30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語

30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語 -裁判員制度-

カテゴリー: 2008年06月03日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
   30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語  -裁判員制度-
                                      2008/6/3

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
────────────────────────────────────

 弁護士、会計士、税理士の先生方、
 英語で困ったご経験はありませんか?
 塵も積もれば山となる。1回30秒でも上達はできます!

────────────────────────────────────
 
-------------------------------------------------------------------
【Question】
-------------------------------------------------------------------

  日本で導入される裁判員制度を、英語で何と言いますか?


 -------------------------------------------------------------------
【Answer】
 -------------------------------------------------------------------
 
 裁判員制度  ("jury" system, citizen judge system )

-------------------------------------------------------------------
【Example】
-------------------------------------------------------------------

 John Doe of Marx & Lenin will give an overview of the much awaited 
  and discussed "jury" system in Japan. 
   
 (マルクス・レーニン法律事務所のジョン・ドウが、長らく期待され議論
  されてきた、日本の裁判員制度について概説します。)
                                                                                    
-------------------------------------------------------------------
【Commentary】
-------------------------------------------------------------------

 筆者が調べた限りでは、米国の法律事務所およびメディアでは「"jury" system」
 とする訳が多く、日本の英文メディアではcitizen judge system が多いようです。

 筆者が驚愕したのは、法務省のHPで、いわば公式の訳としてあてているのが、
 saiban-in system( ! )。
 http://www.moj.go.jp/ENGLISH/issues/issues03.html
 欧米でも同一の制度はないからかも知れませんが、そこを何とか訳すのが仕事
 でしょうが!本文の稚拙な英文と併せ、頭を抱えたくなりました。
       
────────────────────────────────────
【Postscript】
────────────────────────────────────

 日本の経産省が、日本企業が海外で稼いだ利益を国内に還流させるため、
 海外子会社からの受取配当金を非課税とする税制改正を求める方針ですね。
 これで直ぐに思い起こされるのが、「American Jobs Creation Act of 2004」です。
 同法に基づき、IRCにSec.965として制定されました。基本的に一年間の期間限定で、
 米国外子会社からの配当の85%を非課税とする、というものでした。
 この法律は、米国での投資・雇用を促進するため、という制限を持っていました。
 また、通常の配当ではなく、特別に大きな金額の配当であること、そして従来は
 米国に還流する意図のなかった金額を持ち帰る、という条件もついていました。

 ただ、何と言ってもお金に色は着いていませんので、この規定によりどの程度
 効果があったかは不明、とも言われています。
 日本ではどのような条件が規定されるのか分かりませんが、a)時限措置か、
 永久措置か、b)日本での投資用途等に制限が設けられるか、c)金額的に
 通常の配当粋を超える必要があるのか、その場合にどのように判断を行うか、
 といった論点が考えられると思います。


 ブッシュ大統領やマケイン候補の知恵袋でもあるMankiw教授が、
 大胆な税制提案をしています。何と、ガソリン税を上げて、法人税を廃止!
 http://www.nytimes.com/2008/06/01/business/01view.html?ex=1369972800&en=9ccce2a2e1f52313&ei=5124&partner=permalink&exprod=permalink
 (英語)

 よく造りましたね。筆者はハードロックにはあまり興味ないです。
 http://www.cnn.co.jp/business/CNN200806010023.html
 (日本語)


 先日Blackberryのことを書きましたが、中毒性があるというのでCrackberryと
 呼ばれることもあるそうです(NY系巨大Law Firm弁護士談)。
 そんな中毒、なりたくないです・・


  次回もまた、実務で役立つ英語をお届けします。
 お楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:成田元男米国税理士事務所
    (Narita International Tax Office)
     URL http://www.naritaea.com 
       
===================================================================
30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止は http://www.mag2.com/m/0000187700.html からお願いします。

当メールの利用により生じる損害等について責任は一切負いません。
当メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。
===================================================================
■Copyright (C) 2008, Narita International Tax Office, All rights reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今日のおまけ 

 本物のCourtroom Recordから。
 それが理由なんですね。(笑)

 Q. Are you married?
 A. No, I'm divorced.
 Q. And what did your husband do before you divorced him?
 A. A lot of things I didn't know about.

 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む