30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語

30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語 -市民権-

カテゴリー: 2008年01月15日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
   30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語 -市民権-
                                   2008/1/15
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
───────────────────────────────────

 弁護士、会計士、税理士の先生方、
 英語で困ったご経験はありませんか?
 塵も積もれば山となる。1回30秒でも上達はできます!

───────────────────────────────────
 
-----------------------------------------------------------------
【Question】
-----------------------------------------------------------------

 米国市民権を、英語で何と言いますか?

 -----------------------------------------------------------------
【Answer】
 -----------------------------------------------------------------
 
 米国市民権 ( U.S. citizenship )

------------------------------------------------------------------
【Example】
------------------------------------------------------------------

 Most people become U.S. citizens in one of two ways:
 ・By birth, either within the territory of the United States  
  or to U.S. citizen parents, or
 ・By Naturalization.

  ( 殆どの人は、以下二つの方法のいずれかにより、
   米国市民となる。
   ・米国領内で産まれるか、米国市民の両親の間に産まれる。
   ・帰化。 )

------------------------------------------------------------------
【Commentary】
------------------------------------------------------------------
 
 市民権保有者と永住権保有者の米国税務上の違いについて。
 米国市民であれば、選挙権もあれば強制送還されることもない反面、
 徴兵されるリスクがありますね。

 所得税上は、同じと考えていただいて良いと思います。
 遺産税上は、異なります。夫婦とも米国市民であれば使える
 無制限の配偶者控除が、制限されます。

 米国市民権取得手続きについては、USCISのwebsiteをご参照。
 http://www.uscis.gov/portal/site/uscis

────────────────────────────────────
【Postscript】
────────────────────────────────────
 
 H20年度税制改正要綱を見て、配当課税強化などは、
 時代の要請への逆行と感じるのですが。
 http://www.mof.go.jp/seifuan20/zei001_a1.htm

 M&A law professorのブログです。
 http://lawprofessors.typepad.com/mergers/

 BOAによるCountywideの救済は、税務的に美味しい。
 http://money.cnn.com/2008/01/11/news/companies/sloan_countrywide.fortune/index.htm?cnn=yes
 
 「日本食レストラン海外普及推進機構」というNPOが、海外の日本食
 レストランの格付け(正統派日本食か)を行うようです。
 残念ながら、志が低いと筆者は思います。
 http://jronet.org/activities.html


 先週、日本の税理士の依頼で久々に通訳の仕事をしました。
 オーストラリアとのコンファレンスコールの通訳です。
 集中してexhaustedでしたが、たまにはいいですね。
 
  次回もまた実務で役立つ英語をお届けします。
 お楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:成田元男米国税理士事務所
    (Narita International Tax Office)
     URL http://www.naritaea.com 
       
===================================================================
30秒で学ぶ、弁護士・会計士・税理士のための英語

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
配信中止は http://www.mag2.com/m/0000187700.html からお願いします。

当メールの利用により生じる損害等について責任は一切負いません。
当メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。
===================================================================
■Copyright (C) 2008, Narita International Tax Office, All rights reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今日のおまけ

 Courtroom Jokeです。
 日付が肝心。(笑)

 A young woman was appearing in court to face a public   
 disorder charge. The charges were read out, and she was 
 asked how she pleaded. "Not guilty," the woman answered  
 emphatically.
  The prosecution council then approached the woman and said:   
  "Is it true that on the 11th of December, last year, you committed   
  an act of gross indecency with a one-legged dwarf - who was waving  
  a union jack - on the roof of a car, whilst travelling at over 100mph   
  through the center of London, in a blizzard?"  
  The woman composed herself, looked straight at the prosecution   
  council and calmly said: "What was the date again?"  


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む