30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語

30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語 -水平分析-

カテゴリー: 2008年01月28日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
   30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語  -水平分析-
                                    2008/1/28

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
────────────────────────────────────

 弁護士、会計士、税理士の先生方、
 英語で困ったご経験はありませんか?
 塵も積もれば山となる。1回30秒でも上達はできます!

────────────────────────────────────
 
-------------------------------------------------------------------
【Question】
-------------------------------------------------------------------

 財務諸表論でいう水平分析を、英語で何と言いますか?

 -------------------------------------------------------------------
【Answer】
 -------------------------------------------------------------------
 
 水平分析 ( horizontal analysis )

-------------------------------------------------------------------
【Example】
-------------------------------------------------------------------

 The most important item revealed by horizontal 
  financial statement analysis is trend.
 
   (財務諸表の水平分析でわかる最も重要な事項は、
   その傾向である。)
                                                    
-------------------------------------------------------------------
【Commentary】
-------------------------------------------------------------------

  過去の時系列分析が、horizontal analysisですね。
  昔は手作業が多かったので、例えば5年間分析するのは
  かなり大変でした。
  今ではデータベース、分析プログラムとも発達しましたので、
  力仕事は激減しましたね。
    
────────────────────────────────────
【Postscript】
────────────────────────────────────

 Tax rebate dealが早くも成立。
 このスピード感を、日本の政府・国会は見習って欲しいです。
 http://news.yahoo.com/s/ap/20080124/ap_on_go_co/economy_stimulus

 米国内CEOへのアンケートでは、ビジネスに最も向かない州がCAとNY。
 日本企業の進出具合とは対極です。
 個人的には、確かにTexasあたりはオススメですが・・
 http://www.accountantsworld.com/desktopdefault.aspx?page=newsstory&category=newsstory&StoryId=i0123604.3nw 

 Fortune誌恒例の「最高の職場ランキング」、第1位は・・
 Googleでした。
 http://money.cnn.com/magazines/fortune/bestcompanies/2008/

 Abu Dhabiがcarbon free cityを目指すとは・・ 
 http://uaeinteract.com/japanese/news/default.asp?ID=375


 先週、(日本の)外国税額控除に関するセミナーを聴講してきました。
 米国のような種類別バスケットがないドンブリ勘定ですが(笑)、
 色々奥深いものがあります。 
 いわゆる国外所得の90%限度と国外使用人割合限度の選択制は、
 某石油会社への税務調査が発端となった立法だったんですね。
 税に歴史あり。


 今日からLA出張です。今週もできるだけ発行します。

    
  次回もまた、実務で役立つ英語をお届けします。
 お楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:成田元男米国税理士事務所
    (Narita International Tax Office)
     URL http://www.naritaea.com 
       
===================================================================
30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止は http://www.mag2.com/m/0000187700.html からお願いします。

当メールの利用により生じる損害等について責任は一切負いません。
当メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。
===================================================================
■Copyright (C) 2008, Narita International Tax Office, All rights reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今日のおまけ 

 Lawyer Jokeです。
 神話ですか。(笑)

 Q: Santa Claus, the tooth fairy, an honest lawyer and an old drunk  
   are walking down a street together when they simultaneously      
   spot a hundred-dollar bill. Who gets it? 
  A: The old drunk, of course, the other three are mythological   
      creatures.   

 


  

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む