放浪記編集後記

黄昏後悔記 VOL.224

カテゴリー: 2018年10月25日
■■■■■□□□■■■■■
■■■■□□□■■■■
■■□
■□■  黄昏後悔記
□■■     
■□■    

★★★エスプリの効いた絶妙の変則川柳★★★

長い人生の中で我々世代の立ち位置を確認すれば、間違いなく「黄昏時」。
黄昏時と呼ぶのは淋しいと言う人もおられます。しかし、黄昏時こそ何の
しがらみもなく自分自身の人生を謳歌できる黄金期。
こんな黄昏時の悲喜こもごもを「黄昏後悔記」と称して配信させていただきます。
皆様にご愛読いただき、チョットした気分転換にでもなれば望外の喜びです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲ 黄昏後悔記224回配信 ▲▲▲▲▲▲
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

今朝、2回の窓から庭木のジューンベリーを眺めると白い花が5,6輪。

本来はジューンベリーと言うくらいだから開花時期は6月。

そう言えば何日か前に
「季節外れの桜が全国各地で咲いている」
とのニュースを目にした。

そのニュース解説では
「台風で桜の葉が落ちてしまったのが開花の原因」
とのこと。

理屈は以下のよう。

桜の花芽は夏に作られる。

しかし、葉から成長抑制ホルモンが花芽に送られるので、来春まで咲くことはない。

しかし今年は台風が多く、強風や塩害のため例年より早く落葉。

このため成長抑制ホルモンが花芽に送れなくなり、ちょっと暖かい日が続くと
花芽は春が来たと勘違い。

その結果、季節外れの開花。

我家のジューンベリーを改めて見てみると、いつもなら11月頃には紅葉する葉
が全くない。

ニュース解説の説明通りの現象がこんな小さな庭の中でも起きていた。

そこで気になるのが
「髪の毛が抜けて生えないのは成長抑制ホルモンのせいではないか?」
との疑問。

植物は葉から成長抑制ホルモンが出ているが、人はどこから出ているんだろう。

この供給を断てば髪フサフサの青春が戻ってくるかも。

これからの余生はこの研究に没頭するのも夢があって悪くないかも・・・


  ♪♪ 我家の庭木は 狂い咲き
      狂って欲しい 我が頭髪
       現実は 狂うは頭自体かな(涙) ♪♪


〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

先日、昔務めていた会社のOBパーティーがありました。
帝国ホテルで美味しいものがイッパイ。
寿司をつまんだら、ワサビがたっぷりで舌が痛かった~(涙)

〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓◆〓〓〓〓〓〓〓

放浪記編集後記

発行周期: 隔週木曜日 最新号:  2019/02/14 部数:  91部

ついでに読みたい

放浪記編集後記

発行周期:  隔週木曜日 最新号:  2019/02/14 部数:  91部

他のメルマガを読む