30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語

30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語 -震災特別版-

カテゴリー: 2011年03月21日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

   30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語  -震災特別版-
                                                     2011/3/21


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
────────────────────────────────────

 弁護士、会計士、税理士の先生方、
 英語で困ったご経験はありませんか?
 塵も積もれば山となる。1回30秒でも上達はできます!

────────────────────────────────────  
────────────────────────────────────
【Postscript】
────────────────────────────────────


この度の東北関東大震災におきましては、犠牲者の方々にお悔やみを申し上げます
と共に、被災者の方々にお見舞い申し上げます。

読者の方々から、お見舞いのご連絡もいただきました。この場をお借りして、お礼申し
上げます。お陰様で、家族共々無事で、事務所にも大きな被害はありませんでした。


震災被害の現状、復興対策、原発問題などについては、ソーシャルメディアを含めた
多くの媒体によって論じられていますので、ここでは特に述べません。
ただ、米国税務の専門家の端くれとして感じたことがありましたので、その点のみ
触れさせていただきます。


被災者の方々の支援につき、みんなの党の山内康一衆議院議員のブログに、
興味深い投稿を見つけました。

http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-bd8a.html
(日本語)

現状および近い将来において、義捐金寄付が非常に重要であることは、論を待たない
ものと考えます。そのことを理解し、日本中そして世界中の人々が、寄付を始めて
います。


そして、IRSも、HPのトップページに Donations for Japan Relief というコラム
を設けて、納税者の寄付を呼びかけています。 

http://www.irs.gov/newsroom/article/0,,id=237386,00.html?portlet=7
(英語)


ここで留意すべきは、当該寄付を米国税法上所得税控除できるのは、IRSが認定した
団体に対するものに限られることです。よって、米国市民、在日米国人、在米日本人が
米国税法上の寄付控除をとるには、例えば米国赤十字に寄付する必要があり、
日本赤十字に直接寄付しても、控除は認められません。(なお、米国赤十字は、
寄付の際、日本の震災用とメモすれば、日本の赤十字に送ると発表しています)
なお、IRSの認定する団体には、カナダやイスラエルなど、いくつかの(米国からみた)
外国団体が含まれていますが、残念ながら日本の団体は、現状含まれていません。

逆に、例えば在日米国人が日本の税法上の寄付控除をとるには、日本の課税当局が
認めた団体に寄付することになります。その結果、日本の赤十字に寄付すれば控除でき
ますが、米国税法上は控除できないことになります。
つまり、一つの寄付では、日米双方で控除は取れず、どちらかを選ぶことになります。

一方、例えば、日本で個人事業を行っているアメリカ人が、日米双方に所得税申告を行う
場合、"Ordinary and Necessary"な経費であれば、日本で発生した経費を、米国税法上も
損金算入できます。
また、在日米国人が日本で死亡した場合、日本で行われた葬式費用につき、日本の相続
税法上のみならず、米国遺産税法上も、Gross Estate(遺産総額)から控除できます。

そのことを思えば、一つの寄付で、日米双方で控除をとれるようすることは、この危機から
回復するうえで有用であり、推進すべきことではないでしょうか。

厳密な分析までできておりませんが、筆者が条文を読む限り、そのためには、日米双方とも、
立法の手当ては必要なく、課税当局の指定によって可能となるようですので、ぜひとも
そのようにして欲しい、と感じております。仮に立法が必要であれば、早急に対応して
いただきたいと考えます。



半年ぶりの発刊が、やや長文で、かつ事実をお伝えするのでなく、意見の表明になって
しまったことをお詫び致します。
非常時に免じて、お赦しいただければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:成田元男米国税理士事務所
    (Narita International Tax Office)
     URL http://www.naritaea.com 
       
===================================================================

30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止は http://www.mag2.com/m/0000187700.html からお願いします。

当メールの利用により生じる損害等について責任は一切負いません。
当メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。

===================================================================
■Copyright (C) 2011, Narita International Tax Office, All rights reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今日のおまけ 

 Blonde Jokeです。
 こんな状況だからこそ、ささやかな笑いを・・

 College teacher: What's the capital of Texas? 
 Blonde: T

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む