
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメールマガジンは読者の方に支えられて11年め!
┃ 皆さまの応援に感謝しております。
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ みなさまからのご感想、ご質問をお待ちしています。
┃ メールアドレス → mizuguchi@bizark.co.jp
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 本メールマガジンでは広告の掲載は基本的に行っておりません。
┃ 広告掲載のご要望にはお応えできないことをご容赦ください。
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ※ 配信中止、配信アドレスの変更はこちらから
┃   → http://www.mag2.com/m/0000190033.html
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  2,822部

ついでに読みたい

カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  2,822部

他のメルマガを読む